>   >   > 

【アイドル音楽評~私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて~ 第35回】

「アイドル」という修羅の道を進むBiSの生きざまが刻まれた「primal.」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

bis_primal1222.jpg
※画像:左、初回限定盤DVD付 『primal.』、右、通常版「primal.」/BiS

 BiSの全国流通盤としてはセカンド・シングルになる「primal.」の発売前日である2011年12月20日に、リキッドルームでワンマンライヴ「IDOL is DEAD」が開催された。その日が近付くにつれて、「DEAD」という言葉に「研究員」と呼ばれるヲタたちは敏感になっていた。そこで本当にBiSは終わってしまうのではないか、終わりを告げるのではないか、と。しかし、予想外の展開によってBiSはまだまだ目が離せない存在になってしまった。

 「IDOL is DEAD」といっても、それがThe Smithsの「The Queen Is Dead」の引用であることは明らかだった。そもそも、4月24日のワンマンライヴ「God save the BiS」はSex Pistols の「God Save The Queen」、7月9日のワンマンライヴ「NEVER MIND THE BiS」はSex Pistolsの「Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols」の引用だ。元ネタがSex PistolsからThe Smithsに変わっただけに過ぎない。しかし、ヲタの雰囲気が変わったのは、後述する「primal.」のビデオ・クリップがあまりにも「終焉」を感じさせる作品だったことにもよる。

 そして当日。会場を狭く仕切って使うこともなく、驚くほどの人々が会場を埋めていた。今年ライヴやCDのリリースを始めたばかりのグループが、生き急ぐかのようにリキッドルームでライヴを開催したというのに。

 そしてBiSは1曲歌った後のMCで、あっさりユケの脱退を発表した。「今のことは忘れてライヴを最後まで楽しんでください」という主旨の発言をユケがしたものの、忘れられるわけがない。BiSからの脱退は、りなはむに続いて2人目で、最初の約1年でオリジナル・メンバー4人のうち半分が脱退してしまうのだ。

 アイドルが目標を掲げて、それを達成するとき、そのタイミングでヲタが大量に離脱してしまうことがある。BiSに関してもそれが心配されていた。しかし結果的には、皮肉にもBiSはユケの脱退をもってリキッドルームで危惧された「ストーリー性の終了」を回避することになってしまった。

 アンコールでは、BiSに残るプー・ルイ、のんちゃん、ユッフィーが、ユケには「オフ」だと言って3人だけで練習したという新曲を披露した。その事実を知らずに、ユケはステージ袖で泣いていたという。それは残酷であると同時に、非常にBiSらしかった。

 BiSは活動についての裁量がある程度はメンバーに与えられており、そのぶん感情の起伏がヲタに透けて見えてしまう。そうした部分も含めて、BiSはメンバーの生きざまそのものが消費される。だから私は熱狂してきたけれど、それはいわゆる普通の「アイドル」よりも残酷であるとも言える。しかし、そもそも女性アイドル自体が、多くは20歳にも満たない女の子たちの日々を消費する残酷なシステムなのだ。

 激しいモッシュに加えて、雨あられのように降ってくるダイヴを受け止めながら、フロアの最前部で私はそんなことを考えていた。熱狂しきれずに、どうしても細切れのように、ハッと冷静になってしまうのだ。ニュー・シングルの収録曲のダンスも、ユケはせっかく覚えたのに何度か披露したら終わりなのだ......。女の子も次々に頭上に転がってくるし、私が確認した限りでは一番多い時には3人が同時にダイヴしていた。一番ダイヴが激しかったのが、チャゲ&飛鳥のカヴァーである「YAH YAH YAH」というのにはさすがに笑ったが。脱退という事実の衝撃と、その反動のような熱狂。「DEAD」というよりは、「生」が渦巻いているような空間だった。


 8月にリリースされた「My Ixxx」がBiSからりなはむへの離別の歌なら、「primal.」はユケとの別れをひかえたBiSによる歌であるかのようだ。YouTubeでビデオ・クリップのサムネイルだけ見たらグロ動画のようで、Tyler, The Creatorの「Yonkers」並みに警戒してしまうかもしれない。

