>   >   > 

【アイドル音楽評~私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて~ 第16回】

やっぱりAKB48は20世紀の延長だった!? 「80年代風アイドル」渡り廊下走り隊 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

rouka.jpg
『廊下は走るな!(初回盤A)』ポニーキャニオン

 10月16日のニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」の冒頭で、秋元才加がスキャンダル報道について涙ながらの謝罪をしたのは、まるで学生運動時代の新左翼による「自己批判」のようだった。仮に秋元才加が広井王子と付き合っていたとしても、それは大人のふたりのことであって、別にまったく悪いことではない。しかし、あえて「両想い禁止」を掲げ、秋元才加に相手の肩書と名前まで言わせ、チームKのキャプテンを辞任させることによって、秋元康はAKB48をアイドルたらしめているのではないか、と考えてしまうほどだった。

 「アイドル」という幻想がどのようにして形成されるのかを秋元康は熟知している。そして秋元才加は「自己批判」をし、「総括」を成し遂げた。彼女の前では、スキャンダル報道から逃げるアイドルは「敗北主義」であるかのようだ。AKB48にはなぜか学生運動を連想してしまうようなエネルギーがある。そして、結果的に放送を聞いたものを秋元才加のファンにしてしまうドラマを感じた。

 そんなAKB48の5人による渡り廊下走り隊のデビュー・アルバム『廊下は走るな!』だが......シリアスな雰囲気が微塵もない! 完全に異世界!

 2010年のオリコンシングル週間ランキングの1位獲得曲で最も異常な作品に感じられたのは、渡り廊下走り隊の「アッカンベー橋」だった。「アッカンベー橋」はフォークダンス風のサウンドにして、実際にビデオ・クリップではフォークダンスを踊っている。これが1位、というのはちょっとした衝撃だった。

 そんなわけで、デビュー・アルバムは相当な怪作が届けられるのではないかと期待していたのだが......これはAKB48関連の諸作品の中でもずいぶんおニャン子クラブを連想させる80年代的な作品だ。以前、秋元康にインタビューする際、話題のきっかけ作りにおニャン子クラブのアナログ盤でも持っていこうと、棚からLPを出し入れしたのだが(実際に持参したのはとんねるずのセカンド・アルバム『仏滅育ち』だった)、あのときの感覚を思い出させるのだ。

 渡り廊下走り隊は、おニャン子クラブのうしろ髪ひかれ隊と同じく秋元康プロデュースで、プロダクション尾木とポニーキャニオンに所属している。そんな彼女たちの『廊下は走るな!』は、大雑把に言えば「楽曲や編曲は80年代風だがサウンド・プロダクションは2010年」というアルバムなのだ。渡辺麻友のソロ曲が収録されているのも、アイドルのアルバム然としている。アルバム週間ランキングで4位を記録した。

 冒頭の「猫だまし」が相撲関連の単語を多用している、という時点で実際に猫騙しを食らったような気分になる。渡り廊下走り隊が「どすこい、どすこい!」とか言ってるんだぜ......。とはいえ、重要なのはそういうギミックではない。「完璧ぐ~のね」や「ドジ」などで感じられる、80年代アイドル歌謡をさらに洗練したかのようなサウンドこそポイントだ。フィル・スペクターのスペクター・サウンドも少しだけ頭をかすめた。「青い未来」や「骨折ロマンス」のコード進行も80年代的。「アッカンベー橋」はむしろ異端で、複数のアレンジャーが手掛けているのに、ここまでアルバムのトータルなイメージが貫徹されているというのは、現場のディレクターあたりが相当優秀なのだろう。

 惜しむらくは、ギター、ピアノ、コーラス以外はプログラミングの楽曲が多いこと。これでリズム隊とブラス・セクションが生だったらすごいのに......。アイドリング!!!のライヴ映像で生バンドが演奏を担当していると、ついグッときてしまうタイプだけに、なおさらそう感じてしまうのだ。そういう意味で、ストリングスも含めて生バンドが演奏している「ギュッ」のサウンドは実にみずみずしい。感心するほどキャッチーな曲ばかりだし、この編成でアルバムを丸ごと1枚制作できたら、うしろ髪ひかれ隊というより、うしろゆびさされ組の「うしろゆびさされ組」ぐらいのグルーヴが出せたかもしれないのに! 最近のアイドルポップスはプログラミング主体でテクノポップ寄りの音が多いだけに、なおさらそう感じた。

 初回盤BのDVDに収録されているラジオ番組仕立ての「ナハナハ・マンデー」は、せんだみつおがフル稼働で、挿入歌の昭和歌謡感も半端ない。AKB48も渡り廊下走り隊もまだ20世紀にいるかのようだし、「廊下は走るな!」は20世紀のいいところを21世紀に持ってきたようなアルバムだ。サウンドももっと昔に戻っていいよ!




◆宗像明将
1972年生まれ。音楽評論家として、日本のロックやポップス、英米のポップス、ワールドミュージックを中心に執筆。その一方、2002年からソニンのヲタに。彼女の歌手活動停止後は、魂の救済を求めてPerfumeとtoutouのヲタになり地下へ。現在は地下から地上までのアイドル・シーンを見守る。http://www.outdex.net/diary/

『廊下は走るな!(初回盤A)』

2枚目はあるのかしら

amazon_associate_logo.jpg

◆バックナンバー
【第1回】号泣アイドル降臨! ももいろクローバー「未来へススメ!」
【第2回】アイドルが"アイドル"から脱皮するとき amU『prism』
【第3回】タイ×ニッポン 文化衝突的逆輸入アイドル・Neko Jump
【第4回】黒木メイサ、歌手としての実力は? 女優の余芸を超える"ヤル気満々"新譜の出来
【第5回】全員かわいい!! 過剰なほど甘酸っぱく、幸福な輝きを放つ「9nine」のイマ
【第6回】AKB48「桜の栞」は、秋元康による"20世紀再開"のお知らせだった!?
【第7回】エロくないのにエロく聴こえる!! 聴けば聴くほど頭が悪くなる名曲誕生
【第8回】アイドルよ、海を渡れ 変容するSaori@destiny『WORLD WILD 2010』
【第9回】いよいよエイベックスが本気を出す!! 東京女子流という産業
【第10回】テクノポップが死んでも......Aira Mitsuki is not Dead!!
【第11回】アイドル戦争と一線を画す17歳美少女 そこにユートピアがあった
【第12回】おニャン子クラブの正当な後継者はAKB48ではない――「アイドル戦国時代」の行く末
【番外編】「ヲタがアイドルの活動を支えられるかどうかは、現場を見ればすぐに分かる」Chu!☆Lipsとチュッパーの幸福な関係
【第13回】非武装中立地帯的なアイドル・Tomato n'Pine
【第14回】99年生まれも!! 国産アイドル・bump.yのもたらす脳内麻薬と安心感
【第15回】「○○商法」で結構!! 限定リリース戦法でじりじりチャートを上る小桃音まい




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週