>   >   > 

【アイドル音楽評~私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて~ 第15回】

「○○商法」で結構!! 限定リリース戦法でじりじりチャートを上る小桃音まい


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

kotonemai_cosmicu.jpg
小桃音まい『コズミック☆UNIVERSE』

 アイドルのCDの販売方法には様々なものがあるが、あまりにもヲタに複数枚買いをさせすぎると、「○○商法」などと揶揄されることもある。とはいえ、アイドルという商売たるもの、ヲタに複数枚買いをさせてナンボではないだろうか。と、私の感覚もすでに麻痺しているのかもしれない。たぶんそうだろう。

 小桃音まい(ことねまい)の場合は特殊で、これまでのすべてのシングルが枚数限定盤。それゆえに初動枚数が多くなり、チャートの上位に食い込んでどんどん話題になる、というかなり先鋭化されたスタイルを徹底してきた。たしかにチャートの上位に飛び込みやすくはなるが、新しいファンが後からCDを買えないという弊害もあるわけで、そこを考慮しないというのがすごい姿勢ではある。

 小桃音まいの4枚目のシングルとなる「コズミック☆UNIVERSE」も5,000枚限定。すでにオリコンのシングルデイリーランキングでは6位、週間ランキングでも22位を記録するなど、これまでの手法が成功を収めている。前作「さくら、咲くころに。」の倍の枚数とはいえ、いつまで「コズミック☆UNIVERSE」を買えることか......と不安になるので、今回は「とりあえず早く買っとけ!」と明記して話を先に進めたい。

 ブログを見ていると、整った顔立ちが印象的だが、メディア越しだといまひとつ彼女の小柄な体格が把握しづらい。それゆえに、今年5月18日に開催された「NEO GIRLS FESTIVAL TOgether~プレミアム~」で、彼女と一緒に観客を左右に移動させる通称「民族大移動」を渋谷O-EASTで小桃音まいが起こした光景には驚かされた。そして、ライヴが終わった後の乾杯の場にいたのは、やはり小柄な「まいにゃ」こと小桃音まい。丁寧な物腰と柔和な笑顔で、なんていい子だ......と感じ入ったほどだ。

 そしてこの「コズミック☆UNIVERSE」。タイトル曲の「コズミック☆UNIVERSE」は、アキバの女王・桃井はるこによる作詞作曲で、まるで葵の紋所を見せつけられた気分になる。モモーイならではの、ツボを押さえまくった手堅い楽曲。しっかりとヲタ芸・ケチャを発動できる、いわゆる「ケチャ・ポイント」が用意されているのも心憎い。

 また、小桃音まいに関するスタッフ・ワークで感心するのは、シングルにカップリングされるアニソンのカヴァーの選曲だ。『ひぐらしのなく頃に』の「なのです☆」、『とらドラ!』の「オレンジ」をカヴァーしてきて、特に後者はもはや小桃音まいのオリジナルのようにすら聴こえる。

 さらに今回カヴァーされたアニソンは、『化物語』の「恋愛サーキュレーション」だ。ヲタに人気が高いものの、単独でCD化されていないこの曲をカヴァーするというのはうまいアイディアだ。

 小桃音まいの「恋愛サーキュレーション」は、原曲に比べるとチープな味わいだが、それを逆手にとってエレクトロ・ファンク化してしまったかのようなトラック。ブリブリと鳴るキーボードが、彼女のヴォーカルの可愛らしさを強調する結果になる、という化学反応も起きている。

 もう1曲のカップリングの「HAPPINESS」は藤末樹作曲。この連載で紹介した東京女子流の「おんなじキモチ」やbump.yの「voice」も手掛けてきた作家だ。エレキ・ギターの響きがアニソンっぽいのも職人芸だろう。

 枚数限定盤でここまでチャート上位にリーチした以上、勝負どころはむしろこれから。同じ事務所のコスメティックロボットが8月に解散した今、小桃音まいの小さな双肩にいろいろなものが乗っているかと思うと、つい応援したくなってしまうし、実際8月8日の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2010」では「コズミック☆UNIVERSE」を予約して彼女とツーショットチェキを撮影してしまった。とにかくヲタ臭い感じで支えたくなってしまう存在だ。

 ちなみに、年間でライヴを300本以上していると謳われているので、その気になればほぼ毎日彼女に会えることになる。なんて危険な......。この辺にも、デビュー・シングルから1年足らずで彼女のファンが増えた理由があるのは言うまでもないだろう。というか、書いているうちに私もそろそろまいにゃに会いたくなってきた。こういう仕組み。

◆宗像明将
1972年生まれ。音楽評論家として、日本のロックやポップス、英米のポップス、ワールドミュージックを中心に執筆。その一方、2002年からソニンのヲタに。彼女の歌手活動停止後は、魂の救済を求めてPerfumeとtoutouのヲタになり地下へ。現在は地下から地上までのアイドル・シーンを見守る。http://www.outdex.net/diary/

『コズミック☆UNIVERSE』


急がないとなくなる!

amazon_associate_logo.jpg

◆バックナンバー
【第1回】号泣アイドル降臨! ももいろクローバー「未来へススメ!」
【第2回】アイドルが"アイドル"から脱皮するとき amU『prism』
【第3回】タイ×ニッポン 文化衝突的逆輸入アイドル・Neko Jump
【第4回】黒木メイサ、歌手としての実力は? 女優の余芸を超える"ヤル気満々"新譜の出来
【第5回】全員かわいい!! 過剰なほど甘酸っぱく、幸福な輝きを放つ「9nine」のイマ
【第6回】AKB48「桜の栞」は、秋元康による"20世紀再開"のお知らせだった!?
【第7回】エロくないのにエロく聴こえる!! 聴けば聴くほど頭が悪くなる名曲誕生
【第8回】アイドルよ、海を渡れ 変容するSaori@destiny『WORLD WILD 2010』
【第9回】いよいよエイベックスが本気を出す!! 東京女子流という産業
【第10回】テクノポップが死んでも......Aira Mitsuki is not Dead!!
【第11回】アイドル戦争と一線を画す17歳美少女 そこにユートピアがあった
【第12回】おニャン子クラブの正当な後継者はAKB48ではない――「アイドル戦国時代」の行く末
【番外編】「ヲタがアイドルの活動を支えられるかどうかは、現場を見ればすぐに分かる」Chu!☆Lipsとチュッパーの幸福な関係
【第13回】非武装中立地帯的なアイドル・Tomato n'Pine
【第14回】99年生まれも!! 国産アイドル・bump.yのもたらす脳内麻薬と安心感




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週