>   >   > 

【アイドル音楽評~私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて~ 第33回】

福岡の地元産業密着型アイドルは全国で成功できるか!? LinQ「ハジメマシテ」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

aidol_33_1030.jpg
※画像は「ハジメマシテ」より

 「アイドル戦国時代」というバズワードが流行してから有象無象がアイドル業界に参入してきた......という嘆きはこの連載でさんざん書いてきたが、それでも良貨が悪貨を駆逐することへの一抹の希望を私は捨てていない。そんな希望を抱かせてくれるのが福岡のLinQだ。

 2011年10月21日に放送されたNHK『特報フロンティア』はある意味で身も蓋もない番組だった。福岡でLinQが立ち上げられた理由として、「不況でも活気を見せるアイドル市場にビジネスチャンスを見い出した」とナレーターが紹介してしまっていたのだから。

 しかし、LinQを追ったこの番組をそれでも見続けたのには理由がある。LinQを立ち上げたJMPの小野純史社長が、衣装デザインを専門学校の授業の一環にしてもらい、衣装の腰の帯の博多織を織元から提供してもらい、LinQをハンバーガー屋の広告キャラクターにしてもらえないかと相談に行く。その徹底した地元産業との関わりぶりに、LinQの公式サイトにあった多数の地元企業のバナーにも納得がいった。その一方で、iPhoneアプリ「LinQしようよ☆」も配信されており、しっかり有料課金のオプションもある。

 番組でも紹介されていたように、楽曲面では東京で活動してきた地元出身のアーティストが参加している。プロデューサーは、長崎県佐世保市出身で、中島美嘉の「愛してる」の作詞・作曲で知られるH(eichi)だ。LinQのファースト・シングル「ハジメマシテ」は、H(eichi)が作詞し、福岡で活動するSHiNTAが作編曲を担当している。

 タイトル曲「ハジメマシテ」をここで取り上げる理由は、そのソウルフルなサウンド・プロダクションに他ならない。メロディー・ラインの良さに加えて、ブラス・セクションやオルガンの音色、エレキ・ギターやベースのフレーズなどが一丸となってユニゾンのヴォーカルを引き立てる。しかも中盤の間奏はかなりの昂揚感をもたらすのだ。コールのような「ハジメマシテ」というフレーズの挿入も、適度なアイドルっぽさを加えていて良い。歌詞に「西鉄バス」が何度も出てくるのも、これでもかというほどご当地感を出している。最後のドラムの音まで考え抜かれたトラックだ。

 カップリングの「for you」と「なう。」はプログラミング主体の楽曲なのだが、他のアイドルとの差別化を意識して「ハジメマシテ」のような路線を進んでほしいところだ。

 LinQはすでに、生粋のアイドルヲタとして知られるタワーレコードの嶺脇育夫社長が設立したレーベル・T-Palette Recordsから2011年11月9日に「カロリーなんて / きもち / 手をつないで」をリリースすることも決定している。ただ、「カロリーなんて」も打ち込み路線なので、いつかまた「ハジメマシテ」のようなソウル路線の楽曲もリリースしてくれないかと願う次第だ。とにかくこういうサウンドのアイドルは少ないし、現れても終わってしまうのだ。

 T-Palette Recordsのレーベル・メイトである新潟のNegiccoのほか、仙台のDorothy Little Happy、愛媛のひめキュンフルーツ缶など、地方にも注目すべきアイドルは多い。そしてLinQにとっては、同じ福岡にRev. From DVLがおり、さらに秋元康プロデュースによるHKT48も誕生した。地元の福岡でも全国規模でも、パイの奪い合いというべき厳しい争いが待っている。

 先週は、アイドルポップスに精通しているDJ O-ant a.k.a アーリーのプレイを2回聴いたのだが、2回ともLinQの「ハジメマシテ」が流されていた。そのうち1度は、「レプリカプリコ」の全国流通が叶わないまま活動を休止してしまったエレクトリックリボンのライヴが行われた10月25日のイベント。そんなせつなさを抱えた場で、フロアに響くLinQの「ハジメマシテ」で踊ったことは、しばらく忘れられないだろう。

