【ネットナンパ】「ああ、すごい! おちんちん生きてるみたい!」アスリート体型の超がつくほど肉食系な人妻!!

 こちらの問いに、コクンと頷いて答えるホノカちゃん。

 この様子なら少し強気に出ても大丈夫だと判断し、


「それじゃあ、お口でペロペロしてくれる?」


 と、コンドームを外したばかりのチンコを指差した。

 すると、ホノカちゃんはガバッと起き、あぐらをかいていた筆者の股ぐらに顔を埋め、貪るような勢いでフェラしてきた。


くーっ、なんて激しいフェラなんだ!


 発射直後ではあったが、あっという間にフル勃起状態に。それどころか、発射の前兆がチラホラと迫ってきてしまった。


もっとフェラしてもらいたいけど、ここで発射することもできない…。

さて、どうするべきか?


 しばらく迷い、シックスナインしたいと申し出た。

 こちらのクンニで、彼女のフェラの勢いが弱まるだろうと考えたのだ。

 こうして、筆者が下になる形でのシックスナインが始まった。

 1回戦を終えた直後のホノカちゃんのマンコは、味と匂いが変化していた。

 汗と愛液とが入り混じり、塩味が増していたのだ。

 さらに、膣口の周囲にはヨーグルト状の白い固形物が付着していた。


だが、それがどうした!

味や匂いやマンカスくらいで、手抜きクンニをするわけにはいかないのだ!!


 ということで、1回戦以上に愛情を込め、クンニに没頭する。

 すると、シックスナインを開始して1分もしないうちに、ホノカちゃんが大きな声で


「もう我慢できない! 入れて!!」


 と言ってきた。

 手を伸ばし、枕元のコンドームを取る。そして仰向け状態のままゴムを装着し、


「今度はホノカちゃんが上になってごらん?」


 と騎乗位を促した。


「は、はい」


 恐る恐るといった感じで跨ってくるホノカちゃん。

 ここは彼女に任せようと思い、筆者は後頭部で両手を組んでいた。

 しかし、騎乗位での挿入に慣れていないのか、チンコをマンコに導けないでいるホノカちゃん。

 彼女の困り顔を見るのも楽しかったが、あまり焦らすのも可哀そうだ。途中で筆者がチンコの根元を手で持ち、腰を軽く突き上げてマンコにぶっ挿した。

men's Pick Up