>   > 

1万本AVウォッチャー・文月みほが迫るAV裏舞台

【AV男優という生き方】古参×ハーフ男優が語る“AV業界のリアル”とは…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

201508DAN2.jpg


 AV女優は星の数ほどデビューしていると聞くのに、なぜAV男優の顔ぶれはいつも同じなのだろう? これって多くの男性が一度は抱いたことのある疑問ではないでしょうか? しかし、18年間、4ケタに及ぶAV関係者に取材を重ねてきた私にとっては「相当な数の男優さんがいるはずなのに、なぜそう思われてしまうんだろう?」と、正反対の疑問を抱いていたりします。

 事実、ネット検索し名前が挙がってくるAV男優の数は120~30名。うちトップ男優と呼ばれている人数だけでも、約70名が存在します。しかしながら、その中でも一般的なAVユーザーが認識する人数は10名前後というのが現実。

 どの業界においても、ピラミッドの頂点に君臨できる人数は、数名程度というのは常識。しかし、「同じ男優ばかり観たくない」と、散々叩かれているAV業界においては、その悪弊をなんとか断ち切って欲しいものなのですが…。

 そこで、なぜ100名以上の男優が存在する中、限られた人だけが目立つことになってしまっているのか、その真相を探るべくふたりの男優さんから話を聞くことにしました。

 今回、お話をうかがったのは、男優歴27年を誇るベテラン・辻丸(54)と男優歴7年の業界的には若手となるカルロス(30)。(敬称略)

 彼らもまた業界の悪弊に四苦八苦しているのだという。では、早速、取材時間約3時間を要した対談をご覧ください!


──これまで私は、人気男優と呼ばれる方々を数多く取材してきましたが、今回、おふたりをお呼びした理由は、今のAV男優界を象徴している方々だと思ったからです。まずは、自己紹介をお願いします。

201508DAN3.jpg
辻丸(54)男優歴27年、代表作『ジーザス栗と栗鼠スーパースター』(V&Rプランニング)。言葉責めを得意とし現在はHMJM作品などで活躍中

辻丸:デビューは、淫乱ブーム真っ只中の1988年。元々は東京三世社のアルバイト編集部員で、SM雑誌を担当していました。まだ、団鬼六さんもご存命で、原稿を取りに行ったこともありましたね。その後、コアマガジンの編集を経てフリーライターになりまして、AV撮影の現場取材に行くようになったんですよ。で、知り合いの監督の現場に行った時に、これから来る男優がキャンセルになってどうしようってなっていたので、まぁ男の好奇心で「自分でどうですか?」と名乗り出て、始めたのがきっかけです。

──加藤鷹さんやチョコボール向井さんの先輩になるのですか?

辻丸:鷹さんはほぼ同期で、チョコボールさんは3年後輩かな。僕の場合、口コミで評判が広がっていって、いつのまにかライター業より男優業の方が忙しくなって、男優一本で仕事するようになり、現在に至ります。といっても、今は半ば定年みたいなもので、出演本数もかなり少なくなってしまいましたけどね。

カルロス:僕は、コロンビア人の母と日本人の父を持つ30歳のハーフ男優です。最初にAVに出たきっかけは、スポーツ新聞に出ていたモデル・男優募集の記事でした。その後、メーカーのホームページの男優募集に応募してぶっかけやエキストラから始めました。そこで、監督さんやスタッフさんに顔と名前を覚えって、ちょこちょこ連絡をもらうようになって今に至るって感じです。最近の若手は、ほぼそのパターンだと思いますよ。

──最初から男優一本でやっていこうと考えていた?

カルロス:いえいえ。最初はガテン系の工場の契約社員として働いていて、その合間に男優仕事をやっていました。ようやく今は男優一本になったんですけど、それでも仕事が少ないときなんかはバイトをして喰いつないでいます。まぁ、最初は誰でも仕方ないですよね。

201508DAN4.jpg
カルロス(30)男優歴7年、コロンビア人の母を持つハーフAV男優。巨根を活かしたマニアックなプレイで注目を浴びている

辻丸:バイト!? 昔は、男優なんてものは宵越しの金は持たないっていうか、将来どころか来年の事さえ考えている人も少なかったように思います。目の前の仕事を一生懸命やろうってそれだけでしたね。昔はメーカーが限られていて、20~30社しかなかったし、発売本数も少なく限度があったので、当時は男優で一山当てようとか、そういう意識はなかったように思います。そんなに儲かるなんて誰も考えてなかったっていいますか…(笑)。

カルロス:そうなんですか? 僕は、男優一本でやっていくと決めるまでは悩みましたね。仕事との両立は難しいだろうし、かといって結婚するにあたって収入は安定していなくてはいけないだろうなとか。けっこう悩みましたね。で、いろんな人に相談して男優一本に決断したんです。

──なぜ、そんなに悩んでまでやりたかったの?

カルロス:最初は興味本位で汁男優をはじめたんですけど、その時に大島丈さんや黒田悠斗さんを見ていてカッコイイな~って思ったんです。

──では、AV男優に憧れてAV男優になったと?

カルロス:そうです。

辻丸:いや~、時代は変わりましたよねぇ。昔は、将来どうしようとか、結婚どうしようなんて考えてる男優はいなかったんですけど、ははは。僕自身も、結婚したいなんて考えたこともなかったしね。どっちが女優さんだか男優なんだかわからないですね(笑)。


『「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実』


夢も希望もある

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週