>   > 

【週刊誌グラビアレビュー 第27回】

元子役・カリスマギャルてんちむ初脱ぎ!! 旧アイドル千葉麗子と奇遇な共通点


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像:左「週刊プレイボーイ 2012年11月12日特大号」(集英社)、右「週刊大衆 11月12日号」(双葉社)

裸でなくても、股間にズームアップしていなくても、爽やかな美女の笑顔があればそれだけでゴハンを三杯食べられる!! 美女グラビアを愛してやまないグラビアウォッチャーが週刊誌に掲載される数々の「美味すぎるオカズ」をレビューいたします。

1位:橋本甜歌「週刊プレイボーイ」(集英社)
2位:千葉麗子「週刊大衆」(双葉社)
3位:島崎遥香「週刊ヤングマガジン」(講談社)

 9月に開催されたAKB48じゃんけん大会で優勝し、12月発売予定の新曲でセンターポジションを務めることになった島崎遥香ちゃん。AKBのCDが飛ぶように売れるのは、彼女たちと触れ合える「握手会」の参加権利を欲しがるファンが何万人も存在するからだというのはもはや自明ですが、島崎さんはそんな生命線の握手会でのファン対応が「とびきりしょっぱい」んだそうです。私は島崎さんと握手経験がないのでなんとも言えませんが、アイドルの握手なんてそんなもんなんじゃないんですか? いや、でも「アイドル」なのに、いちファンである自分のことを覚えてくれて、親しげに「元気―?」「また来てねっ」なんて会話もしてくれて、友達みたいに振る舞ってくれるのがAKBグループを応援する醍醐味のひとつのようですから、島崎さんの塩対応はAKBとしてはよろしくないのでしょう。

 先日はイベントでのフォトセッションで能面のような無表情顔を撮られたがために「ラブドール」なんて新たなアダ名もつけられてしまった島崎さん。それでも運営側にとって彼女が“推しメン”なのはかわりなく、「ヤンマガ」で堂々の表紙&巻頭グラビアでございます。彼女だけでなく、AKB系アイドルのグラビアに、本物のグラドルが必死で工夫して見せている色気を期待することはもはやないのですが、今回も特に面白いことはまったくナシ。唯一イイのは、色気もへったくれもない寸胴水着フォトではなく、肩出しざっくりニットワンピのバックショットで肉感を確認できるお尻です。このケツだけは推せる。小さいカットですが、人妻の昼下がりのような雰囲気が匂い立つニット越しのプリケツを是非ご確認ください。

 さて、AKBが流行するはるか20年前、10代の頃にアイドル女優として活動した千葉麗子さんが久々にグラビアに登場しています。しかも、一糸まとわぬ赤裸々な姿で……。袋とじグラビアを開くとそこには、37歳熟女のあられもない裸体が。といっても、バストトップと股間はきっちり隠されているので、過剰に期待しすぎないように。スレンダーなイメージでしたが、いつのまにかすっかり「熟女」の体つきになっており、ずっしりした厚みある胴回りが妙に生々しくてエロいです。今年再婚したばかりとあって、人妻オーラも溢れています。特筆すべきは、パンツで覆われた秘部の膨らみ。四つん這いになって尻を突き出したカットは、尻の双丘を押し広げるように中央の膨らみが後ろに向かってモリッと主張。ソファに横たわって開脚しているポーズでも、パンツの下で丸く膨らんだ秘肉がプリッと横からハミ出しています。平坦な恥丘では、こうはいきません。インタビューでは「30~50人くらい」と豊富なセックス経験をあけすけに語っていますが、元アイドルを抱いた男が何十人もいるんですね……。島崎さんは、そして前田敦子はこれから先の長い人生で一体何人に抱かれるのでしょう。

 もうひとつ、「週プレ」の袋とじを開いてみましょう。こちらも元アイドルですが、「元」とはいっても現在もまだ18歳のハイティーン。若さ弾ける“てんちむ”こと橋本甜歌ちゃんです。てんちむは、2004~06年にNHK教育(現Eテレ)の『天才てれびくんMAX』でてれび戦士として活躍、子役マニアおよび同世代の小学生女子たちから「かわいすぎる!!」と絶賛されたジュニアアイドル。しかしその後、芸能界を引退してギャル(というかヤンキー)化し、ぶりっ子清純派アイドルではない本来のキャラでタレント活動を再開しました。今年7月にブログで「脱ギャルしよっかな~」と表明していた通り、久しぶりのグラビアでは黒髪・白肌・ナチュラルメイクの三種の神器を携えてセミヌードに挑戦しています。ヲタ歓喜!!

