>  > 5ページ目

菊池美佳子の記事一覧(5ページ目)

一人暮らしで、自由気ままな生活を謳歌しているという人も、「GWは実家に帰省」という人は多いだろう。「恋人と海外旅行!」など、華やかな予定があるわけでもな...

続きを読む

飲み会やコンパなどの下ネタトークで、初体験や経験人数の話題と並んで、「今までに体験したうち、1番凄かったプレイは何か?」という会話が交わされることがある...

続きを読む

九州~関東地方の桜は見ごろを終え、今はもう葉桜になっている地域がほとんどだろう。そして北日本は、まさにこれからが開花という時期で、花見気分も高まっている...

続きを読む

とある精神医学者の、「思春期の男の子は自分のペニスの大きさをひどく気にしますが、女の子はスタイルを気にする。女性にとって、実は、身体全体がペニスなんです...

続きを読む

『美女と野獣』……ディズニーアニメや劇団四季のミュージカルでもお馴染みのおとぎ話である。作品自体を観たことがない人でも、『美女と野獣』という作品名は知っ...

続きを読む

世の中、科学の進歩によって、どんどん便利かつ簡単になっていく事柄のほうが多い。例えば洗濯。大昔のように川で手洗いせずとも、今はボタンひとつで洗濯機が全て...

続きを読む

アダルトビデオは、あくまでもエンターテイメントであって、セックスの教科書ではない! ということは百も承知だが、多少なりとも影響を受けてしまうのが人間とい...

続きを読む

真新しいスーツに身を包んだ新社会人を見かけると、新年度がスタートしたことを実感させられる。フレッシュな彼らにとって、4月とは、希望に溢れた楽しい時期であ...

続きを読む

親しい者同士で、「モテるでしょ?」「モテたい!」など、「モテ」についての会話が交わされることがある。「モテる」とは、言うまでもなく、異性から人気がある状...

続きを読む

男性には、「自分の遺伝子をより多く残したい」という本能があるため、「色々な女性とセックスしたい」と思ってしまうのは自然なこと、という説がある。では、色々...

続きを読む

他者から見ると「羨ましい」かもしれないが、自分自身ではコンプレックスに感じている部分がある、という人も少なくないだろう。例えば、食が細いことを悩んでいる...

続きを読む

仕事だろうと趣味だろうと、一つの物事を極めるのは、並大抵のことではない。ある一定のラインまで到達すると、人間とはいい意味で欲が出てしまう生き物である。例...

続きを読む

現代人の晩婚化について議論されることが増えつつある昨今、結婚どころか、「男女交際をしたことがない」「セックス経験がない」という若者も少なくない。もちろん...

続きを読む

男に生まれたからには、やはりペニスをフル活用してなんぼである。といっても、日に何度も小便に行くということではない。ペニスは、泌尿器としての役割だけでなく...

続きを読む

男性側の愛撫に対してほとんど反応を示さず、フェラチオもせいぜい先っちょを舐める程度、挿入に至っても体位を変えることを面倒くさがる......いわゆる「マ...

続きを読む

続きを読む

小説やエッセイといった、昔からの定番ジャンルに加えて、近年多く見かけるのが恋愛やセックスのハウツー本である。街の書店でも電子書籍でも、性愛のノウハウを説...

続きを読む

足フェチだという男性は決して少なくない。そして、胸フェチや尻フェチと同様に、人それぞれこだわりも強いようだ。例えば、ただひたすら細い美脚を好む人。一方で...

続きを読む

志半ばで物事を諦めなければならないというのは本当に口惜しいものだ。バンドマンとしてメジャーデビューを目指していたが、なかなか芽が出ず、一定の年齢を機に楽...

続きを読む

高校・大学を卒業し社会に出ると、日々の忙しさに追われて、目の前にある事案をこなすだけで精いっぱい、余暇を持つゆとりすらないという人も少なくないようだ。中...

続きを読む

「最近観た映画は?」と問われたら、貴方はなんと答えるだろうか? 『ドラゴン・タトゥーの女』や『ALWAYS三丁目の夕日'64』などの話題作を挙げる人がほ...

続きを読む

一流のナンパ師、もしくは「カノジョを切らしたことがない」という男性に、モテの極意を聞くと、みな一様に口を揃えて「トーク力!」と答える。イケメンであるとか...

続きを読む

女性誌を賑わせる、「○○したい男ランキング」......毎度話題になるのは、なんといっても「抱かれたい男ランキング」であるが、ほかにも「彼氏にしたい男」...

続きを読む

人気アイドルの母親(40代)が、10代の少年と肉体関係を持った事件に端を発してか、最近やたらと「40代女性とのセックス」への注目が集まっている。いや、人...

続きを読む

「人生を変える言葉」「人生を変える一冊」などを目にすることが多くなってきた。先行き不安なご時世だからこそ、そういった言葉や本がおのずと注目されるのだろう...