 「My Ixxx」と同じく丹羽貴幸/浅井一仁監督作品である「primal.」では、使われている画面はほぼ正方形。冒頭から幼児時代のプー・ルイと若き日の彼女の両親が登場し、続いて誰ともわからない男女の性交の光景が挿入され、ベッドの上でもの想いにふけるプー・ルイの姿へと展開していく。この時間軸の突き進み方は凶悪なほどだ。そしてメンバーたちの傷、傷、傷。しかしこれは特殊メイクだ。また、グロかと思いきや、歌っている口内にカメラを突っ込んでいる。さらに映像は、2ちゃんねるの書き込み、流出プリクラ、便器に向かって嘔吐するプー・ルイの姿、メンバーのサーモグラフィーと、次第に虚実がはっきりしなくなっていく。終盤では、プー・ルイの幼い頃の映像が立て続けに流れて終わる。ひたすらに露悪的であり、生々しい。それなのに感動的で、だからこそ美しい終焉すらヲタに予感させたのだ。

 「primal.」のビデオ・クリップが公開される前日、YouTubeの丹羽貴幸のチャンネルでは、なぜか医療用の膣内の動画を高く評価していた。それは意図的に元ネタを示したのだろう。また、2回挿入される性交の動画が本物であるならば、アイドルのビデオ・クリップにハメ撮りが使われるなど前代未聞だ。しかし、こうしたことは「primal.」のビデオ・クリップの前では些事でしかない。フェイクと本物を同列に並べて、それを容赦なくたたみかけることこそがこの映像の本質なのだから。

 ビデオ・クリップよりも先に「primal.」の音源だけを聴いた時点でも、すでに胸を揺さぶられた。イントロからギターがうなり、意表を突いて朴訥とした歌い出しで始まるものの、次第に熱がこもっていき、Bメロの最後ではユッフィーが強く歌いあげる。「透明な心を白で汚したんだ / 来年のことより今を信じたいんだ」「見えない 聞かない / 感じないふりして 泣いたりしたけど」――そんなBiS自身による歌詞が、メロディーやサウンドとズレることなく合致して、異様にエモーショナルな楽曲を生み出した。それはプロデューサーであるSCRAMBLESの松隈ケンタの手腕はもちろんのこと、前述のように生きざまが見えすぎてしまうBiSという存在があってこそ生み出せた作品なのだ。アイドルとしてもアーティストとしても違和感を孕む、BiSという異端の存在だからこその楽曲だ。

 レコード針のノイズで始まる「eat it」は、よりメロディーのクセが強い、「NAONのYAON」にも出られそうなシャウトしまくるロック・ナンバー。初回限定盤に収録されている「ウサギプラネット」も、通常盤に収録されている「KFC」も、ともにミィディアム・ナンバーで、特に後者のサックスやオルガンが響くジャジーなサウンドは贅沢だ。ヴォーカルもこれまでになく柔らかでせつない。そしてストレートに攻めるチャゲ&飛鳥の「YAH YAH YAH」。「primal.(Alien Rabbitz Remix)」では、90年代っぽいキーボードの音色を多用した、アーバンなトラックに「primal.」が変貌してしまっている。

 リキッドルームでのライヴの最後、アンコールが終わっても悲痛なほど長くて激しいユケへのコールが続いていた。ユケのヲタたちが着ていたのは、11月のユケ生誕祭のTシャツだ。そう、はっきり書けば、コアなヲタの間では、最近のインタビューや現場の様子から、ユケの脱退は察知されていたのだ。BiSは、それが透けて見えてしまうグループなのだ。私たちは、目を腫らして泣きじゃくるユケが再びステージに登場するのを見ることになる。

 終演後のユケのブログには「今回卒業を決めた理由は、BiSが進むところに自分の気持ちがついていかなくなってしまったというとこです」とはっきり記されていた。もう彼女はアイドルとして演技をする必要はない。そして、彼女がアイドルとして演技をしていることに気づきながら、アイドルとして扱っていた私たちの受容の残酷さもまた再認識させられることになった。

 しかしその夜、TBSの『ライブB』にはBiSが「primal.」で登場。サビで両手を上げて、完全に口からマイクが離れているのに歌が流れている、という奇異な振り付けが放送された。やっとここまできたのに、約1年で2人目の脱退。BiSを始めたプー・ルイが続けるなら、それがBiSであるという覚悟もさせられた。想像したくないが、たとえ私の推しであるのんちゃんが脱退する事態になったとしても。

 ここまできたら、もはや今後のBiSは「アイドル」であることにエクスキューズを付けられない状態のまま駆け抜けることになるだろう。BiSに残る3人を待つのは、アイドルという修羅の道だ。