 ではそんな“新生てんちむ”のカラダを見ていきましょう。白シャツをはだけさせ、ヌードの背中や胸元をちょこっと公開しつつ、唇を半開きにしてセクシーな表情を作ろうとするてんちむ。13歳で初セックス、現在もカレシと同棲中とのことで、交際経験は豊かなハズですが、いやいや十分ウブな雰囲気出てますよ。実際はヤリまくりのビッチアイドルちゃんにも、黒髪美少女というだけでコロッと騙されてしまう男性たちの気持ちもわかります。素っ裸にクマのぬいぐるみを抱いて胸や股間を隠しているカットも、裸足で路上に佇み微笑むカットも、やっぱりめちゃんこ可愛いですもん。

 しかし驚いたのは、赤い極小水着を着用しているシーンです。チバレイさん同様、スレンダーなイメージだったのに意外とムッチリ全身にお肉がついているてんちむ、用意された水着が小さかったのか、股間部分を覆いきれていません! ゆえに、前貼りらしき肌色の物体が赤パンのサイドからハミ出ております。のみならず、これまたチバレイさんと同じく、ハミ出た部分が微妙にモリッ。隠れ土手高美女とはこのことですね。奇しくも新旧世代で似たような衝撃カットを目にすることになった週明けでした。
(文=まい竹城)

◆バックナンバー
【第1回】ニップレスが透けてる? アンナのイトコが挑む限界セクシーから眩しい笑顔の戦隊ヒロインまで!!
【第2回】椿鬼奴の衝撃グラビア!! AKB48だらけの週刊誌を一蹴する恥じらいエロス
【第3回】貧乳、Gカップ、貧乳のサンドイッチ攻撃!! 秋のグラビアは熟女に軍配?
【第4回】垂れ爆乳の真木よう子、おっぱい料理研究家、半裸の深田恭子が三つ巴の秋の陣!!
【第5回】おっぱいに勢いがない......時代は「貧乳美少女」の透明感を求めているのか?
【第6回】透明感最大級の美少女ハミ尻と、肉体派アスリートの豪快ヒップ
【第7回】おっぱい封印の倉科カナと「二大整形疑惑」の熊田曜子&板野友美!! 勝ち組はどっち?
【第8回】ド貧乳の平野綾よりもエロい!? 福山雅治の色気ムンムン乳首に釘付け!!
【第9回】激推され中!! 元ヤン疑惑の16歳超美少女と9頭身人妻美女の負けられない戦い
【第10回】スジってないのにエロすぎる股間!! 吉木りさの勢いはとどまるところを知らない
【第11回】板野友美のコンプレックスをすべて解消したら杉原杏璃になる!?
【第12回】どっちもイタい!? 垂れパイ激ヤセ・ほしのあきと高橋みなみの『ONE PIECE』コス
【第13回】巨乳優等生のNMB48山本彩と『すぽると!』で火が付いたハーフ美女
【第14回】エロすぎる看護師と正統派アイドル「3号」のセクシー比べ
【第15回】西本はるか初AVで「練乳ビーム、ピュッピュッピュッ」もアリ?
【第16回】AKB48総選挙直前に最後の乳売り&モリマンアピール!!
【第17回】芸能界のドン・最後の寵愛!? 2012年最強のスーパーゴリ押し女優誕生
【第18回】あの現役フィギュアスケーターが脱いでいた!! 引き締まったお尻の割れ目もくっきり
【第19回】メジャー路線でもTバックで割れ目死守!! 僕らのうしじまさんはドコへ行く?
【第20回】「香川真司AV女優と交際中!」のうわさが広まった発端は…?
【第21回】成海璃子が驚異の爆乳をブッ込んできた!! 三角水着が弾け飛ぶ20歳の肉体
【第22回】あの「妹系」ナンバーワン美少女がメガバストになって帰ってきた!!
【第23回】熟女需要にあらがって…SKE48松井珠理奈が巨乳化している!?
【第24回】石原さとみの「出産願望」と、妊娠説も飛び出た上戸彩のGカップ乳
【第25回】卑猥すぎるパイパン「モザイクヌード」!! 超過激露出グラドルの行く末
【第26回】紗栄子に負けたグラドルの袋とじセミヌード!! ポスト綾瀬はるかの新鮮ボディも…


『橋本甜歌 ひこうきぐも』


天使や……

amazon_associate_logo.jpg



Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週