【ネットナンパ】「そ、そこも気持ちいいですぅぅぅぅ!」指2本の手マンで24歳フリーター激イキ‼

 枕元のコンドームを手に取ると、仰向けのまま装着。ゴムフェラが始まった。

 久しぶりのゴムフェラだったので、なんだか新鮮だった。だが、こちらとしてはどうしても納得できない。


こうなったら、彼女のアゴが疲れるくらい長時間舐めさせるしかないな。


 そう思い始めたころ、リリカちゃんが


「もう入れますね」


 と言いだした。

 そして、こちらの返事を待たずにフェラを止め、騎乗位で挿入してきた。


こ、この糞アマ! 何が「攻めたり攻められたりして、いろんなエッチを楽しみたいです♪」だ!!

あのフレーズは、いったい何だったんだぁぁぁぁぁぁ!!!!


 怒髪天を衝くとは、まさにこのことだ。筆者にサイヤ人の血が流れていたら、間違いなく超サイヤ人に変身しているところだ。

 こちらの怒りに気づくことなく、腰を振り始めるリリカちゃん。


えっ? 何これ?

き、気持ちいいんですけどぉ…。


 リリカちゃんのマンコは、指2本をすんなり飲み込んだように、締まりが良さそうな感じはまったくなかった。

 だが、彼女は器用に前傾姿勢を取り、リズミカルにマンコの圧をチンコに伝えてくるのだ。

 その動きは、


正常位で腰を振る男のようだった。


 そっか、こんな騎乗位ピストンもあるのか…。思わず感心してしまった。


ニュゾゾゾゾゾ!


 マン圧のかかるポイントが根元から亀頭にゆっくり移動してくる。

 再び根元まで戻る時も、同じ動きだった。

 全神経をチンコに集中させ、気持ち良さを存分に味わう。

 そして、「イクッ」と声を出すのと同時に射精した。


ふぅ。


 挿入してから30秒も経っていなかった。

 突然の射精に、リリカちゃんはびっくりした様子だった。

 しかし、賢者タイムに突入した筆者に、彼女を気遣う余裕はこれっぽっちもなかった。

 すぐにチンポを引き抜くと、リリカちゃんにシャワーを浴びるよう促した。

men's Pick Up