>   >   >  ガールズバーの店員を口説き落とし…

【元デリヘル店長の回想録】ガールズバーの店員を口説き落として風俗で働かせた話


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 夜の街には性風俗以外にも女性と楽しめるお店がたくさんあるが、その中で私はガールズバーに行くことが多い。

 キャバクラよりもリーズナブルに遊べる上に、中にはものすごく可愛い子がいたりする。

 この宝探しのような感覚が楽しくてなかなかやめられないのだ。

 今回は、行きつけのガールズバーに入店してきた可愛い新人を、風俗で働かないか口説いた時の話である。


【風俗嬢と体の関係~サエコの場合~】

 いつも休みの日に足を運ぶガールズバー。

 いつもと同じ時間に、いつもと同じ席に座る。

 いつものように一杯目は生ビールだ。

 …だが、この日はいつもと何かが違った。

 レギュラー出勤の女性の隣に、見慣れない女の子の姿があったのだ。

「はじめまして! 新人のサエコと言います!」

「あぁ、どおりで見覚えないと思った。よろしく」


 ついこの間、20歳になったばかりだという彼女。

 初対面とは思えないくらい話しやすく、キラキラ光るような可愛らしい笑顔が特徴的だった。

 身長は150cm前後で、小さくて華奢な印象。

 明るめの茶髪に、少し胸元の開いた服装。

 胸の谷間に、ついつい目がいってしまう。


「目線がおっぱいばっかりにいってますよ~」

「あら、バレちゃったか(笑)」


 楽しそうに笑いながら、カウンター越しに私の顔を両手でグイッと上にあげるサエコ。

 スキンシップの取り方が非常に上手い。

 この時、


何とかして、この子を風俗で働かせられないだろうか…


 と考えていた。

 とりあえず、彼女をアフターに誘うためにボトルを2~3本を入れて機嫌を取ることにした。

 そして、閉店時間まで残り30分をきったころ、アフターを誘ってみた。


「サエコちゃん、お店終わった後、タク代出すから1時間だけ付き合ってくれない?」

「おー! 全然いいですよ~」


 思ったよりも好印象だったのか、いい客を逃さないための営業なのかは分からないが、すんなりとOKをもらえたのはラッキーだった。

 ということで、閉店時間数分前に会計を済ませ、外で彼女を待つことにした。


『都内某ガールズバー勤務くびれ巨乳ハイテンション美女まゆみちゃん職場にお邪魔してアフターで酒飲ませ酔った勢いでAV出演交渉、そのままデビュー!』

ガールズバーって何気に美人多いよね

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週