>   >   > 

“プレステージ史上最も過激なデビュー作”で話題沸騰! 結まきな、バイセクシャルでMでオタクな素顔


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

201708makina00.jpg


 清楚な顔立ちに華奢なボディと、古き良き清純派アイドルを彷彿とさせる佇まいながらも、手練れのAV男優とベテランAV女優に導かれてセックスを堪能するうちに、秘められた淫乱性が開花する…。

 8月4日にプレステージの専属女優として『新人 プレステージ専属デビュー』でAVデビューを果たした結まきな(ゆい・まきな)は、デビュー作にもかかわらず心底からAV撮影を楽しむ様を見せつける文字通りの“大型新人”だ。バイセクシャルであり、M性が強いことも平然と語る彼女だが、エロいだけではなくオタクとしての一面も合わせ持っている。

 アニメとゲームをこよなく愛する彼女はネットにも精通しており、ネットスラングを駆使したTwitterが面白いと一部で話題となり、デビュー前にして早くもフォロワー数は1万人を超えているのだ。


■結まきなTwitterはコチラ


 今までのAV女優にはない強烈な個性を放つ結まきなのインタビューは、初っ端からオタク特有のマシンガントークでスタートした。

――『新人 プレステージ専属デビュー』でいじめられていた訳じゃないけど、引きこもりだった過去を話していますが、いつ頃からそういう傾向があったんですか。

「小学校低学年の頃からインドアでしたね。気付けばアニメとゲームにハマっていました。チャリでゲーム仲間の家に行って、『マリオカート』とか『どうぶつの森』とか『ボンバーマン』をやってました」

――ゲーム仲間には男の子もいたんですか。

「そうですね。昔から少女というより少年に心が近くて、『遊戯王』とかカードゲームもやってました。『オシャレ魔女♥ラブandベリー』より『甲虫王者ムシキング』みたいな(笑)。恋愛対象とかではなく、趣味が合うから男の子と遊んでいた感じですね。そのまま成長して、家に閉じこもってプレステやって、ネトゲやって、アニメ観て」

――アニメを見るようになったきっかけは?

「自分の部屋にマイパソコンがあったので、よく観てました。最初はテレビで普通にやっていた『プリキュア』を観ていて、それからネットでみんながあんまり観ないようなアニメ、いわゆる深夜アニメを観るようになりました。胸糞が悪くなるような、ちょっと鬱になっちゃいそうなアニメが好きなんです」

――それだと話の合う女の子も少なそうですね。

「なのでオタクの女の子、腐女子としか喋らなかったです」

――引きこもった理由は何だったんですか。

「マイワールドが強かったので(笑)、中・高と引きこもってました。とはいえ、ちょくちょく学校に行って、なんとか先生の優しさで進級はできました。これでも勉強はできたので、春休みを潰すこともなく、ちょっと居残りで授業の足りない部分を埋めて、あとは課題を提出してみたいな感じで」

――上京したい気持ちは昔からあったんですか。

「ありましたね。やっぱ東京はアニメの聖地が多いので、大きい『アニメイト』とか池袋の乙女ロードに行きたかったんですよ。まあ地元にいた頃から、よく東京には遊びに来てましたけどね」

――コスプレはしなかったんですか。

「自己顕示欲が強い訳ではなくて、ちょっと弱気なオタク。なのでコスプレはしなかったです。そもそも写真を撮られるのも苦手だし。今は平気なんですけど、学生時代は人と目を合わせることもできなかったですからね」




今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週