>   > 

ラッシャーみよしの「エロ業界栄枯盛衰物語」第15回:1991年

女による女のためのハダカの遊園地 ジュリアナ東京


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RASH1501.jpg
1991年当時のジュリアナ東京

 1991年といえば、あれよ、あれ。ジュリアナTOKYO! バブル終焉期、女たちが断末魔のアホ踊りのように半裸で踊り狂ったジュリアナ東京ですね。お立ち台(高さ1.2メートル、どうでもいいけど)の上でパンツ丸出しのボディコン姿、手にはジュリ扇と呼ばれた原色の扇子を持って、腰をクネクネ、クネクネ。「これは何なんだ!?」と社会現象になりました。

 あの頃、テレビをつければ必ずジュリアナの映像が流れていました。深夜番組はもとより、奥様向けのワイドショーからニュース番組まで。

 たまたまこの時期、ぼくはTBSの「スーパーワイド」という奥様番組のレポーターをしていたので、ジュリアナには何度か取材に行きました。そこは、見上げればパンツの山、見渡せばフトモモの林。

 と、ここでハアハアと興奮すべきなんでしょうが、なぜか様子が違う。フトモモを見ても、パンツを見ても、お尻を見ても、全然スケベじゃないんです。理由は明快、そこは風呂場の脱衣場みたいなものなんです。女子が大勢集まってワイワイ騒ぎながら、ハダカでふざけあっているような......。

 つまりここには、男性の目を意識するメンタリティーがまったくなかったわけですね。確かに、「ボディコン」と呼ばれた特殊なスタイルは、本来その言葉が持っていた女性らしい大人のファッションの意味からどんどん逸脱して、エナメルのペラペラ素材になり、体の線が下品なくらいに露出され、丈もお尻がやっと隠れるような短さにまでエスカレート。風俗店の制服みたいになっていたわけですが、そんなあられもない姿だって、男を意識していなければただの風呂場の姉ちゃんでございます。

RASH1502.jpg
当時一世を風靡した荒木師匠こと荒木久美子氏
(2009年9月6日、ジュリアナ東京復活の際に撮影されたもの)

 当時のインタビューで女の人たちが答えてくれた言葉が思い出されます。

「ボディコンは戦闘服みたいなものなんですよ。これ着て、よしっ、いざお立ち台へ! って」
「露出って気持ちいいからどんどん過激になるんだけど、男の目を意識したことはないなぁ。女の子同士で張り合うみたいな......」

 そう、ジュリアナは「女による女のためのハダカの遊園地」だったわけです。だから、男がお立ち台の下でスケベそうな顔して立っていてもお構いなしだったわけですね。この場合、男は単なる石みたいなものです......。

 この時つくづく、「エロというものは男と女、女と男の互いの視線の中に発生する相対的なものなのだ」と思ったわけですが、後日ぼくは素晴らしい光景を見ることになりました。

 ジュリアナ東京の最寄り駅はJR田町駅なんですが、そこから何分くらい歩くのかな? 忘れてしまったけれど、駅から店までみんなでゾロゾロ歩いていくわけです。ボディコンで(笑)。駅から店までは普通の道ですから、これってアホみたいな姿なわけですよ。そして、この行列の時だけはなんとなく恥ずかしそうで、そして男の視線を避けるようなところがあって、それがとてもヤラしかった。

 店内に入ってしまったらそこは別世界、女の特殊銭湯。しかし、行き来の道中は日常の延長です。

 スカートのすそを気にして歩くボディコン女性たちの顔は、さっきまでオフィスでコピーをとっていたOLさんのまま。家に帰って、思い出して、オナニーしたものです。

 そして94年、ジュリアナ東京は閉店。世の中はとうに不景気真っ直中を漂っていました。そもそも田町から徒歩......というところも、すでにひとつの時代が終焉していたんでしょうかね。誤解なきように言っておくと、バブルを象徴したのはジュリアナ東京ではなくて、マハラジャの方ね。


『ボディコン・コップ』ポニーキャニオン


いや、なに、コレ、面白そう♪

amazon_associate_logo.jpg

◆ラッシャーみよし
1956年生まれ。在学中よりライターとして活躍。1989年AV監督デビューした後、フェチやマニア系と呼ばれるアングラな性ジャンルをメディアに紹介し続けている。新作『雌女 anthology #074 佐伯奈々』がアウダースジャパンより発売中。

・ラッシャーみよしの「エロ業界栄枯盛衰物語」バックナンバー
【第1回】 ノーパン喫茶(1978年)
【第2回】 エロ・パンデミック前夜(1979年)
【第3回】 ビニ本全盛期、B5判64ページのロマン!(1980年)
【第4回】 激情のエロス、ストリップ劇場(1981年)
【第5回】 ハッスル、ハッスル! ピンサロ・マニアへの道(1982年)
【第6回】 ビニ本、裏本、裏ビデオの女王、田口ゆかり! 初期裏ビデオ・ブームの到来(1983年)
【第7回】 ニッコリ笑顔でポロリ 風俗業界に射した光(1983年その2)
【第8回】 AV革命! 本番OK・女優売りビデオの登場
【第9回】 「ハッピャクエン!」出会いの花形舞台、テレクラ・ブーム
【第10回】 新風営法施行! ネオンが消えた歌舞伎町
【第11回】 風俗業界震撼! エイズ・パニック
【第12回】 「イグーッ、イグーッ!」 花ざかりの淫乱女優たち
【第13回】 「ろく・ビョウ・じゅう・エン!」 ダイヤルQ2の大流行
【第14回】 「BUKKAKE and Gokkun!!」 記念すべきザーメン文化の発祥




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週