 もちろんこのまま最後まで見守る私の覚悟は変わらない。ただ変わったのは、「次に抜けるのは誰か」と考えずにBiSを見ることができなくなったこと、それだけだ。

◆宗像明将
1972年生まれ。音楽評論家として、日本のロックやポップス、英米のポップス、ワールドミュージックを中心に執筆。その一方、2002年からソニンのヲタに。彼女の歌手活動停止後は、魂の救済を求めてPerfumeとtoutouのヲタになり地下へ。現在は地下から地上までのアイドル・シーンを見守る。http://www.outdex.net/diary/

『primal.(初回限定盤)(DVD付) 』


この4人で出すのは最後!?

amazon_associate_logo.jpg


「primal.」


BiSは修羅道を突き進めるか!

amazon_associate_logo.jpg

◆バックナンバー
【第1回】号泣アイドル降臨! ももいろクローバー「未来へススメ!」
【第2回】アイドルが"アイドル"から脱皮するとき amU『prism』
【第3回】タイ×ニッポン 文化衝突的逆輸入アイドル・Neko Jump
【第4回】黒木メイサ、歌手としての実力は? 女優の余芸を超える"ヤル気満々"新譜の出来
【第5回】全員かわいい!! 過剰なほど甘酸っぱく、幸福な輝きを放つ「9nine」のイマ
【第6回】AKB48「桜の栞」は、秋元康による"20世紀再開"のお知らせだった!?
【第7回】エロくないのにエロく聴こえる!! 聴けば聴くほど頭が悪くなる名曲誕生
【第8回】アイドルよ、海を渡れ 変容するSaori@destiny『WORLD WILD 2010』
【第9回】いよいよエイベックスが本気を出す!! 東京女子流という産業
【第10回】テクノポップが死んでも......Aira Mitsuki is not Dead!!
【第11回】アイドル戦争と一線を画す17歳美少女 そこにユートピアがあった
【第12回】おニャン子クラブの正当な後継者はAKB48ではない――「アイドル戦国時代」の行く末
【番外編】「ヲタがアイドルの活動を支えられるかどうかは、現場を見ればすぐに分かる」Chu!☆Lipsとチュッパーの幸福な関係
【第13回】非武装中立地帯的なアイドル・Tomato n'Pine
【第14回】99年生まれも!! 国産アイドル・bump.yのもたらす脳内麻薬と安心感
【第15回】「○○商法」で結構!! 限定リリース戦法でじりじりチャートを上る小桃音まい
【第16回】やっぱりAKB48は20世紀の延長だった!? 「80年代風アイドル」渡り廊下走り隊
【第17回】AKB48新曲バカ売れの背景――僕らはいつまでアイドルに「陶酔」していられるか
【第18回】これぞ鉄板! 完成度抜群、SKE48のアイドル×ソウル「1!2!3!4! ヨロシク!」
【第19回】右傾化する日本社会でK-POPはどう受容されていくか KARA『ガールズトーク』
【第20回】"救済"を求めるアイドルヲタ......ぱすぽ☆周辺のアツすぎる上昇気流
【第21回】アイドル戦国時代とは何だったのか? 2010アイドル音楽シーン総括評
【第22回】死ぬまで見守れる稀有なアイドル・Cutie Pai
【第23回】「アイドル戦国時代」終了!! 板野友美『Dear J』を16万枚売り上げるAKB48リリースラッシュの裏側
【第24回】白々しい泣き歌が溢れるJ-POP界にStarmarieが真の悲壮感を叩き込む!
【第25回】歌舞音曲「自粛ムード」が漂う中、今こそ見たい"元気の出る"アイドル動画
【第26回】新しいアイドル社会の誕生宣言!? BiS「Brand-new idol Society」
【第27回】学校生活と部活動をテーマに音楽ジャンルを網羅する! さくら学院
【第28回】アグレッシヴな美意識を打ち出し、アイドル戦国時代を彩り始めた「東京女子流*」
【第29回】まるでシャーマン!! ファンに"熱"をもたらすSaori@destinyの魔力
【第30回】ヘタウマラップがクセになる「清純派ヒップホップアイドル」tengal6
【第31回】暴走するアイドル・BiSが圧倒的なサウンド・プロダクションとともに届ける傑作「My Ixxx」!
【第32回】「アイドルっぽい音」から大胆に逸脱していくTomato n'Pine「なないろ☆ナミダ」
【第33回】福岡の地元産業密着型アイドルは全国で成功できるか!? LinQ「ハジメマシテ」
【第34回】「アイドルとしてのヒップホップ」を突き詰めたパーティー・チューン! tengal6「プチャヘンザ!」




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週