>   >   > 

【風俗嬢・処女喪失話】道行く誰もが振り返る“美人すぎる”美容部員34歳


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

2017_0803_fuzoku_fl.jpg
※イメージ画像


 やむなき事情からか、はたまた自らの性癖によるものか、それとも割り切ったビジネスか、なんにせよ日々、男の性に向き合う風俗嬢たち。
 
 そんな彼女たちにも、“初めて男を迎え入れた時”がある。
 
 それは、普通では考えられない相手なのか、えげつない体験だったのか、それともなんのへんてつもないごくごく自然なものなのか。彼女たちがオトナになった瞬間とは…。

 
 今回取材する女性と待ち合わせし、話を聞くために駅からカフェへ移動する途中、すれ違う幾人かが振り返った。その理由が、彼女の美貌にあることは容易に想像できた。男はひきつけられ、女性は羨望の眼差しを送っていたのだ。

 カフェに到着し席に着くや、彼女に“綺麗すぎて緊張している”ことを伝える。すると、「化粧でごまかしているだけです。仕事が仕事だから…」と謙遜気味に蘭さんは笑った。

 蘭さんは現在34歳。普段は、デパートの美容部員として朝10時から夜7時まで働いている。そして休日には、渋谷発の高級デリバリーヘルスのコンパニオンとなる。ちなみにその店は、最安値でも120分で8万円からという高級店だ。


「風俗で働き始めたのは3年前です。投資に失敗して300万円の借金(苦笑)。最初はキャバクラに面接に行ったんですけど、年齢で引っ掛かって。その時に“風俗のほうが稼げるよ”って言われたんです」


 もちろん風俗の存在自体は知っていたが、多くの女性がそうであるように、蘭さんも「私には関係ないもの」と思っていたそうだ。それでも、背に腹はかえられぬ状況だったこともあり、ネットで検索して新宿のデリヘルの面接を受けた。


「お給料の良さで選んだら、そこ、JK系のデリヘルだったの(笑)。もちろん、面接さえ受けさせてくれなかった」


 そう、彼女の風俗の知識は、そのくらいだったのだ。


※本サイト「メンズサイゾー」(http://www.menscyzo.com/)に掲載されているイラスト・写真・文章の無断転載を固く禁じます。



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週