>   >   > 

ラッシャーみよしの「エロ業界栄枯盛衰物語」第14回:1990年

「BUKKAKE and Gokkun!!」 記念すべきザーメン文化の発祥


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

itsukimariko.jpg
1989年にデビューした樹まり子。瞬く間に超人気AV女優に!

 さて、1990年にぼくは何をしていたのかなあ...。確か前年にAV監督デビューしたのですが、AVを撮りたくて、メーカーの人たちと会うたびに「監督をやらせてください、ワンワンッ!」と熱心に営業をしていました。しかし、未経験のためにいつも門前払い。

「ラッシャーさんがスケベなのは認めるけど、それだけで監督はできないからねぇ......」と言われて、あとは世間話になってしまうのが常だったわけです。

 ところがそんなある日、ぼくに監督をやらせてくれるという奇特な人が現れました。それは、シークレットという小さなメーカーのプロデューサー、芳賀栄太郎さん。

 会話はいつものように、「う~ん、ラッシャーさん、監督したことないんでしょ? 無理でしょ」で始まったのですが......。

「タダでもいいですから!」(ぼく)

「なに、タダ? わかりました、すぐにお願いしましょう」(芳賀さん)

 タダが大好きな芳賀プロデューサーのおかけでぼくは晴れてAV監督となりました。すぐに同メーカーからザーメン物を出し始め、それが後に一つの大きなジャンルとなったわけですから、彼は日本のザーメン文化における影の功労者。スペルマ界のメディチ家だったと言えるわけですね。

 そして、90年。撮るAV、撮るAV、ザーメン物でした。今でこそザーメン物というのはAVの主力ジャンルの一つで、ファンの人にとっても当たり前のように受け止められていますが、当時の業界での反応は今と全く違いました。

 まず基本的に、「なにそれ?」ですね。雑誌でのエピソードになりますが、「ザーメン物をやりたい」といくつかの出版社に打ち合わせに行ったところ、こんなことを言われました。

「ザーメンって...。あなた、そんなものホモの人しか見ないでしょ」

 ぼくは口をすっぱくして説明します。

「だからぁ、ザーメンそのものがエロいという本じゃなくて、ザーメンのかかった女の人がエロいなあ......という企画なんですってば!」

「でも、ザーメンの写真がいっぱいでしょ。おおっ、気持ち悪い!」

「だからぁ!」

 AVでも似たような状況でした。何よりも大変だったのが、女優さんの事務所への電話。

「えっと、内容は顔射なんですけど」

「そんなのできる子うちにはいないよ」

「できればゴックンとか...」

「はあっ? そんな変態いるわけないだろ!」

 しかし、いくつかのメーカーがザーメン物を出し始め、マニアの間で人気を呼び始めます。そしてついに、90年に一本のAVが登場したのです。

 安達かおる監督による『ジーザス栗と栗鼠スーパースタースペシャル2 樹まり子』(V&Rプランニング)。

pakemariko.jpg
『ジーザス栗と栗鼠スーパースタースペシャル2 樹まり子』(V&Rプランニング)

 10数人の男優のチンチンを、女優が次から次におフェラして抜き続け、顔中を精子でドロドロにしてヘロヘロになるというハードな内容でした。シリーズとしては『ジーザス栗と栗鼠スーパースター 後藤沙貴』から『ジーザス栗と栗鼠スーパースタースペシャル1 山本なつき』まですでに4タイトルが発売されていましたが、当代一の人気女優に、当時の感覚では「とてつもなくハード」なことをさせたということで拍手喝采。シリーズの人気を定着させる作品となりました。

 以降ザーメン物は次第に世間で認知されるようになり、セルビデオの時代になると「ぶっかけ」物が大流行。ブームは海外にも飛び火し、「BUKKAKE」という英単語までできてしまったのは周知の通り。

 ザーメンまみれの90年でした。

◆ラッシャーみよし
1956年生まれ。在学中よりライターとして活躍。1989年AV監督デビューした後、フェチやマニア系と呼ばれるアングラな性ジャンルをメディアに紹介し続けている。新作『熟雌女 anthology #049 加山なつこ』がアウダースジャパンより発売中。

・ラッシャーみよしの「エロ業界栄枯盛衰物語」バックナンバー
【第1回】 ノーパン喫茶(1978年)
【第2回】 エロ・パンデミック前夜(1979年)
【第3回】 ビニ本全盛期、B5判64ページのロマン!(1980年)
【第4回】 激情のエロス、ストリップ劇場(1981年)
【第5回】 ハッスル、ハッスル! ピンサロ・マニアへの道(1982年)
【第6回】 ビニ本、裏本、裏ビデオの女王、田口ゆかり! 初期裏ビデオ・ブームの到来(1983年)
【第7回】 ニッコリ笑顔でポロリ 風俗業界に射した光(1983年その2)
【第8回】 AV革命! 本番OK・女優売りビデオの登場
【第9回】 「ハッピャクエン!」出会いの花形舞台、テレクラ・ブーム
【第10回】 新風営法施行! ネオンが消えた歌舞伎町
【第11回】 風俗業界震撼! エイズ・パニック
【第12回】 「イグーッ、イグーッ!」 花ざかりの淫乱女優たち
【第13回】 「ろく・ビョウ・じゅう・エン!」 ダイヤルQ2の大流行




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週