>   >   > 

ラッシャーみよしの「エロ業界栄枯盛衰物語」第23回:1999年

池袋の松子と"夢の薬" ED治療薬・バイアグラ発売!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

rush20100416.jpg

 1999年3月23日、日本でバイアグラの発売が始まる。

 といっても、1年前にアメリカで発売された直後から、この"夢の薬"は大変な話題になっており、すでに個人輸入などで取り寄せて使っていた人がかなりいたようですが、ぼくらの身近では老男優たち(笑)がずいぶん恩恵にあずかっていたみたいですね。名前を出していいのかしら? 例えば、漫画家にして男優としても活躍していた平口広美さんなどとも、よくバイアグラの話をしていました。

「いやさぁ、ラッシャー、あれは効きますよ。もうビンビン」

 平口さんは漫画の仕事でも風俗レポートをしていたので、毎週どこかで射精していたわけですが、「薬に頼らないともう無理!」とまで言っていました。と言うか、普通の人はそこまでセックスしないわけですが(笑)。

 みんなの感想を総合すると、気持ちいいかどうかに関係なく、とにかくビンビンになるそうで、仕事で勃起を継続させなくてはいけない男優にはうってつけの薬だったわけです。

 でも、ぼくはといえば、放っておいてもビンビンで、勃起の持って行き場がなくて困っていたほど。薬なんて必要ない......と思っていたわけですが、なんと「バイアグラを飲んでセックスをしなさい!」という仕事が、ある雑誌社から舞い込んできてしまいました。

 さあ、これはどうしましょ。手っ取り早いのはテレクラね。2001年にテレクラの規制は劇的に強化されましたが、99年当時はまだまだ有効な出会いツールでした。

 というわけで池袋の某テレクラに入り、(バイアグラを飲んで)電話をつなげてくれるのを待っていたわけですが、やがて時間は深夜となり、終電もなくなり、どうでもいいムダ話女との会話に飽き飽きしていた頃、1本の電話が。

「今、会える? 2でいいけど」

 なんだ援交かい。「2」って2万円のことね。この時間帯に「すぐに会える?」と聞いてくる女はたいていロクでもないです。帰る家がない日払いバイトのビンボー女が多く、見た目もおデブのドブスさんばかり。相手にしたくなかったのですが、少しだけ話をしてみると、彼女、ミュージシャンでスキンヘッドなんだって。ん? 前にもこんなことなかったか?(1986年の項参照

 で、会ってみたら、ヤッタァ! 大当たり! しかも、今回の方が大物だぞ。

 待ち合わせ場所にやってきたその女は、スキンヘッド? 確かに、女の髪は短いが、これはスキンヘッドと言うのではなくて、坊主頭とか3部刈りとか言うんでないけ?

 しかも、大きな紙袋をいくつも持って、ジャンパースカートにスニーカーをはいた30歳過ぎのデブ......。要するに、映画『嫌われ松子の一生』の最後のシーンに出てくる、あの松子さんそのもの。

 そんな彼女はぼくを見て、ニーッと笑い、腕をからませてきます。でも......

 前歯がない!(前のは、まがりなりにも3本あったぞ)

 しかし、バイアグラ恐るべしですねぇ。そのままラブホテルに行って、3発しましたよ!

 腰が抜けるほどハメてもらった松子は、すっかりぼくを恋人扱い。ラブラブ・オーラをプンプン出して、帰り道までつきまといます。歯のない口を開けて、ニーニー笑います。

「私ね、松任谷由実さんにグランドピアノをプレゼントされたの。すごい?」

 怖いよぉ! タクシーに叩き込んで、走って帰りましたが、でも、よくできたものだと感心しましたね。ビンビンに勃起するんですもの。バイアグラとの因果関係を証明するものはありませんが、薬効果だと思いたい。でないと、ぼくってすごい変態ってことになっちゃう(笑)。

◆ラッシャーみよし
1956年生まれ。在学中よりライターとして活躍。1989年AV監督デビューした後、フェチやマニア系と呼ばれるアングラな性ジャンルをメディアに紹介し続けている。新作『雌女 anthology #080 RUMIKA』がアウダースジャパンより発売中。

・ラッシャーみよしの「エロ業界栄枯盛衰物語」バックナンバー
【第1回】 ノーパン喫茶(1978年)
【第2回】 エロ・パンデミック前夜(1979年)
【第3回】 ビニ本全盛期、B5判64ページのロマン!(1980年)
【第4回】 激情のエロス、ストリップ劇場(1981年)
【第5回】 ハッスル、ハッスル! ピンサロ・マニアへの道(1982年)
【第6回】 ビニ本、裏本、裏ビデオの女王、田口ゆかり!初期裏ビデオ・ブームの到来(1983年)
【第7回】 ニッコリ笑顔でポロリ 風俗業界に射した光(1983年その2)
【第8回】 AV革命! 本番OK・女優売りビデオの登場
【第9回】 「ハッピャクエン!」出会いの花形舞台、テレクラ・ブーム
【第10回】 新風営法施行! ネオンが消えた歌舞伎町
【第11回】 風俗業界震撼! エイズ・パニック
【第12回】 「イグーッ、イグーッ!」 花ざかりの淫乱女優たち
【第13回】 「ろく・ビョウ・じゅう・エン!」 ダイヤルQ2の大流行
【第14回】 「BUKKAKE and Gokkun!!」 記念すべきザーメン文化の発祥
【第15回】 女による女のためのハダカの遊園地 ジュリアナ東京
【第16回】 女子校生と大人の中継基地 ブルセラ・ショップ
【第17回】 ここはパタヤ? ロサンゼルス? 新大久保立ちんぼ天国!
【第18回】 ワイセツ? ゲージュツ? ヘアヌード解禁!
【第19回】 未成年専門!? 女子中高生デートクラブ
【第20回】 事実は小説よりエロなり! 伝言ダイヤルの「武蔵野夫人」
【第21回】 破廉恥姿を見せ合う淫靡な世界 カップル喫茶
【第22回】 環六に現れた金髪ボディコン集団! スモーキーガール



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週