> 

30日、大みそかに放送される『第62回NHK紅白歌合戦』の出場歌手がNHKより発表された。今年は東京でも暴力団排除条例が施行され、同局の調査により"黒い交際"が認められる場合は出場候補から外す、というウワサも流れていたため、特に注目が集まっていたようだ。


2007年から開始されたニコニコ生放送(以下、ニコ生)は、PCとwebカムさえあれば配信できる手軽さから、順調にユーザーを増加させている。今年の7月には...

続きを読む

続きを読む

女性を対象にした、結婚相手への条件を尋ねたアンケートなどでは、たいていが「性格」「価値観の一致」などが上位に挙がる。しかし、声高に叫ばずとも、女性たちは...

続きを読む

出演する番組が軒並み高視聴率を記録してきた、いわば"視聴率男"として名高い池上彰の神通力に異変が生じていると、22日発売の「日刊ゲンダイ」が報じ話題にな...

続きを読む

琉球王朝を舞台にしたベストセラー小説をドラマ化した『テンペスト 3D』の映画版の完成発表会が28日に開かれ、女優の高岡早紀(38)らが出席した。 高岡と...

続きを読む

胸が大きくなきゃアイドルじゃないのか!? 否!! それは、さほどオッパイが大きくない吉木りさやAKB・篠田麻里子が活躍していることからも分かるハズ。今回...

続きを読む

これもネットユーザーたちを中心とした反フジテレビ包囲網の結果なのか。2004年から続いている同局の視聴率三冠の記録が途絶えようとしている。ちなみに、視聴...

続きを読む

女子高生のクチコミや、インターネットの掲示板などから、一般人が流行を生み出すこともあるが、ファッションにおいても文化においても、流行となるものの発信源と...

続きを読む

島田紳助をめぐる報道合戦は収束しつつあるものの、いまだ収まる気配はない。そんな中、「週刊実話」12月1日特大号(日本ジャーナル出版)が、島田の復帰の可能...

続きを読む

NHK紅白歌合戦、日本レコード大賞という年末の2大音楽イベントに絶大な影響力を持ってきた、あの"芸能界の実力者"S氏の求心力が急激に低下中だという。「少...

続きを読む

続きを読む

適齢期を過ぎても結婚できない女性を売れ残ったクリスマスケーキに例えていた時代がいつのまにか終わっていた。12月25日以降のクリスマスケーキと25歳を過ぎ...

続きを読む

アイドルグループが、テレビでいくつの冠バラエティー番組を持っているかは、そのブレイク度を測るバロメーター。 かつて隆盛を極めたモーニング娘。は、そのグル...

続きを読む

「サイトの写真を見て指名したけど、会ってみたら全然話が盛り上がらないし、タイプじゃなかった...」デリヘルを利用してそんな経験はないだろうか。あるいは、...

続きを読む

1936年(昭和11年)、東京に生まれた落語家の立川談志が2011年11月21日、息を引き取った。戒名は「立川雲黒斎家元勝手居士」(たてかわうんこくさい...

続きを読む

続きを読む

日本人は、血液型で人の性格を判断することが多い。当たっているか当たっていないかは別にしても、飲み会やコンパの席で、血液型の話題で盛り上がった経験はあるだ...

続きを読む

プロ野球・北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手(25)と離婚協議中のタレント・紗栄子(25)が、本格復帰に向けて動き始めている。23日に『笑っ...

続きを読む

小向美奈子や小松千春など著名人の登場で、どんどんプレミア感を増している「芸能人系AV」。しかし、ほんの数年前までは芸能人と言えど、出演者のほとんどは「知...

続きを読む

"ちょいワル"AVメーカーDANDYの長瀬ハワイ監督と一般女性の対談第4弾! 今回のご相手は、介護ヘルパーのD子さん。おじいさんがヘルパーさんに恋心を抱...

続きを読む

グラドルならばかわいくて当然! 世の中の常識だけど、そんな中から選ばれたコたちだったら更にかわいいに決まってる!! 今回は2000名を超える女性たちの中...

続きを読む

覚せい剤取締法違反で実刑判決を受け服役中の俳優・清水健太郎受刑者(59)の元妻で占い師の森香名子被告(37)が、覚せい剤取締法違反(共同所持・使用)の疑...

続きを読む

いわゆる「ブルセラショップ」が話題になったのは、90年代初頭から2000年頃にかけてだったろうか。とにかく、以前は女児および女子用の体育用ボトムとして、...

続きを読む

昨年ブレイクした青木隆治に続き、今年も1人のものまねタレントがブレイクした。夏ごろから徐々に頭角を現した荒牧陽子である。2人に共通するのは、共に歌手を目...

続きを読む

日本有数の歓楽街、福岡・中洲のソープランド『モア』の「禁断のレディース体験コース」が話題になっている。ソープランドといえば、ウヒョヒョ~なサービスで気持...

