【ネットナンパ】「えっ、嘘!? ヤバいです!! も、もうイッちゃうぅぅぅぅぅ!!」色気ムンムンの若妻が激イキ!


「あのぉ…」

「ん? どうしたの?」

「ショーイチさんってタバコを吸う人ですか?」

「吸うけど、どうして?」

「わ、私も吸う人なんですけど…」

「それは良かった! それじゃあ、一服しながらお茶を飲もうよ」

「あ、ありがとうございます」

「いやぁ、感謝するのは俺のほうだよ。俺も一服したかったからさ」


 普段、タバコを吸わない女性の前では遠慮しているが、相手も喫煙者となれば話は別。上着のポケットからタバコとライターを取り出し、お茶を飲みながら一服することになった。

 その時、イズミちゃんがバッグから取り出したタバコのパッケージを見て驚いた。筆者と同じ銘柄だったのだ!!


「同じタバコ吸ってるんだね」

「あっ、本当ですね」

「珍しいね。女性でこのタバコを吸うなんて」

「ですよね。オヤジ臭いってよく言われます」

「俺はずっとこれだから慣れてるけど、キツくないの?」

「以前はもっとキツいのを吸ってたんです。だから、これくらいなら平気です」

「へぇ。メンソール系は吸わないの?」

「えっ?」

「ほら、女性ってよくメンスソールのタバコを吸ってるでしょ?」

「私はダメですね。あのスースーした感じが好きになれなくて…」

「俺も同じだよ。タバコを吸ってる気分になれないんだよね」


 同じ銘柄のタバコを吸っているという共通点で、ふたりの距離が一気に縮まったような気がした。

 それにしても、実にタバコがよく似合う女性だ。

 けだるい感じで煙を吐き出す姿が色っぽくて、ついつい目が追ってしまう。


「それにしても信じられないなぁ」

「何がですか?」

「もし俺の奥さんがこんなに綺麗でセクシーだったら、毎日のようにエッチしてると思うよ」

「フフフ。ありがとうございます」

「旦那さんとは全然してないの?」

「そうですねぇ。半年くらい前にしたのが最後ですね」

「そんなに前なんだ? よほど旦那さんが年上だとか?」

「い、いいえ。同じ歳なんですけど…」

「そうなの? それならまだまだやりたい盛りなんじゃないの?」

「それが仕事ばっかりで、家に帰ってきても食事してすぐ寝ちゃうんです」

「そうなんだぁ。それはちょっと寂しいね」

「はい」

「それで、セフレで穴を埋めてたって感じなの?」

「まぁ、そうですね」

「もしよかったら、セフレとの関係が終わった理由を聞かせてほしいな」

「すごくシンプルですよ。向こうが結婚することになって…」

「なるほどね。それで、この3カ月セックスレスだったんだ」

「はい。それで、ああいうサイトを使ってみようかなって思って」

「そうなんだぁ。それじゃあ、今日の俺は責任重大だね」

「そんな、責任とか思わないでくださいよぉ」

「いやいや、思っちゃうよ。満足してもらえるように全力で頑張るね」

「フフフ、全力ですか? 楽しみです」

men's Pick Up