【ネットナンパ】「えっ、嘘!? ヤバいです!! も、もうイッちゃうぅぅぅぅぅ!!」色気ムンムンの若妻が激イキ!

 イズミちゃんのおっぱいはBカップほどだったが、感度は上々。乳首を舌先で転がすたびに、ため息まじりの色っぽいアエギ声をあげた。

 時間をかけておっぱいを愛したあとは、いよいよクンニタイムに突入する。

 イズミちゃんのマンコは、陰毛は薄目で、ヒダヒダは使い込まれた感じで黒々。しかも、ビロローンと伸びていて左右非対称だった。


くーっ! なんて具合の良さそうなマンコなんだ!!


 筆者は長年の経験から、


こういうマンコこそ、生で挿入したらめちゃくちゃ気持ちいい!


 ということを知っていた。

 挿入の瞬間、ヒダヒダが尿道口にペタっと張り付いてきたりすると、それだけでイッてしまいそうになることもザラなのだ。

 だが、初対面の人妻相手に生挿入なんて真似はできない。


仲良くなってからでいいので、いつか安全日にでも生挿入させてね♪


 そんな思いを込めながらクンニを始める。

 クリトリスを舌で弾き、膣穴に下唇を挿入し、特徴的なヒダヒダを唇で挟んでからブブブブと息を吹きかける。

 思いつく限りの技でマンコを愛していると、あっという間にズブ濡れになった。


これぞ、コールアンドレスポンス!

やはりセックスは、最強のコミュニケーションなのである!!

 こちらの思いに身をもって応えてくれる彼女が、愛おしくて愛おしくてたまらなくなってくる。

 こうして顔面をマン汁でビショビショにしながら延々とクンニを続けてから、指を入れてみることにした。

 マン汁をたっぷりまとわせた中指を膣口にあてがい、挿入せずに弧を描くように動かしてみる。


クククイッ!


 焦らすつもりなど、一切なかった。いきなり挿入して痛みを与えないよう、ほぐしているつもりだった。

 だが、イズミちゃんはそれがお気に召さなかったのか、腰をクイッと持ち上げて挿入をねだってきた。

men's Pick Up