【ネットナンパ】「ああ、すごい! おちんちん生きてるみたい!」アスリート体型の超がつくほど肉食系な人妻!!


クンニを始めてから数分しか経ってないのに、もうチンコをおねだりしてくるとは!


 今回のお相手は、セックスレスに悩む人妻だ。これ以上焦らすのは酷というものだろう。

 ここでクンニを中断。枕元に用意していたコンドームをサクっと装着し、正常位の体勢で合体する。


「す、すごい! ショーイチさんの熱い!!」


 根元まで愚息を挿入した途端、ホノカちゃんはそう口走った。

 ピストンせず、チンコに力を入れて動かしてみる。


ピククン、ピククン!

「ああ、すごい! ショーイチさんのおちんちん生きてるみたい!」


 生きてるみたいとは変わった感想だ。エッチの最中に口走ったことに突っ込みを入れるのは野暮なので、そのまま無言でピストン開始。


ずっこんバッコン、ピククン、ピククン、ずっこんバッコン、ピククン。


 ピストンの合間にチンコをピクピク動かし、単純な運動にならないよう気をつける。

 さらに、円を描くように腰を動かし、マンコの内部全体をチンコで掘削するイメージでピストンする。


「も、もうダメっ! い、イッちゃうぅぅぅぅぅ!」


 挿入して1分ほどで、ホノカちゃんは果ててしまった。

 久しぶりのエッチのせいなのか、それとも筆者同様早漏体質なのか。

 ともあれ、無事に彼女をイカすことができ、これで恰好はついた。これならいつ発射しても大丈夫だろう。


「お、俺も限界だよ。い、イクよっ!」


 そう声をかけ、高速ピストンでラストスパートを仕掛ける。


ふぅ。


 ホノカちゃんが昇天してから数十秒後、大量のザーメンをヒリ出してフィニッシュ。

 そのまましばし余韻を味わい、チンコが萎む前にマンコから抜き出してコンドームを外した。

 そんな処理の様子を、ホノカちゃんが見つめていることに気づいた。その目線は…


「も、もしかして、もう1回したいのかな?」

men's Pick Up