>  > 4ページ目

菊池美佳子の記事一覧(4ページ目)

15歳で、「好きでもないけど嫌いでもない」塾の数学講師と初体験を迎えて以来、数人との肉体関係を経て九州から上京したC子。探偵業を志し、そのスキルを磨くべ...

続きを読む

ひと昔前までの日本では、婚前交渉(結婚前のセックス)はタブーという認識が強かった。戦後~高度成長期以前の時代は、お見合い結婚が主流だったことが背景にある...

続きを読む

映画や小説に描かれるセックスワーカーたちは、勉強が出来ない設定が多い。賢くないけどカラダは上等……そんなイメージが根強いのだろうか。だが、実際のセックス...

続きを読む

人間30年40年生きていれば、思い出したくない記憶・なかったことにしたい記憶の1つや2つあるだろう。小学校の頃に給食が食べられず放課後まで残されたことや...

続きを読む

生理中のセックスについて、肯定派と否定派それぞれの言い分は既にご紹介させていただいている。今回は生理中ではなく、その前後のセックスについて考えてみよう。...

続きを読む

新しいことを始めるのに年齢は関係ないという。30歳・40歳を過ぎてから資格取得し、以前とは全く異なる職種に就いている人もいるだろう。しかし、そういった成...

続きを読む

現代人のヘルシー志向が加速しつつある。メタボリックシンドロームを危惧する人が増えているのであろう、野菜中心の飲食店が人気を博していたり、「甘さ控えめ」「...

続きを読む

【騎乗位・オーガズム・潮吹き】以上の3点にやたら固執する男性も多いが、実際に女性陣は求めていないということは以前ご紹介させていただいた。それ以来、「勘違...

続きを読む

ひと昔前までは、男性がオナニーをするのは精子が溜まるという身体の構造上当たり前だが、女性はオナニーしない人がほとんどである、という認識だった。というより...

続きを読む

男性誌女性誌問わず、セックスに関する意識調査の特集が組まれることがある。しかし、その集計結果は、どの雑誌も毎回ほとんど同じというのが正直なところ。「経験...

続きを読む

女性が、オナニーにおいて必ずしも膣に指を挿れるわけではない、ということは周知のとおり。むしろ、指挿れオナニーをする女性のほうが少ないくらいだ。  オトコ...

続きを読む

セックス経験の少ない女性に、「彼氏のペニスが曲がっているんだけど……」と深刻な面持ちで相談を受けたことがある。この一文を読んで、おそらくほとんどの男性は...

続きを読む

最近は、ソープランドやファッションヘルスなどの王道風俗店よりも、いわゆる「抜きなし」と呼ばれるジャンルが人気を博しているという。  「抜きなし」とは、射...

続きを読む

セックスのうまさとペニスのサイズは比例しないということは、今さら言うまでもないだろう。むしろ、ペニスが大きすぎると、女性側が痛みを感じることもある。とい...

続きを読む

人間関係を構築するうえで、男女問わず「相性」がネックになることがある。仕事でもプライベートでも、どうにもこうにも相性が合わないという人物がいるだろう。ま...

続きを読む

缶ビールがどんなに頑張っても生ビールにはかなわないように、カップラーメンがどんなに頑張ってもラーメン屋のラーメンにはかなわないように、どんなに精巧なバイ...

続きを読む

「NTR」という造語をご存知だろうか? エロゲーやアダルト系のアニメを嗜む人なら一度は耳にしたことがあるはずだ。「寝(N)取(T)られ(R)」の頭文字を...

続きを読む

パソコンの普及・浸透により、文字を書くことが少なくなったと痛感させられる。パソコンは、非常に便利なアイテムではあるが、手書きが少なくなったデメリットとし...

続きを読む

最近、「膣内射精障害」という言葉が巷を賑わせている。膣内射精障害とは、文字通り膣内で射精できない症状のこと。射精自体が出来ないわけではない。オナニーでは...

続きを読む

60年代前半までは、お見合い結婚が珍しくない時代であった。地域にもよるが、世話焼きな親類縁者が重厚な見合い写真を携えて、妙齢男女の引きあわせにひと役買っ...

続きを読む

男性で、「生まれてこのかた一度もAVを観たことがない」という人は、おそらくいないだろう。というくらい、AVは現代人の生活に密着している。もちろん、観る頻...

続きを読む

スレンダー体型や、「ハイジニーナ」と呼ばれる、エステティックサロンやブラジリアンワックス等で陰毛を処理したパイパン女性が主流となりつつある現代、こんなに...

続きを読む

男性向けのセックスハウツー本などの、クリトリスに関する記述を読んだことがあるだろうか。「クリトリスは、男性のペニスに相当する器官」「ペニスは排尿の役割も...

続きを読む

特定の恋人はいないが、セックスフレンドはいるという男女が珍しくない時代になった。セックスフレンドと聞くと、皆さんはどのような印象を受けるだろうか? 「セ...