続きを読む

17日に放送された人気トーク番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「KARA大好き芸人」の回に出演したタレント・関根勤の発言が、ネット上で物議を醸して...

続きを読む

数年前に起こった「便所飯」騒動を覚えているだろうか? いくつかの大学のトイレに、「食事禁止」という貼り紙が貼られてあるという噂から、最近の若者は、トイレ...

続きを読む

いまや韓国アイドルグループが日本のチャートを賑わせて久しいが、韓国のニュースメディアで、とある韓国アイドルグループとレコード事務所・YGエンターテインメ...

続きを読む

続きを読む

アメリカ・ミシガン州で先日成立したある法律が、米国内外で波紋を呼んでいる。その法律は、「マット安全法」(Matt's Safe School Law・「...

続きを読む

芸人として成功するにはなにが必要か。笑いのセンスか、それとも運やタイミングか。事務所の力か、絶え間ない努力か。もちろんそれら全てだとする意見が大半だろう...

続きを読む

続きを読む

「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」のフレーズが子どもや女子高生に大人気の女性グループ・あやまんJAPANが、何と右翼から街宣をかけられたと「週刊実話」12...

続きを読む

女性は男性と違い、自らの陰部をマジマジと見る機会はあまりない。自分の性器を一度も見たことがない、という人だってざらにいる。しかし、クンニが市民権を得るよ...

続きを読む

世の中にはさまざまなフェチがあるが、下着姿の女性にソソられるという男性も多いだろう。そんな人にオススメなのが、今回紹介するサイト「Eye Hnady」だ...

続きを読む

続きを読む

ウブな女性を自分色に染める!! 男なら誰でも一度は夢見るシチュエーションだろう。処女相手は望みすぎだとしても、経験の少ない女性を好きなように洗脳(?)す...

続きを読む

ネイルアート感覚で八重歯を手軽に付ける「付け八重歯」が若い女性の間でひそかに流行っている。歯を削ることなく、オーダーメイドで付け八重歯を作成し、歯科用の...

続きを読む

私たち現代人の日常生活に欠かせないものといったら、携帯電話やインターネットと並んで、24時間営業のコンビニが挙げられる。何かと忙しい現代人にとって、コン...

続きを読む

以前、あるテレビ番組で所ジョージが「努力に勝る才能なし」という言葉を座右の銘として挙げていた。なんとも良い言葉である。しかし、それを語る所ジョージという...

続きを読む

仲村みう(20)が、11月14日にフルヌード写真集『a will』(集英社)を発売した。「週刊プレイボーイ」(集英社)誌上にて、1カ月以上前からプロモー...

続きを読む

見る者を引き付ける奥ゆかしい色気と、男好きのするほどよい愛嬌。女優兼タレントの及川奈央の人気と活躍は今や「元AV女優」の範疇を大きく凌駕している。AV女...

続きを読む

オマケに心を動かされる人は少なくない。しかし出版業界では本末転倒になっているのではないだろうか。雑誌や本の付録は、明治・大正期から既に存在していた。更に...

続きを読む

続きを読む

17日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に「女が嫌いな女ランキング」が掲載されている。全国の1000人の女性に「嫌いな女」を3人挙げてもらい、1位5点、2位...

続きを読む

2009年のリーマンショック以降じりじりと始まった世界不況。そんな中、追い打ちをかけるかのように3月には大震災も発生。度重なる不運により不況が長引き、厚...

続きを読む

続きを読む

NHKで放送されている『天才テレビくん』シリーズに2002年から約4年間出演していた、りっぴーこと飯田里穂ちゃん。ローティーンアイドル雑誌『ピュア☆ピュ...

続きを読む

AKB48・大島優子のエロ暴走が止まらない。10月31日に開設されたAKB48の公式プロバイダ「AKB OFFICIAL NET」のオフィシャルHPで子...

続きを読む

レースクイーン、着エロアイドルとして注目され、91cmのGカップバストを武器に、AV業界に芸能人旋風を巻き起こした"元祖芸能人AV女優"当真ゆきちゃん。...

続きを読む

タレントのIMALUは12日、都内で開催された『チーズフェスタ2011』のトークショーに出席。大のチーズ好きだということから「チーズ入りハンバーグを家で...

続きを読む

女優・観月ありさ(34)の"破局&熱愛"を女性週刊誌が報じている。物まねタレント・清水アキラ(57)の三男で俳優の清水良太郎(23)と交際していたとされ...

続きを読む

京都という古都を舞台に、自分に「天使の羽がある」と信じる奔放で謎めいた女・みゆきと借金取りに追われてその町に辿り着いた青年・昇のロマンスを軸に、変化を望...

続きを読む

続きを読む

この国はクリスマスに対して早漏すぎる感がある。先月31日にハロウィンが終わった途端、街からはカボチャが一掃され、どこもかしこもクリスマスムード一色となっ...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週