>   >   > 

新潟で生まれ渋谷で夢を見る極上のアイドルポップス Negicco「愛のタワー・オブ・ラヴ」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

neginegi0304.jpg
※イメージ画像:Negicco「愛のタワー・オブ・ラヴ」T-Palette Records

 素晴らしい。そう単刀直入な書き出しをしてしまうほど、Negiccoのニュー・シングル「愛のタワー・オブ・ラヴ」は完璧なアイドルポップスだ。いや、「アイドル」の単語さえ省いてしまってかまわないかもしれない。

 新潟のローカルアイドルとして活動してきて、現在タワーレコードが主宰するアイドル専門レーベル・T-Palette Recordsに所属するNegicco。彼女たちに「愛のタワー・オブ・ラヴ」を提供したのは、これまでNegiccoを支えてきたconnieではなく、Nona Reevesの西寺郷太だ。彼が作詞、作曲、編曲、プロデュースを担当している。

 この人選にも驚いたが、さらに衝撃的だったのが楽曲だ。ミディアム寄りの楽曲にして、80年代的な感触のドラムエコー、細かく鳴り響くシンセベース、ストリングスの音色などが繊細に組み合わされているサウンド。コーラスワークも鮮やかだ。2分過ぎのドラム音の変化など、芸も細かい。そして西寺郷太ならではのソウルを吸収した美しいメロディー・ラインと、そこで歌声を響かせるNegicco。特に終盤の怒涛のような昂揚感には、さすが2000年に「LOVE TOGETHER」という傑作をNona Reevesで生んだ西寺郷太だと感じた。ギターもNona Reevesの奥田健介が参加しているし、ドラムの小松シゲルにも参加してほしかったところだが、プログラミングによる「愛のタワー・オブ・ラヴ」では冒頭のキックから完璧なのも事実だ。

 ひとつ気にするならば、訛りが可愛らしい「夢ってナンダロっかね・・・」という語りの部分以外、新潟らしい要素がほぼない点だろう。とはいえ、それ以外の部分では正直なところ賞賛しか出てこない。あえて西寺郷太を迎えたことで、次のフェーズに移った感が鮮烈だ。また、connieはカップリングの「パーティーについて。」を作詞、作曲、編曲、プロデュースしているが、「愛のタワー・オブ・ラヴ」の「ライフ・イズ・パーティ」という歌詞に呼応したかのような小粋なタイトルだ。

 発売後すぐに入手困難になった初回限定盤(6曲のライヴ映像を収録したDVD付き)は買えたものの、完全限定生産のアナログ7インチ盤「圧倒的なスタイル / ガッター! ガッター! ガッター!」を私は購入できなかった。ただ、このアナログに捧げられた元ピチカート・ファイヴの小西康陽の「そうか、ピチカート・ファイヴの音楽的後継者は彼女たちだったのか。」というコメントには驚いた。そう言われてみると、ピチカート・ファイヴの1992年の「SWEET PIZZICATO FIVE」あたりのサウンドとの共通項に気付かされるし、「パーティーについて。」のサウンドにも同様な感触がある。新潟で生まれて渋谷系へ、というのもちょっと冗談のような展開だけれど、そうした系譜の音楽の良質な部分が「愛のタワー・オブ・ラヴ」と「パーティーについて。」には確実にあるのだ。

宗像明将
1972年生まれ。音楽評論家として、日本のロックやポップス、英米のポップス、ワールドミュージックを中心に執筆。その一方、2002年からソニンのヲタに。彼女の歌手活動停止後は、魂の救済を求めてPerfumeとtoutouのヲタになり地下へ。現在は地下から地上までのアイドル・シーンを見守る。http://www.outdex.net/diary/

