禁断の母子相姦/43歳・主婦の告白

春子の告白(取材・文/川田拓也)

禁断の母子相姦/43歳・主婦の告白の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

【告白者プロフィール】
春子(43歳・主婦)/埼玉県在住。T161・B85・W65・H88(cm)。職場の同僚だった夫とは23歳のとき、交際1年でデキちゃった結婚。幸せな生活が待っているかと思いきや。夫とはいつのころからかすれ違いで不仲になり、息子は学校でいじめられて引きこもりになり、そしてついに……。息子を思うあまり、母親は禁断の扉を開けた!

※ ※ ※

 私の名前は木下春子。43歳で結婚20年目になる主婦です。

 私には、ご近所どころか夫にも絶対に知られてはいけない秘密があります。それは、19歳になるひとり息子に関することなのですが……。

 息子の裕太は中学1年生に進学したころからイジメにあうようになり、中学はなんとか卒業したのですが高校には進学できず……それからずっと、家に引きこもるようになってしまったんです。

 夫はそんな息子に向き合おうとはせず、

 

「子育てはお前の仕事だろ、俺も忙しいんだよ」

 

 私にばかり押し付け、裕太の顔を見ようともしない日々が何年も続いていました。

 そして……。

 

「ババァ、うるせーんだよ」

 

 本人も不安なのだと思います。

 その不安を晴らすように、私に暴言を吐く裕太。いえ、私にしか暴言を吐けない裕太。そんな息子を受け止めてあげられるのは自分だけ……。

 

(裕太は本当は優しいコ。お母さん、分かっているから)

 

 そう思って暴言に耐える日々でした。

 

 そんなある日のことです……。

 その夜は裕太の部屋がやけに静かで、心配になった私は部屋をノックして声をかけました。

 

「裕太、大丈夫? 具合悪いわけじゃないわよね」

 

 部屋から返事はありません。私はそっとノブを回しました。

 

(あれ……鍵が開いてる)

 

 いつもなら鍵をかけて部屋に誰も入れようとしない裕太なのに……。

 ただ単に裕太が鍵を閉め忘れただけ……でもそれは、神様の導きだったのではないかと、今の私は思うのです。

 そう、私と裕太が禁断の関係に陥ることは必然だったのだと。

 だって、あのとき鍵が締まっていれば、あんなことにはならなかったのだから……。

 私はそっと扉を開け、部屋を覗き込みました……。

 薄暗い部屋に机の上のパソコン画面がぼんやりと光っていました。

 そして、その画面の前には、ヘッドホンをしたまま、机につっぷして寝ている様子の裕太の姿がありました。

 パソコンの画面にはエッチな動画が無音のまま流れ、ヘッドホンからは微かに女性のアエギ声が漏れ聞こえてきました。

 

(もう19歳だもの……セックスに興味があるのね。でも……家にこもりっきりじゃ、女のコと出会うチャンスもないか)

 

 そんなふうに思いながら、そっと裕太に近づきました。すると!

 

(裕太……オナニーしながら寝ちゃったの?)

 

 なんと、裕太はジャージとパンツを足元に落とし、下半身を露出したまま机につっぷしていたのです……。

 

 ドックン、ドックン、ドックン、ドックン、ドックン……

 

 自分の心臓の音が、あんなに大きく、はっきり聞こえるような気がしたのは初めてでした。

 

(やだ……私、何をしようとしてるの……ダメよ、そんなこと)

 

 イスに座った裕太の下半身を覗き込むように、ひざをついた私。意思に反して体が動くのも初めての経験でした。

 そうです、私は、裕太が不憫で不憫で……男の悦びを教えてあげたいと思ってしまったのです。

 私はイスの横から、うなだれたオチ〇チンに手を伸ばしました。

 

『ババぁ、勝手に部屋に入ってくんなよ!』

 

 なんて怒鳴られたらどうしよう、とも思いましたが……。

 ビックリして跳ね起きた裕太の口から出た言葉に、母性本能が疼きました。

 

「ひゃっ……ま、ママ、なにしてるの?」

 

 裕太が本当に久しぶりに、私のことをママと呼んでくれたのです。

 

「裕太がママって呼んでくれたの、何年ぶりかしら……嬉しいわ。ママね、裕太に人生の楽しみを教えてあげたいの。エッチなことに興味あるんでしょ?」

「……ママ」

 

 寝ぼけ眼な上、なにが起きているのか、どうしたらいいのか分からないといった表情の裕太。

 でも、裕太の柔らかい表情を見るのは久しぶりでした。

 私はイスに座った裕太の体を正面に向け、足の間にひざまづいてオチ〇チンに顔を近づけました。

 

「フェラチオ……知ってるわよね。エッチなビデオで女のコがみんなしてるでしょ?」

 

 私はそう言うと、裕太のオチ〇チンを先っぽからパクっと咥え込みました。

 そして、意識的に唾液をたっぷり出しながら、亀頭と竿に舌を絡めていきました。

 すると、みるみる硬くなる裕太のオチ〇チン。

 

「あぁ……ママ、き、気持ちいい……自分でするより、ずっと気持ちいい」

(私のかわいい裕太……我慢しないで、ママのお口に出しちゃっていいのよ)

 

 そう思いながら口を上下させる私。ところが……。

 しばらくすると、裕太が私の肩を抑えました。そして、私の目を見てこう言ったのです。

 

「ママ……僕、ちゃんとセックスしてみたいよ。ダメ?」

 

 久しぶりに裕太に甘えられ、私は嬉しさのあまり立ち上がって裕太を抱きしめました。

 

「ダメじゃないよ。ママが全部教えてあげる」

 

 私は裕太をベッドに寝かせ、パンティを下ろしました。

 そして、カチカチに勃起した裕太のオチ〇チンを握り、先っぽをオマ〇コの溝にあてがいました。

 フェラチオしていただけなのに、オマ〇コは自分でも信じられないくらいに濡れていて……入りやすいよう、亀頭に愛液をまぶすように擦りつけると、ピチャピチャというイヤらしい音が聞こえてきました。

 そして、ゆっくりと腰を沈めていく私……。

 

「あぁ、ママ、すごいよ」

「ママも気持ちいいわ。裕太、ゆっくりオチ〇チンを突き上げてみて……あぁ、そう、ああぁ、素敵よッ」

 

 イケないことなのは分かっています。でも、裕太となら地獄に堕ちてもいい……そう思いながら、私は腰を振り続けたのです。

(文=川田拓也)

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック