【ネットナンパ】「えっ、嘘!? ヤバいです!! も、もうイッちゃうぅぅぅぅぅ!!」色気ムンムンの若妻が激イキ!


「はぁ、ハァ、はぁ…」

「だ、大丈夫?」

「は、はい。平気です」

「俺の攻め方が激しすぎたのかな?」

「い、いいえ。す、すごく優しくて安心できました」

「それなら良かった」

「で、でも、こんなに早くイッちゃったのは初めてです」

「それは嬉しいなぁ。ちゃんと愛情を込めて舐めた甲斐があったよ」

「はい。愛されてるって感じで、幸せでした」


 荒い呼吸を繰り返しながら、そう感想を伝えてくれたイズミちゃん。だが、こちらとしては全然物足りない。まだクンニを開始してから5分も経っていなかったからだ。



「それじゃあ、またオマンコを舐めてもいいかな?」

「えっ?」

「もっともっとイズミちゃんに気持ち良くなってほしいんだ」

「で、でも…。これ以上されたらアソコが馬鹿になっちゃいます」

「ん? これくらいで?」

「は、はい。こんなにたくさん攻めてもらったのは初めてで…」


 イズミちゃんの旦那やセフレは、よほど淡泊だったのだろうか。筆者にしてみればイロハのイの字分くらいしか攻めていなかったが、彼女にとっては生まれて初めての経験だったようだ。

 ここで下手に無理強いするのは逆効果だろう。


「それじゃあ、そろそろ入れてもいいかな?」

「え、えっと…」

「ん? なあに?」

「私もショーイチさんにお返ししたいです」

「ありがとう。それじゃあ、イズミちゃんの好きなようにしてくれていいからね」


 ベッドの上で大の字になった筆者は、目を閉じて彼女の攻めを待つ。

 果たして彼女はどんな風に攻めてくるのか。女性によってさまざまなので、あえて何も注文をつけずにマグロになることを選択したわけだ。


痛ッ!


 イズミちゃんの最初の攻めは乳首舐め、否、乳首吸いだった。

 その吸引力が強すぎて、危うく声をあげるところだった。だが、彼女に悪意がないのは分かりきったことなので、非難するわけにもいかない。

 ここは器の見せどころ。“好きなようにしていいよ”と宣言した手前、ここは耐えるしかない。

men's Pick Up