◆【アイドル音楽評~私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて】バックナンバー
【第1回】号泣アイドル降臨! ももいろクローバー「未来へススメ!」
【第2回】アイドルが"アイドル"から脱皮するとき amU『prism』
【第3回】タイ×ニッポン 文化衝突的逆輸入アイドル・Neko Jump
【第4回】黒木メイサ、歌手としての実力は? 女優の余芸を超える"ヤル気満々"新譜の出来
【第5回】全員かわいい!! 過剰なほど甘酸っぱく、幸福な輝きを放つ「9nine」のイマ
【第6回】AKB48「桜の栞」は、秋元康による"20世紀再開"のお知らせだった!?
【第7回】エロくないのにエロく聴こえる!! 聴けば聴くほど頭が悪くなる名曲誕生
【第8回】アイドルよ、海を渡れ 変容するSaori@destiny『WORLD WILD 2010』
【第9回】いよいよエイベックスが本気を出す!! 東京女子流という産業
【第10回】テクノポップが死んでも......Aira Mitsuki is not Dead!!
【第11回】アイドル戦争と一線を画す17歳美少女 そこにユートピアがあった
【第12回】おニャン子クラブの正当な後継者はAKB48ではない――「アイドル戦国時代」の行く末
【番外編】「ヲタがアイドルの活動を支えられるかどうかは、現場を見ればすぐに分かる」Chu!☆Lipsとチュッパーの幸福な関係
【第13回】非武装中立地帯的なアイドル・Tomato n'Pine
【第14回】99年生まれも!! 国産アイドル・bump.yのもたらす脳内麻薬と安心感
【第15回】「○○商法」で結構!! 限定リリース戦法でじりじりチャートを上る小桃音まい
【第16回】やっぱりAKB48は20世紀の延長だった!? 「80年代風アイドル」渡り廊下走り隊
【第17回】AKB48新曲バカ売れの背景――僕らはいつまでアイドルに「陶酔」していられるか
【第18回】これぞ鉄板! 完成度抜群、SKE48のアイドル×ソウル「1!2!3!4! ヨロシク!」
【第19回】右傾化する日本社会でK-POPはどう受容されていくか KARA『ガールズトーク』
【第20回】"救済"を求めるアイドルヲタ......ぱすぽ☆周辺のアツすぎる上昇気流
【第21回】アイドル戦国時代とは何だったのか? 2010アイドル音楽シーン総括評
【第22回】死ぬまで見守れる稀有なアイドル・Cutie Pai
【第23回】「アイドル戦国時代」終了!! 板野友美『Dear J』を16万枚売り上げるAKB48リリースラッシュの裏側
【第24回】白々しい泣き歌が溢れるJ-POP界にStarmarieが真の悲壮感を叩き込む!
【第25回】歌舞音曲「自粛ムード」が漂う中、今こそ見たい"元気の出る"アイドル動画
【第26回】新しいアイドル社会の誕生宣言!? BiS「Brand-new idol Society」
【第27回】学校生活と部活動をテーマに音楽ジャンルを網羅する! さくら学院
【第28回】アグレッシヴな美意識を打ち出し、アイドル戦国時代を彩り始めた「東京女子流*」
【第29回】まるでシャーマン!! ファンに"熱"をもたらすSaori@destinyの魔力
【第30回】ヘタウマラップがクセになる「清純派ヒップホップアイドル」tengal6
【第31回】暴走するアイドル・BiSが圧倒的なサウンド・プロダクションとともに届ける傑作「My Ixxx」!
【第32回】「アイドルっぽい音」から大胆に逸脱していくTomato n'Pine「なないろ☆ナミダ」
【第33回】福岡の地元産業密着型アイドルは全国で成功できるか!? LinQ「ハジメマシテ」
【第34回】「アイドルとしてのヒップホップ」を突き詰めたパーティー・チューン! tengal6「プチャヘンザ!」
【第35回】「アイドル」という修羅の道を進むBiSの生きざまが刻まれた「primal.」
【第36回】「アイドル戦国時代」なんて勝手にやってろ!! 2011年アイドルポップスベスト10!!
【第37回】なんと足掛け10年分! Negiccoが新潟から届けた名曲集『Negicco 2003~2012 -BEST-』
【第38回】アイドルシーンへ奇襲した鎌ケ谷からの伏兵! KGY40Jr.「コスプレイヤー」
【第39回】中学生のアイドルラップユニットがダメな大人を叩き起こす!「HEY!BROTHER」ライムベリー
【第40回】スクール水着とケツバットで殺してくれ! BiS「PPCC」でメジャー・デビュー!!
【第41回】「ロコドル」という次元を超越した異境! KGY40Jr.「BALLPARK V-DANCE」
【第42回】濃い色彩で彩られた「最後の楽園」! Tomato n' Pine「PS4U」
【第43回】女の子ふたりがドラムを叩き狂ってアイドル!? 「バンドじゃないもん!」
【第44回】全裸になっても内部抗争に押し流される!? エモさを武器にしたBiS「IDOL is DEAD」!
【第45回】産業が滅び、文化だけが残るだろう ~2012年アイドルポップスベスト10まとめ
【第46回】グループアイドル全盛時代の“いずこねこ”というソロアイドルの「謎」
【第47回】チョコまみれでフェチなバレンタイン!? バンドじゃないもん!「ショコラ・ラブ」


「愛のタワー・オブ・ラヴ」


NONA REEVES・西寺郷太プロデュース!!

amazon_associate_logo.jpg



Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週