>  > 6ページ目

菊池美佳子の記事一覧(6ページ目)

オトコ同士の飲み会でも、女性を交えた合コンでも、何かと話題になるテーマのひとつに「経験人数」が挙げられる。経験人数というのは、言うまでもなく、今までセッ...

続きを読む

女性を対象にした、結婚相手への条件を尋ねたアンケートなどでは、たいていが「性格」「価値観の一致」などが上位に挙がる。しかし、声高に叫ばずとも、女性たちは...

続きを読む

女子高生のクチコミや、インターネットの掲示板などから、一般人が流行を生み出すこともあるが、ファッションにおいても文化においても、流行となるものの発信源と...

続きを読む

日本人は、血液型で人の性格を判断することが多い。当たっているか当たっていないかは別にしても、飲み会やコンパの席で、血液型の話題で盛り上がった経験はあるだ...

続きを読む

数年前に起こった「便所飯」騒動を覚えているだろうか? いくつかの大学のトイレに、「食事禁止」という貼り紙が貼られてあるという噂から、最近の若者は、トイレ...

続きを読む

私たち現代人の日常生活に欠かせないものといったら、携帯電話やインターネットと並んで、24時間営業のコンビニが挙げられる。何かと忙しい現代人にとって、コン...

続きを読む

この国はクリスマスに対して早漏すぎる感がある。先月31日にハロウィンが終わった途端、街からはカボチャが一掃され、どこもかしこもクリスマスムード一色となっ...

続きを読む

恋人同士でもセフレ間でも、男女間の人間関係というものは、何でも言い合える仲のほうが長続きするものなのだろうか? 例えば、「自分と喋っている時に、ケータイ...

続きを読む

「不倫」と聞くと、おそらくほとんどの人が、「配偶者以外の異性とセックスをすること」を思い浮かべると思う。しかし、本来の意味は、「人の道や倫理から外れた行...

続きを読む

「何故、オナニーをするのか?」、それを聞くのは野暮というもの。オナニーをする理由を問われたら、「快感を得るため」と、誰もが口を揃えてそう答えるであろう。...

続きを読む

日本全国のアラサー男子に夢と希望を与えた、大ヒット映画『モテキ』。人気漫画を元に、ドラマ化されたところからいっきに注目が高まり、映画版は、ドラマの1年後...

続きを読む

極端にセックスを愛するスキモノでなくとも、「プラトニックラブなど存在しない」と、ほとんどの人が口を揃えるであろう。プラトニックラブとは、セックスが無くて...

続きを読む

稀にではあるが、飲食店や娯楽施設などで、店員に対してずいぶんと横暴な態度をとっている客がいる。例えば、ファーストフード店にて。食べ終わったトレイを返却台...

続きを読む

現代人にとって欠かせないものの1つに「電車」が挙げられる。職場が徒歩圏内という恵まれた環境にある人はごく僅かで、都市圏に住むほとんどの人は通勤に「電車」...

続きを読む

人間の三大欲求として挙げられる、「食欲・睡眠欲・性欲」について考えてみよう。まずは、「食欲」。本来は、生命を維持し、活動し、成長をするために必要な栄養素...

続きを読む

「強いオトコになりたい!」、ほとんどの男性が、心のどこかにそういった願望を持っているであろう。強いオトコとは、果たしてどういうものなのか? 精神的な強さ...

続きを読む

ラブドールとは、主に擬似セックス目的で使用する、等身大の人形のこと。「ダッチワイフかよ」と思う人もいるかもしれないが、空気を入れて膨らませる安価なビニー...

続きを読む

「AVは、教科書ではなく、エンターテイメントである」ということは、重々わかってはいても、やはりAV内で行われているプレイを試してみたいというのがオトコの...

続きを読む

10月に入り、いよいよ本格的な秋シーズンの到来である。これからの季節は、なんといっても鍋料理! ひと昔前は、寄せ鍋もしくは水炊きくらいしかバリエーション...

続きを読む

どんなに時代が進歩しようとも、今も昔も変わらないものがある。例えば、セックス。以前は特殊プレイと見なされていた行為が一般人にも浸透してきたという例はある...

続きを読む

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉がある。ご存知の通り、親しい間柄であっても、最低限の礼節はわきまえるべき、ということわざだ。ここでは、「親しき仲」を、...

続きを読む

私たち一般人も、ドラマや映画に出るような役者のごとく演技をすることがある。例えば、会社などの公の場では、本来の自分を抑えて、「人付き合いのいい自分」「面...

続きを読む

「オッパイよりもダンゼン尻を重要視している!」「カオがイマイチでも、尻が魅力的なら勃起可能!」「体位はモチロン後背位が好き!」など、女性のボディパーツで...

