>   >   > 

【アイドル音楽評~私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて~ 第39回】

中学生のアイドルラップユニットがダメな大人を叩き起こす!「HEY!BROTHER」ライムベリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

※画像:「HEY!BROTHER」/ライムベリー/エアリーズエンタテインメント

 かつて活動していたヒップホップユニット・MOE-K-MCZの楽曲をカヴァーをするアイドルがデビューする。2011年の秋、そんなニュースが一部のアイヲタの間を駆け巡ったとき、私は硬く身構えた。2007年にプロジェクトが発足したMOE-K-MCZのプロデューサーは、「E Ticket Production」、つまり『神様家族』(メディアファクトリー)などで知られる小説家の桑島由一だ。露悪的なほどに「萌え系」のラップユニットであったMOE-K-MCZの活動停止から数年、同じE Ticket Productionの手で何が出てくるのか……。しかし、あまりの評判の高さに12月には私もライヴの現場へと足を運ぶことになる。

 衝撃を受けたのは、そのステージのみずみずしさだった。MOE-K-MCZのメンバーは20歳前後だったが、ライムベリーは全員が中学生。MOE-K-MCZの代表曲だった「HEY!BROTHER」では、タイトルの直訳である「ねーお兄ちゃん」という歌詞が繰り返されるが、この年代に呼びかけられるなら違和感がない。正直、気持ちいい。だからこそ一緒に一緒に「ねーお兄ちゃん 好き」という歌詞で一緒に「好きー!」と叫ぶこともできた。そもそもヲタが「好き!」と叫ぶのも、「お兄ちゃんはお兄ちゃんが好き」的な倒錯した構図だが……。



 ライムベリーはusa☆usa少女倶楽部の派生ユニットで、MCのMIRI、HIME、YUKAの3人と、DJのHIKARUからなる4人組。オールドスクールを意識した洗練された衣装はもちろん、激しく動くフロントの3人と対照的にツンデレっぽいHIKARUのキャラクターにも惹かれるものがあった。そして本連載の2011年のベスト10(http://www.menscyzo.com/2011/12/post_3364.html)では、2012年の音源リリースを待望する旨を特記することになる。

 そして遂に届けられた「HEY!BROTHER」は3曲入りのマキシ・シングル。衣装、写真、アートワーク、そしてCD盤面のギミックなど、すべてにおいて圧倒的なセンスの良さを見せつける作品だ。タイトル曲「HEY!BROTHER」は、冒頭のドラムからして聴く者の胸を高鳴らせ、オールドスクールなスクラッチが絡み、3人のMCのラップへと突き進む。彼女たちのラップは、たとえば同じアイドルであるtengal6(8月からlyrical schoolに改名予定)と比べるとフロウが軽いのだが、歌詞やブラスセクションの音を多用したバックトラックとあわせて、それを忘れさせる魅力がある。100人以上のファンを集めたライヴで公開録音された「RHYMEBERRY IZ NO.1(2012 LIVE TAPE)」は、自らをNo.1と名乗るヒップホップ・マナーに沿った楽曲。このトラックはエレクトリックリボンのasCaがエンジニアを担当しており、同じくusa☆usa少女倶楽部の派生ユニットであるリトル☆ラビッツを彼女が今後手掛けることにも注目したい。ライヴではすでにエレクトリックリボンの「センセイ!」のカヴァーも披露されている。



『HEY!BROTHER』ライムベリー


中学生に「お兄ちゃん」って言われたら、ねぇ……

amazon_associate_logo.jpg



Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週