>   > 

週刊誌グラビアレビュー 第30回

篠田麻里子の「乳首」騒動に見る、おっぱい幻想


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像:「週刊ヤングジャンプ 2012年12月13日号」(集英社)

1位:篠田麻里子「週刊ヤングジャンプ」(集英社)
2位:鈴木ちなみ「週刊プレイボーイ」(同)
3位:水崎綾女「週刊プレイボーイ」(同)

 先週の「ヤングジャンプ」は、水着アイドルが表紙ではなく、井上雄彦御大の人気マンガ『リアル』を中心にした構成。グラビアページは5人組アイドルグループ℃-ute、AKB48の篠田麻里子、数年ぶりのセクシー水着写真集をリリースする市川由衣と手堅いものの無難な構成でスルーしておりました。ところが!! 11月28日に発売したばかりのフォトブックを宣伝するためにセンターグラビアに陣取った麻里子様の一枚の写真、そこに眩いばかりの「乳首」が写り込んでいるとネット上で議論が巻き起こっているではありませんか。どれどれ、と引っ張り出して確認してみましたが……ち、乳首? それは乳首というにはあまりに上付きで、かつあまりに尖っていました……。バックから彼女の背中~横顔をとらえた問題のショットは、背中がパックリ開いたノースリーブのワンピース姿で、腕回りを広くとられたデザインのため、後ろからチラッと乳首が見えてしまったかのように、思い込めなくもない。しかしその位置に乳首があるとしたら、貧乳も貧乳、ド貧乳で、まな板どころの騒ぎではなく、もはや乳首だけやたら発達した男性のようです。

 結論、乳首ではない、洋服の陰影である。ただこの手の騒動があるたびに実感するのは、それが本物の乳首であろうとなかろうと、最高の興奮材料になることに変わりはないのだということです。100歩ゆずって、篠田さんの乳首が変な位置についているとしましょう。たとえそうであっても、間違いなくニップレスでガードされています。みんなが乳首だと思っているものの大半がニップレスであり、ブラから濃い色がハミ出て「乳輪キター! でけえ、色黒ぇぇぇぇぇー!」なんて騒いでいても、それはニップレスのサイズであり、ニップレスの色です。でも、洋服よりも水着よりも、それは乳首に近いところにある。これだけは正しい。ですからニップレスは乳首に限りなく近い素敵なオナネタなんですよね。

 篠田さんと同じファッション誌モデルをしながら、豊満な肉体でグラビア界に新風を注ぎ込んだ鈴木ちなみ。「週プレ」が推しに推してきましたが、ついにファースト写真集がリリースされ、早くも重版とのことです。ゴリ推しは嫌われる傾向にある昨今、彼女はまだネット上でも嫌われていないようでなによりですね。しかし、菜々緒といい篠田さんといい、旬の洋服を着こなすモデルという職業の女性たちはとにかくガリガリに細い。最近はあまりテレビ露出がなくなった鈴木えみも、ファンにさえ病的と恐れられるほどの痩せ体型でした。ところが鈴木さんはEカップの巨乳なうえ、腰も尻もイイ具合にズドーン。体育座りをしている彼女の背中、まるで熊です。とはいえ身長も高く顔は小さく、「この写真集の撮影中はロケ先で美味しいものを食べまくっていて、人生で一番太ったかも」と本人があっけらかんと話すほどですから、これが通常モードではない様子。現在は数キロ絞り込んだそうです。吉木りさのようなスレンダーエロスが喝采を浴び、世の男性たちの好きなブラカップはCカップがダントツという統計が出されたり(※瞬刊!リサーチニュース)、メタボはダサいとされてとかく細身が優遇されがちな現代。一方でAKB48の小嶋陽菜も人気で、脂肪がたっぷりついた熟女ボディを支持する層も一定数いらっしゃるんですよね。

 最後に、出るトコは出て、絞るところはキュキューッとくびれているパーフェクトスタイルなのに、人気が追い付かないままかなり過激ヌードを披露することになった女優・水崎綾女さんに触れておきます。来年1月公開の映画『ユダ』で主演を務める彼女。『サンデー・ジャポン!』(TBS系)でコメンテーターを務める、胡散臭さマックスの元キャバ嬢・立花胡桃女史の原作本を映像化するにあたって、オーディションで主演の座を射止めたとのこと。23歳にして芸歴は8年。ホリプロタレントスカウトキャラバンで「平成生まれのFカップ」が認められて(バスト92cm!)、ベストグラビア賞を受賞すると、バンバン雑誌グラビアに露出し、早くも将来安泰のレールを敷かれたかのように見えました。しかしそこは、大手ながら意外とシビアなホリプロ。女優業をスタートさせるも、名前のない役や、名前はあっても名字のない役ばかり……。ここはいっちょ、脱がせるしかない、ということなんですね。

 映画公開に合わせて撮影された『月刊NEO 水崎綾女』(イーネットフロンティア)は手ブラ満載、Tバック尻もあり。23歳なのに、「ここが正念場」とはっきり自覚していることがうかがえます。まあ、イマドキ娘には手ブラなんて朝飯前なのかもしれません。なにしろ前出の鈴木ちなみも、満面の笑顔で手ブラをキメてますからね。AKBのセンターだった前田敦子も手ブラ経験者。このままいくと、手ブラというより「指ニップレス」が一般誌でもグラドルの通常営業になる日が来るかも?
(文=まい竹城)

◆バックナンバー
【第1回】ニップレスが透けてる? アンナのイトコが挑む限界セクシーから眩しい笑顔の戦隊ヒロインまで!!
【第2回】椿鬼奴の衝撃グラビア!! AKB48だらけの週刊誌を一蹴する恥じらいエロス
【第3回】貧乳、Gカップ、貧乳のサンドイッチ攻撃!! 秋のグラビアは熟女に軍配?
【第4回】垂れ爆乳の真木よう子、おっぱい料理研究家、半裸の深田恭子が三つ巴の秋の陣!!
【第5回】おっぱいに勢いがない......時代は「貧乳美少女」の透明感を求めているのか?
【第6回】透明感最大級の美少女ハミ尻と、肉体派アスリートの豪快ヒップ
【第7回】おっぱい封印の倉科カナと「二大整形疑惑」の熊田曜子&板野友美!! 勝ち組はどっち?
【第8回】ド貧乳の平野綾よりもエロい!? 福山雅治の色気ムンムン乳首に釘付け!!
【第9回】激推され中!! 元ヤン疑惑の16歳超美少女と9頭身人妻美女の負けられない戦い
【第10回】スジってないのにエロすぎる股間!! 吉木りさの勢いはとどまるところを知らない
【第11回】板野友美のコンプレックスをすべて解消したら杉原杏璃になる!?
【第12回】どっちもイタい!? 垂れパイ激ヤセ・ほしのあきと高橋みなみの『ONE PIECE』コス
【第13回】巨乳優等生のNMB48山本彩と『すぽると!』で火が付いたハーフ美女
【第14回】エロすぎる看護師と正統派アイドル「3号」のセクシー比べ
【第15回】西本はるか初AVで「練乳ビーム、ピュッピュッピュッ」もアリ?
【第16回】AKB48総選挙直前に最後の乳売り&モリマンアピール!!
【第17回】芸能界のドン・最後の寵愛!? 2012年最強のスーパーゴリ押し女優誕生
【第18回】あの現役フィギュアスケーターが脱いでいた!! 引き締まったお尻の割れ目もくっきり
【第19回】メジャー路線でもTバックで割れ目死守!! 僕らのうしじまさんはドコへ行く?
【第20回】「香川真司AV女優と交際中!」のうわさが広まった発端は…?
【第21回】成海璃子が驚異の爆乳をブッ込んできた!! 三角水着が弾け飛ぶ20歳の肉体
【第22回】あの「妹系」ナンバーワン美少女がメガバストになって帰ってきた!!
【第23回】熟女需要にあらがって…SKE48松井珠理奈が巨乳化している!?
【第24回】石原さとみの「出産願望」と、妊娠説も飛び出た上戸彩のGカップ乳
【第25回】卑猥すぎるパイパン「モザイクヌード」!! 超過激露出グラドルの行く末
【第26回】紗栄子に負けたグラドルの袋とじセミヌード!! ポスト綾瀬はるかの新鮮ボディも…
【第27回】元子役・カリスマギャルてんちむ初脱ぎ!! 旧アイドル千葉麗子と奇遇な共通点
【第28回】「天然主義」が蔓延るせい? 整形美女を称えられない心理とは
【第29回】“崖っぷち”熊切あさ美が激変!? 限界ヌードの暗示するものは…
【DVD番外編】手ブラ・手マン・オナニーまでヤる着エロのスペシャリストに「引退間近」の悲報!!


『篠田麻里子「Yes and No Mariko Shinoda」』


自分の目で確認しよう

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週