◆宗像明将
1972年生まれ。音楽評論家として、日本のロックやポップス、英米のポップス、ワールドミュージックを中心に執筆。その一方、2002年からソニンのヲタに。彼女の歌手活動停止後は、魂の救済を求めてPerfumeとtoutouのヲタになり地下へ。現在は地下から地上までのアイドル・シーンを見守る。http://www.outdex.net/diary/

「ハジメマシテ」


地方発アイドルはどこまで行ける?

amazon_associate_logo.jpg

◆バックナンバー
【第1回】号泣アイドル降臨! ももいろクローバー「未来へススメ!」
【第2回】アイドルが"アイドル"から脱皮するとき amU『prism』
【第3回】タイ×ニッポン 文化衝突的逆輸入アイドル・Neko Jump
【第4回】黒木メイサ、歌手としての実力は? 女優の余芸を超える"ヤル気満々"新譜の出来
【第5回】全員かわいい!! 過剰なほど甘酸っぱく、幸福な輝きを放つ「9nine」のイマ
【第6回】AKB48「桜の栞」は、秋元康による"20世紀再開"のお知らせだった!?
【第7回】エロくないのにエロく聴こえる!! 聴けば聴くほど頭が悪くなる名曲誕生
【第8回】アイドルよ、海を渡れ 変容するSaori@destiny『WORLD WILD 2010』
【第9回】いよいよエイベックスが本気を出す!! 東京女子流という産業
【第10回】テクノポップが死んでも......Aira Mitsuki is not Dead!!
【第11回】アイドル戦争と一線を画す17歳美少女 そこにユートピアがあった
【第12回】おニャン子クラブの正当な後継者はAKB48ではない――「アイドル戦国時代」の行く末
【番外編】「ヲタがアイドルの活動を支えられるかどうかは、現場を見ればすぐに分かる」Chu!☆Lipsとチュッパーの幸福な関係
【第13回】非武装中立地帯的なアイドル・Tomato n'Pine
【第14回】99年生まれも!! 国産アイドル・bump.yのもたらす脳内麻薬と安心感
【第15回】「○○商法」で結構!! 限定リリース戦法でじりじりチャートを上る小桃音まい
【第16回】やっぱりAKB48は20世紀の延長だった!? 「80年代風アイドル」渡り廊下走り隊
【第17回】AKB48新曲バカ売れの背景――僕らはいつまでアイドルに「陶酔」していられるか
【第18回】これぞ鉄板! 完成度抜群、SKE48のアイドル×ソウル「1!2!3!4! ヨロシク!」
【第19回】右傾化する日本社会でK-POPはどう受容されていくか KARA『ガールズトーク』
【第20回】"救済"を求めるアイドルヲタ......ぱすぽ☆周辺のアツすぎる上昇気流
【第21回】アイドル戦国時代とは何だったのか? 2010アイドル音楽シーン総括評
【第22回】死ぬまで見守れる稀有なアイドル・Cutie Pai
【第23回】「アイドル戦国時代」終了!! 板野友美『Dear J』を16万枚売り上げるAKB48リリースラッシュの裏側
【第24回】白々しい泣き歌が溢れるJ-POP界にStarmarieが真の悲壮感を叩き込む!
【第25回】歌舞音曲「自粛ムード」が漂う中、今こそ見たい"元気の出る"アイドル動画
【第26回】新しいアイドル社会の誕生宣言!? BiS「Brand-new idol Society」
【第27回】学校生活と部活動をテーマに音楽ジャンルを網羅する! さくら学院
【第28回】アグレッシヴな美意識を打ち出し、アイドル戦国時代を彩り始めた「東京女子流*」
【第29回】まるでシャーマン!! ファンに"熱"をもたらすSaori@destinyの魔力
【第30回】ヘタウマラップがクセになる「清純派ヒップホップアイドル」tengal6
【第31回】暴走するアイドル・BiSが圧倒的なサウンド・プロダクションとともに届ける傑作「My Ixxx」!
【第32回】「アイドルっぽい音」から大胆に逸脱していくTomato n'Pine「なないろ☆ナミダ」




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週