続きを読む

カラオケに行くと、歌が上手い人と下手な人の差は一目瞭然である。また、男女問わず、料理に関しても、上手いか下手かというのは顕著に現れる。カラオケや料理に限...

続きを読む

「射精管理」と聞くと、おそらく大半の人がミストレス(女王様)とマゾヒスト男性のSMプレイを思い浮かべるであろう。SMプレイにおける「射精管理」とは、例え...

続きを読む

白いご飯には何らかのオカズがあった方がいいように、マスターベーションにおいても、人間は何らかのオカズを必要とする。白いご飯のオカズがトンカツだったりハン...

続きを読む

現代の日本社会は、個人の生き方が急速に多様化しつつある。「高校ないし大学を卒業したら正社員として就職し、定年まで終身雇用を全うする」という時代ではなくな...

続きを読む

女性誌の広告といったら、豊胸手術を筆頭に、シミ消しや脂肪吸引など、美容整形の類いがほとんど。では、男性誌の広告はどうだろうか? 「もう1人で悩まないで」...

続きを読む

富裕層の高級マンションに限らず、我々一般人の間にも、インターネットの普及によって、知人間での情報の共有が活性化しつつある。いま流行りのFacebookな...

続きを読む

女性をセックスに誘ったところ、いまいちノリが悪いということがある。理由を尋ねてみると、「生理中」とのこと。これを受けて、男性の反応はふたつに分かれる。「...

続きを読む

人事のプロは、応募者が面接室に入ってきた瞬間に、採用後に期待通りの働きをしてくれるか、だいたい想像できるという。時にはとんだ見当違いということもあるだろ...

続きを読む

飲み会やコンパなど、男女が酒を酌み交わす場では性的な話題が上がることも珍しくない。とは言え、「好きな体位は?」「ナマ派? ゴム派?」などの濃い内容の下ネ...

続きを読む

繁華街に軒を連ねる派手なネオンの店舗といえば、キャバクラや風俗店など、女性が男性をもてなす形態の店が圧倒的多数である。実際に街に出なくとも、インターネッ...

続きを読む

『ギブアンドテイク』という言葉がある。「何かが欲しいのなら、一方的に欲しがるのではなく、自分も相手に何かを与える努力をすべきである」という、大変ごもっと...

続きを読む

和風庭園のししおどしがカコーンと鳴る中、両親と仲人が「あとは若いふたりだけで......」と言って席を外す、という定番のお見合いを経て結納を交わし、披露...

続きを読む

嘘か真か分からないが、「富裕層は、最終的にSMに行き着く人が多い」という説がある。財布に余裕があることから、様々な遊びをひと通り経験し、やがてノーマルな...

続きを読む

大河ドラマ『江 姫たちの戦国』が、いよいよ佳境に入ってきた。放映開始当初は脚本や歴史観、キャスティングに対する否定的な声も多々聞かれたが、ヒロイン・江が...

続きを読む

男性は外で働き、女性は家で炊事洗濯......という考え方は、もはや過去の産物であるといっていいだろう。今や、男性と同じように総合職などでバリバリ仕事を...

続きを読む

7月から本格化した節電の夏に、もうぼちぼち慣れてきた頃かと思う。職場や飲食店での室温高め設定にもようやく体が順応し始め、「快適な環境とはいえないが、まぁ...

続きを読む

何かと社会情勢が不安定な昨今、『安定』という言葉のありがたみを痛感しているという人も多いだろう。倒産やリストラなどの心配がない安定した雇用形態、そこそこ...

続きを読む

男性の性的な悩み・コンプレックスで、最も多いのは"サイズの問題"だろう。公言こそせずとも、ひとり定規をペニスにあてがい、果たして自分自身のサイズはいかほ...

続きを読む

女性は、「男性がなぜギャンブルにのめりこむのか理解できない」という。男性は、「女性がなぜ占いにハマるのか分からない」という。ところがどっこい、最近は少し...

続きを読む

流行語の誕生には2パターンある。爆発的に知名度が広がるものと、じわじわと世間に浸透していくもの。七夕に結婚を発表したお笑い芸人、麒麟・田村裕の「貧婚」と...

続きを読む

形こそ違うが、"性器"は男性も女性も持っている。しかし、男性にはなくて、女性にしかない部位も存在する。そう、バストである。ということは、女性にとってバス...

続きを読む

仮に、貴方にカノジョが出来たとしよう。さて、まず何を考えるか。おそらく、大半の男性が「いつセックスに持ち込むか」「どのようにセックスに持ち込むか」など、...

続きを読む

「最近イッていないなぁ」という女性の声をちょくちょく耳にするようになった。イッていない、といってもオーガズムの話ではない。ラブホテルの話だ。だからこそ、...

続きを読む

7月に入り、今年の夏が"節電の夏"であることをひしひしと実感させられているという人も多いだろう。電力の大口需要家......いわば大手企業に対して、7~...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週