>   >   >  【ニッポンの裏風俗】福山のパツ屋

【ニッポンの裏風俗】福山のパツ屋:つわものどもが夢のあと…福山に裏は残っているか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

20180327ura_158.jpg全盛期の店舗型パツ屋はこんな感じだった

 
 今を遡ること18、19年前、風俗業界でフードルブームの頃、当時全盛だった「西川口流」の名前をもじって、「当店、○○流です!」なんて、ご当地流をアピールする本番店は少なくなかった。

 「パツ屋」という呼び名を生んだのも、同じ時代のある街の裏風俗。その街こそ、広島の福山だった。

 今は福山の風俗なんてあまり耳にしないが、当時は「東の西川口、西の福山」などと呼ばれ、歓楽街・昭和町や松浜町には多数の本サロがひしめき、「愛媛や大阪から車で遊びに来る常連も少なくなかった」(元・本サロの店長)と言わしめるほど。それほど、福山パツ屋の女のコのレベルは高いと評判だったのだ。

 

20180327ura_DSC00067.jpg

 
 しかし、西川口より随分先に福山に摘発が入ってしまい、パツ屋はもちろん壊滅。「後にはペンペン草も生えん」(同店長)ほど徹底的に叩き潰されてしまった。

 その数年後に取材に行ってみると、繁華街とは少し外れた暗い路地に、不自然なおっちゃんが突っ立っていて、目があうと、

 
「お兄さん、セックスセックス」

 
 と、笑っちゃうほどの直球で誘惑してくるのでした。ペンペン草は、いとも簡単に生えてしまったようです(笑)。

 

20180327ura_DSC00028.jpg

 
 その時遊んだのは、スナックの店内を改装して個室を造ったパツ屋でした。その後、さらに変化して、マンション型が主流になっているようです。

 
※本サイト「メンズサイゾー」(http://www.menscyzo.com/)に掲載されているイラスト・写真・文章の無断転載を固く禁じます。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週