>   >   > 

ラッシャーみよしの「エロ業界栄枯盛衰物語」第13回:1989年

「ろく・ビョウ・じゅう・エン!」 ダイヤルQ2の大流行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

daiyal_t.jpg
こずかい欲しさに電話をかける女子高生が後を絶たなかった

 みんなもやったかい? イエーッ! というわけで、1989年はあの......「ダイヤルQ2」が誕生した年。といっても、システムを始めたNTT(当時)としては、あのようにエッチな方向に独り歩きするとは夢にも思わなかったでしょうが、とにかく我々にとっては、Q2といえばこれだったわけですねえ......。

プルルルル。ガチャッ。

「なんとかかんとか(企業名)のツーショット・ダイヤルへようこそ!」
(妙な間)

daiyal_01.jpg
爆発的な利用拡大に伴い、援助交際目的の利用が次第に
増えていった

「このプログラムはなんとかかんとか(企業名)が提供しています。このサービスは」
(妙な間)

「ろく」
(妙な間)

「ビョウ」
(妙な間)

「じゅう」
(妙な間)

「エン」
(妙な間)

「の、料金がかかります」
ツーッツーッ。

 えっと、文章じゃわかりにくいので補足しますが、普通にアナウンスすれば「6秒につき10円」の意味ね(笑)。

 そして、このツーッツーッの後にさらにガイドがあって、やっと女の子の声が聞こえてきくるわけです。

「もしもし、年いくつ?」

「今、家でヒマしてるんだぁ......」

 いやはや、エロ世界の貪欲さにはおそるべきものがあります。すぐに目をつける業者もそうですが、そこに大挙して集まり、セックス、金、セックスとダイヤルしまくった一般人たちもそう。元々NHK(当時)がダイヤルQ2に想定していたのは、競馬情報やニュース番組や商品情報みたいな一般のサービスだったんですよ。それがね......。

 でも、エロは何よりも強し! ビデオ・デッキの普及は裏ビデオのおかげだし、中年がパソコンを使いこなす、特に検索機能の使い手なのは、ひとえにエロ・サイトにアクセスしたいという執着心から。というわけで、アッという間にダイヤルQ2はエロ業者だらけになっていったのでありました。

daiyal_02.jpg
当時、公衆電話に貼られていた、ダイヤルQ2の
広告シール

 とはいえ初期のダイヤルQ2の内容は、電話を利用するという性格がエロ雑誌に載っていたテレフォン・セックスの広告を想像させたのか、アノ時の音声や会話を聞かせるという、大人のオモチャ屋に置いてあった「エロ・テープ」に毛の生えたようなものでした。

 しかし、それはあっという間に援交の場へと変わっていきます。ツーショット・ダイヤルの大流行ですね。冒頭で書いた、「じゅう(間)エン(間)の、料金がかかります」というやつ。

 女性誌やレディコミ、あるいはポケット・ティッシュの広告を経由して、女子校生から主婦まで様々な女の人がダイヤルQ2にかけてきました。もちろんサクラもいっぱいいましたが、あんまり気にならなかったなぁ。「サクラも一般人の女の子だから」と、プラス思考に考えていた客も多かったようです。

 ぼくも、「サクラ、いただきま~す!」という経験が何度かありました。

 すでにこの頃は結婚して一児の父でもありましたから、さすがに家ではできなかったけれど、会社からかけまくってお誘いしていました。ダイヤルQ2でバイトしている女の子って、そもそもこういう世界に抵抗がないわけですから、「誘われればOK」率が高かったような気がします。またサクラの子には「芝居やってます」とか「音楽やってます」みたいな貧乏アーティストが多かったので、こちらがマスコミ業界(エロ雑誌)なのをとことん利用して誘い出し、ハメる! ハメる! ハメる!

 うそです(笑)。立場を姑息に利用はしましたが、そんなにワイルドじゃありませんでした。ゴメンナサイ。しかし、友達で何十万円もの請求書が来て泣いていたバカなやつがいましたが、何考えていたんでしょうね。

「なんじゅう」
(妙な間)

「万円!」

 その後1992年には、ツーショット業者は事実上ダイヤルQ2から締め出されてしまったようです。


電話応対のルールとマナー


顔が見えないからこそ。

amazon_associate_logo.jpg


◆ラッシャーみよし
1956年生まれ。在学中よりライターとして活躍。1989年AV監督デビューした後、フェチやマニア系と呼ばれるアングラな性ジャンルをメディアに紹介し続けている。新作『熟雌女 anthology #049 加山なつこ』がアウダースジャパンより発売中。


・バックナンバー
【第1回】 ノーパン喫茶(1978年)
【第2回】 エロ・パンデミック前夜(1979年)
【第3回】 ビニ本全盛期、B5判64ページのロマン!(1980年)
【第4回】 激情のエロス、ストリップ劇場(1981年)
【第5回】 ハッスル、ハッスル! ピンサロ・マニアへの道(1982年)
【第6回】 ビニ本、裏本、裏ビデオの女王、田口ゆかり! 初期裏ビデオ・ブームの到来(1983年)
【第7回】 ニッコリ笑顔でポロリ 風俗業界に射した光(1983年その2)
【第8回】 AV革命! 本番OK・女優売りビデオの登場
【第9回】 「ハッピャクエン!」出会いの花形舞台、テレクラ・ブーム
【第10回】 新風営法施行! ネオンが消えた歌舞伎町
【第11回】 風俗業界震撼! エイズ・パニック
【第12回】 「イグーッ、イグーッ!」 花ざかりの淫乱女優たち




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週