続きを読む

女性のオナニーや、セックスの前戯に用いられるバイブレーターにも様々な種類がある。スイング式だったりピストン式だったり、変わりどころでは、ローションをポン...

続きを読む

若者のクルマ離れや、現代人の活字離れが加速するのと同じように、女性の「ブラジャー離れ」もまた、著しく加速を続けている。ファストファッションブランドから発...

続きを読む

「能ある鷹は爪を隠す」ということわざがある。鷹は狩りをする際に、獲物に知られないよう、鋭い爪を隠しておくものである。「実力や才能がある者は、それを軽々し...

続きを読む

スマートフォンやiPadの普及により、電子書籍の需要が高まりつつある。「本はやはり紙で読むもの」「インクの香りがしない電子書籍は物足りない」という声もあ...

続きを読む

しばらく続いた二股恋愛騒動が収束したかと思えば、人気アイドルグループメンバーのプライベードなセミヌード画像の流出により、話題はいっきにそちらへ移ってしま...

続きを読む

的を射たことわざを聞くと、「昔の人はよく言ったものだなぁ」と感心させられる。「女心と秋の空」「女房と畳みは新しいほうがいい」など。外国にも、「電車と女は...

続きを読む

「後戯までがセックスです」  「帰るまでが遠足です」とかけているのか、最近セックスのハウツー本でやたら目にする言葉である。遠足は、歩き遠足だろうとバス遠...

続きを読む

人生とは、悲しいかな、思いどおり・予定どおりにはいかないものだ。例えば10年前の段階で、「10年後には結婚もしていて、子どもも生まれていて、会社を辞めて...

続きを読む

女性は何故か不幸自慢をしたがる生き物だ。「うちは親が離婚しているからさ」「前の会社が倒産しちゃって給料が未払いでさ」など、確かに大変な思いをしたかもしれ...

続きを読む

「人は見た目ではない」という。容姿や体型、服装などで、相手がどういう人かを決めつけてしまうのではなく、性格や価値観で判断せよ、ということなのだろう。一方...

続きを読む

熟年層の芸能人が、歳の差婚で巷を賑わせているが、あれはあくまでも芸能人だからこそであって、我々一般人に歳の差婚が浸透するには、まだ時代が早すぎるといった...

続きを読む

6月になり本格的な夏到来を前に、汗の匂いに気を配る人も多いだろう。今夏も、昨年ほどではないにしても、節電が求められることが予想されるので、エアコン設定温...

続きを読む

「紹介」という言葉から、貴方はどのような印象を受けるだろうか? 男友達などから、「美人を紹介するよ」と言われれば、ほとんどの男性は胸躍る思いがすることだ...

続きを読む

オトコとは、挿入至上主義の生き物である。「ペニスの挿入よりも、キスやボディタッチのほうが好き」という人はごく少数派だろう。フェラチオに関しては、「実は、...

続きを読む

「性差」という言葉をご存知だろうか? オトコとオンナの、性別的な違いのことである。「オトコには股間に突起物が付いていて、オンナにはおっぱいがあって……」...

続きを読む

SMと聞くと、皆さんはどのようなイメージを持つだろうか? ひと昔前までは、ごく一部の特殊な趣味・嗜好を持つ人々だけが嗜むもの、とカテゴライズされていた。...

続きを読む

アダルトビデオや成人映画で、安定した人気を誇るジャンルの一つに、「筆おろし物」「ロストヴァージン物」が挙げられる。筆おろし作品に関しては、男性向けの「熟...

続きを読む

セックスの本来の趣旨とは、快楽を貪ることではなく、お互いの愛情を確認することであって、最終的には生殖活動に繋がる行為なのだから、愛のないセックスはNGで...

続きを読む

「本」といえば、昔は小説・エッセイが主流であったが、時代の流れと共にサブカル本や自己啓発本、ハウツー本といったジャンルも増えてきた。ハウツー本といえば、...

続きを読む

まだ5月の中旬であるが、コンビニには冷やし麺の新メニューがずらりと並び、テレビをつけても、日焼け止め・制汗スプレーのCMが、ずいぶん増えてきたように感じ...

続きを読む

飲み会やコンパにおいて、何かと話題に挙がるのが、「今まで付き合った人数」である。とはいえ、話題としては盛り上がるが、男性側も女性側も本当の人数を言わない...

続きを読む

時代が進むにつれ、世の中にはどんどん新しいものが送り出されてくるが、反対に、最近見かけなくなったものもある。例えば、公衆電話。ひと昔前までは、当たり前の...

続きを読む

日本の常識と、世界の常識が必ずしも一致するとは限らない。その代表的な事柄といったら、なんといっても食文化だろう。刺身のように、魚を生で食べる習慣に驚く外...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週