>   >   >  【エロ体験談】俺の巨根が狙われた話

【エロ体験談】狙われた俺の巨根


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

ThinkstockPhotos-501597558.jpg※イメージ画像:Thinkstockより

 
 テレビで微笑むアイドルよりも、毎日よくいくコンビニの愛想のいいアルバイトのコのほうが、なんだかわからんけどグッときたりするのが男のサガ。そこにエロが絡んでくれば、なおのこと。

 超絶ボディのAV女優には当然興奮するけど、現実世界でそんな上玉と出会うことは難しい。もっと自分の日常とつながってそうな “普通に生活を営んでいる人たち”の生々しい性体験が知りたい!ということで、【読者投稿】による、「隣はナニをする人ぞ」的なエロ話をお届けします。

 
『狙われた俺の巨根』
投稿者:浪速のレコバ(45歳。男性)

 30年ほど前になる俺の初体験の話です。

 自慢じゃありませんが、小学生のころからサッカーをしていた俺は、中学・高校ともに1年生からレギュラーに抜擢されていました。

 高校1年の夏、個人で居残り練習をした後、部室に戻って汗を拭いていると、ガチャっと扉の開く音が。振り返ると、3年の美人マネージャーさんでした。

 40名以上いる部活だったので、1年の俺が3年のマネージャーさんと話すことは滅多になく、このときがほぼ初対面。高校生のときの2学年の差は大きく、相手がかなり美人だったこともあって、一気に緊張したのを覚えています。

 
「M君だったっけ。お疲れさま。ひとりで練習してたの?」

 
 と彼女は俺のそばへ。こっちは上半身裸で体を拭いていたので、恥ずかしくなって急いで練習着を着ようとしたら、

 
「まだ、背中に汗かいているよ。しっかり拭かないと風邪ひくよ」

 
 と、横に置いてあったタオルを取って、俺の背中を拭き始めます。女の人にそんなことをされるなんて、当時の俺には刺激が強すぎて心臓がバクバクしました。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週