続きを読む

24歳の時、街頭でAVにスカウトされたB子(現在33歳)。ちょうど、本職へのフラストレーションが溜まっていた時期でもあったため、思いきってAVへの出演を...

続きを読む

「田舎のほうが、娯楽が少ないから初エッチが早いんでしょ?」  地方出身者なら、一度は言われたことがあるだろう。私事で恐縮だが、岩手県出身である筆者もしょ...

続きを読む

「あげまん」とは、揚げた饅頭のことではない。伊丹十三監督の映画にもあるが、セックスした相手の運気を上げる女性を「あげまん」という。折りしも、時は平成の大...

続きを読む

「コンパ=大学生がやるもの」という捉え方は、ひと昔前の話。現代人の晩婚化に伴い、近年は30代・40代の独身男女が急増しつつある。よって、アラサー・アラフ...

続きを読む

13歳で援助交際デビューし、大学進学後スナックでのアルバイトも経験するが、割に合わないと判断し、デリヘル嬢に転身したA子(現在24歳)。しかし、デリヘル...

続きを読む

多くの産業が不景気の煽りを受け、非常に厳しい状況が続くなか、不況知らずと言われているのが「性」に携わる商売だ。性産業とひとくちに言っても、個室ビデオやラ...

続きを読む

職業の多様化により、増えてきたのが「自称~」という人種の人々だ。「自称ミュージシャン」「自称漫画家」など、職業や社会的地位を、自身の独断で名乗る場合を指...

続きを読む

ヤリチン男性に、「多くの女性とセックスするコツは?」と訊ねると、「アプローチは、身の丈に合った女性に的を絞ること」「分をわきまえ、高嶺の花には声をかけな...

続きを読む

「コツさえ掴めばこっちのものだが、コツを掴むまでが難しい」という事柄はけっこう多い。料理や車の運転などもそうだし、仕事や人間関係にも同じことがいえる。そ...

続きを読む

バンジージャンプや42.195キロのフルマラソンなど、一部の人しか行なわない行動もあれば、人間なら誰しもがとる行動もある。例えば、「食べること」。ダイエ...

続きを読む

「避妊」とは、ある意味不思議な行動である。セックスとはそもそも、生殖目的で行なうもの。そう考えると、避妊とはセックス本来の目的とは全く真逆の行動というこ...

続きを読む

正月特番がひと区切りつくと、各局は一斉に連ドラのスタート合戦となる。1クール前は『家政婦のミタ』(日本テレビ系)が話題を独占する形となったが、この『家政...

続きを読む

人間は、なぜ服を着るのだろうか? 服を着ている状態が当たり前すぎて、その意味など考えたこともないという人がほとんどだろう。  人間が服を着る理由は、まず...

続きを読む

誰しも、「憧れのライフスタイル」というものがある。「起業して、高層マンションに住み、外車を乗り回したい」と思う人もいれば、「都会を離れ、田舎でのんびりセ...

続きを読む

物事にはたいてい、基本となるコースがある。例えばフランス料理。前菜・オードブル・スープと続き、魚料理・肉料理・サラダ、そしてデザートでしめるのが基本の順...

続きを読む

世の中には、似ているようで違うものが多数存在する。食べ物でいえば、「そうめん」と「冷や麦」、「焼き肉」と「バーベキュー」など。因みに、そうめんは直径1....

続きを読む

大物女優の共演で話題を呼んだ、2011年の大河ドラマ「江 姫たちの戦国」が終わり、2012年は演技派俳優・松山ケンイチ主演による「平清盛」。平治の乱に勝...

続きを読む

最近、様々なシチュエーションで「時短」という言葉を耳にするようになった。時間ではなく時短......「じたん」と読む。文字通り、いかに時間を短縮するか、...

続きを読む

「デカけりゃイイってものではない」「大きすぎると痛い」など、巨根に対する女性たちの本音が、少しずつ明らかになってきている。もちろん、巨根が好きな女性も存...

続きを読む

「オトコはサイズではない! 勃起力のほうが大切である!」という考え方が主流になりつつある現代は、デカチンでない男性にとっては非常にやりやすい世の中といえ...

続きを読む

就業形態・趣味・価値観など、色々なものが多様化する昨今、性の多様化にも目を見張るものがある。アナル責めだったり、露出などの屋外プレイだったり、アダルトグ...

続きを読む

ひと昔前と現在では「エステ」に対する感覚がずいぶん変わってきている。以前は、一部の美容意識の高い人や富裕層・芸能人など、限られた人々だけのものだった。し...

続きを読む

今年も残すところ1カ月を切った。この時期になると、「今年の10大ニュース」「今年の流行語」「今年のヒット商品」など、何かにつけて1年を振り返るのが年末の...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週