>   > 

ラッシャーみよしの「エロ業界栄枯盛衰物語」第18回:

ワイセツ? ゲージュツ? ヘアヌード解禁!(1994年)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

rash1202.jpg
『Santa Fe』宮沢りえ(1991年11月/撮影:篠山紀信/朝日出版社刊)

 篠山紀信さんの写真集『20XX TOKYO』(朝日出版社)が公然わいせつ罪で摘発されたのを受け、加納典明さんが「紀信さん、これは戦った方がいいよ!」みたいなことをテレビでおっしゃっていたのを見て、いやいや、思い出しました。典明さんが「ワイセツ、ワイセツ」で世間を騒がせていたのが1994年とか95年頃。15年前の事件でしたが、公然わいせつやわいせつ物頒布が話題になると必ず典明さんが登場するところがおもしろいですね。

「他に誰かいないのか!」と、思ったわけですが、これはつまるところ、メディアがその後なしくずし的に陰毛だらけになり、結果として典明さん以降はもはや重大な犯罪ではなくなったため、彼が最後の「大物」になったわけです。

 典明さんが逮捕されたのは、94年に発売された『きクゼ!』(竹書房)がきっかけでしたが、ヘアヌードの歴史を簡単に見ておくと、こんな感じでしょうか。

樋口可南子『water fruit』(1991年2月/篠山紀信撮影/朝日出版社)
宮沢りえ『Santa Fe』(1991年11月/篠山紀信撮影/朝日出版社)
島田陽子『KirRoyal』(1992年/遠藤正撮影/竹書房)
石田えり『罪 immorale』(1993年3月/ヘルムート・ニュートン撮影/講談社)
川島なお美『WOMAN』(1993年7月/渡辺達生撮影/ワニブックス)
高岡早紀 『one,two,three』(1995年1月/篠山紀信撮影/ぶんか社)
藤田朋子『遠野小説』(1996年3月/荒木経惟撮影/風雅書房)

『きクゼ!』はその前年から月刊で発行されていた『月刊ザ・テンメイ』(竹書房)をまとめたものだったわけですが、警察はこれを「ワイセツ」と判断。いわゆる「ゲージュツ」とは一線を画するものとして摘発に踏み切ったわけですね。要するに、「これはエロ写真集でしょ!」と、警察は言ったわけです。

 いやはや、こんなやりとりを見ながら我々エロ本側の人間は、「同じハダカと言いながら、なんとも遠い世界の話やなぁ......」と非常に他人事でした。世間の人たちは「公然わいせつ問題はエロ本業界の人こそ一番の当事者で、これらの問題に無関心でいられるはずがない!」と思ったに違いありませんが、エロ本屋がこんなところに口を挟んだら、たちまち発禁。しかも、世間の衆目を集めることもなく、密かに殺処分です!

「お前らはヘルムート先生や篠山先生とは違うんだから、おとなしくしてろよ」
「エロ本には陰毛1本出させないからな」

 という暗黙の眼差しに「ヘヘーッ!」と土下座しつつ、1本の陰毛の消し残しに細心の注意を払い、しかし、怖い人がちょっと横を向いた隙にすかさず陰毛を出し、時々は「み」まで見せちゃったりして、またコソコソと隠れるのがエロ本屋。はいはい、ぼくらは世間の日陰者でございますよ。

 メジャーであればお咎めがなく、マイナーであれば犯罪者......というのもおかしな話ですが、ヘアヌードがあんなに話題になっていたにもかかわらず、エロ最前線にいたアダルト雑誌は相変わらず厳しい規制の中に置かれていたということは、意外な歴史的事実として覚えておいてもよいかと思います。

 そしてこの5年後、ぼくの事務所もわいせつ図画販売の疑いで10人の刑事に踏み込まれます。

 その時ぼくの人身御供となり、留置所に21日間拘留されたのがM君。特技は「ドラえもんの物真似」だった彼は、毎日の食事にドラえもんのふりかけが出される拘留生活から戻ってきてからは、一切物真似をしなくなってしまいました。

 ん? 何したって?

 ちょっと見せすぎちゃいました(笑)。

『Santa Fe』宮沢りえ/撮影:篠山紀信/朝日出版社刊

何故だか急に見たくなるよね


amazon_associate_logo.jpg

◆ラッシャーみよし
1956年生まれ。在学中よりライターとして活躍。1989年AV監督デビューした後、フェチやマニア系と呼ばれるアングラな性ジャンルをメディアに紹介し続けている。新作『熟雌女 anthology #051 桐原あずさ』がアウダースジャパンより発売中。

・ラッシャーみよしの「エロ業界栄枯盛衰物語」バックナンバー
【第1回】 ノーパン喫茶(1978年)
【第2回】 エロ・パンデミック前夜(1979年)
【第3回】 ビニ本全盛期、B5判64ページのロマン!(1980年)
【第4回】 激情のエロス、ストリップ劇場(1981年)
【第5回】 ハッスル、ハッスル! ピンサロ・マニアへの道(1982年)
【第6回】 ビニ本、裏本、裏ビデオの女王、田口ゆかり!初期裏ビデオ・ブームの到来(1983年)
【第7回】 ニッコリ笑顔でポロリ 風俗業界に射した光(1983年その2)
【第8回】 AV革命! 本番OK・女優売りビデオの登場
【第9回】 「ハッピャクエン!」出会いの花形舞台、テレクラ・ブーム
【第10回】 新風営法施行! ネオンが消えた歌舞伎町
【第11回】 風俗業界震撼! エイズ・パニック
【第12回】 「イグーッ、イグーッ!」 花ざかりの淫乱女優たち
【第13回】 「ろく・ビョウ・じゅう・エン!」 ダイヤルQ2の大流行
【第14回】 「BUKKAKE and Gokkun!!」 記念すべきザーメン文化の発祥
【第15回】 女による女のためのハダカの遊園地 ジュリアナ東京
【第16回】 女子校生と大人の中継基地 ブルセラ・ショップ
【第17回】 ここはパタヤ? ロサンゼルス? 新大久保立ちんぼ天国!




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週