> 

ブッ飛び素人モデルFileの記事一覧

今回のお話は、たまたまデリヘルで遊んだことに端を発して発展した珍しいハメ撮り体験談。「フリーでお願いします」とギャル系のデリに電話してラブホで待っていると、現れたのはミニスカートがよく似合う20歳の可愛らしい女子。仮に”かなチャン“としましょう。


最近、ライター仕事をする中で「ポルノ映画館」について調べることがあったんですが…。全盛期は日本全国に1000館以上もあったそうなんですね。それが今では4...

続きを読む

6、7年前の話になるでしょうか。その日、女性向けの高額求人情報誌に掲載していたモデル募集広告を見て編集部にやってきたのは、トレーナーにGパン姿というアラ...

続きを読む

エロ本編集部で働いていたとき、やっぱり一般の会社とは違うよなぁ、と思う瞬間は電話。AVメーカーの女性広報さんからの電話では、「7月に”元・読モ妻の淫らな...

続きを読む

今も昔もオヤジ族のオアシスと言えば近所のスナック。なんやかやと1、2万円が飛んでいくキャバクラと違って、3〜5千円でハウスボトル飲み放題ってな明朗会計の...

続きを読む

AV女優にしても風俗嬢にしても、けっこ〜いい加減なのがスリーサイズ。特にデリヘルは何度ヒドい目に遭ったことか(笑)。ホームページのプロフィールにはW59...

続きを読む

エロ本編集部には、フリーランスのカメラマン、ライター、デザイナーなどからの売り込み電話がたまかかってくるんですが…。

続きを読む

コンビニ系のエロ本の表紙に踊る「生中出し」の文字。いつからでしょうか、表紙に生中出しの文字があるとないとで、実売数に差が出るようになったんですよね。もち...

続きを読む

少し古いデータですが、2013年に某コンドームメーカーが発表した「日本のセックス事情」的な調査結果によると、日本人女性の処女喪失年齢は、

続きを読む

AV業界で「寝取られ系」という言葉が定着したのは、ここ10年くらいだと思われますが…。古くは、他人に女房を「寝取られる」ことで夫が抱くのは怒り、嫉妬とい...

続きを読む

AVや官能小説では定番中の定番である“近●相姦”。でも、実際の母と息子、父と娘が肉体関係に陥るなんて、余程のことがない限りあり得ないじゃないですか。

続きを読む

編集部では女性向けの高額求人情報誌に「雑誌モデル募集」の広告を出して素人女性を集めていたんですが、そこに電話をかけてくる女性はいくつかのパターンに分けら...

続きを読む

「高齢化社会」から「高齢社会」を経て「超高齢化社会」に突入し、「人生100年時代」なんてことが言われる現代の日本。ちなみに、65歳以上の人口の割合が21...

続きを読む

昔は「借金のカタにソープに沈められる」なんてことが言われておりました。雑誌業界でも昭和の時代は、首が回らなくなってどうしようもなくなった女性が裏本に出演...

続きを読む

昔から「母は強し」なんてことを言いますが、母親じゃなくても、女ってのは強いものなんですよねぇ。逞しいというか、心臓に剛毛が生えてるというか。 特に、風俗...

続きを読む

「玄人はだし」という言葉があります。これは「玄人がはだしで逃げ出すほどの知識や技術を持った素人」という意味合いで使う言葉。簡単に言えば、「プロ顔負けの素...

続きを読む

つい先日、テレビを観ていたらこんなニュースが目に飛び込んできました。 「千葉県教育委員会は、市立中学の男子生徒にキスをしたなどとして、担任の女性教諭(4...

続きを読む

つい先日、1年前に結婚し、婿養子に入った甥っ子から「叔父さん、うちの奥さんが妊娠しまして。ついに僕も父親です」という報告を受けたんです。  そのときに思...

続きを読む

エロ本編集部というと、むさ苦しい中年男がタバコをモクモクさせながら仕事をしている場所なんてイメージがありますが、実は、エロ本周りで働く女性って少なくない...

続きを読む

本コラムでは、主に「モデル募集」に応募してきた素人女性とのハメ撮りエピソードをご紹介していますが…。  ハメ撮りばかりが仕事ではありません。エロ本編集者...

続きを読む

「祖父母と両親、3世代の大家族で暮らしています」なんて家が多く、“家族の絆”が大事にされていたのも今は昔。時代とともに核家族化が進み、夫と妻と子ども、も...

続きを読む

ごく最近のこと。初めて取材させてもらってから10年来の付き合いになる某デリヘルのオーナーに誘われて、久々に飲みに行くことになったんです。 「最近どう?」...

続きを読む

男女ともに、加齢によるホルモンバランスの変化でおこる「更年期」というのはつらいもの。特に女性にとっての「更年期」は、これはもう、憂鬱そのもののようで…。

続きを読む

1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(48歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退まで...

続きを読む

この記事をお読みいただいている皆さま、突然ですが、オナニーに対するこだわりってありますか?  今回は、自らエロ本モデルに志願してきた主婦の話なんですが、...

続きを読む

かれこれ15年近く前の話になるでしょうか。ベッドの上でM字開脚し、アソコをぐちょぐちょに濡らしながらオナニーしているのは、素人女性の“あやめ”。

続きを読む

今でこそ「ぽっちゃり女子」とか「マシュマロ女子」なんて言われて、男性の頭の中からも「デブ=醜い」という意識が薄れつつあるようですが…。  僕がマニア誌編...

続きを読む

読者の皆さんは、カラオケボックスで女とイチャイチャした経験、おありでしょうかね? 扉に鍵こそないものの、密室といえば密室のカラオケボックス。付き合い始め...

続きを読む

「もう半年以上セックスしてないんですよ。夜勤があるから仕事のシフトもバラバラで、とにかく出会いがないんです。性欲処理ですか…正直、オナニーばっかり(笑)...

続きを読む

当時、僕が働いていたマニア誌出版社では、AV女優が在籍しているモデルプロダクションを一切使わず、女性向けの高額求人情報誌や新聞の三行広告にモデル募集の求...

続きを読む

1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(48歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退まで...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週