【ネットナンパ】「ああ、すごい! おちんちん生きてるみたい!」アスリート体型の超がつくほど肉食系な人妻!!

「あ、っ、硬いぃぃぃぃぃ」


 やっとチンコを入れてもらい、喜びの声をあげるホノカちゃん。

 その後、騎乗位からバックに移行してクライマックスへ。


「最後はどの体位でしたい?」

「ま、また私が上になっていいですか?」

「もちろんだよ」


 バックでの挿入を中断し、また騎乗位に戻る。

 不器用ながら懸命に腰を上下させるホノカちゃん。

 その動きに合わせ、こちらもリズミカルに下から腰を突き上げる。


「あ、あぁぁぁ。どうしよう! すごく気持ちいいぃぃぃ!」

「お、俺もだよ。そ、そろそろイクよ!」

「わ、私もイク、イク、イクゥゥゥ!!」


ふぅ。


 こうして2回戦はふたりほぼ同時に昇天した。

 しかし、こちらが発射した後も、ホノカちゃんは腰の動きを止めなかった。

まだまだし足りないのだろうか?


「ちょ、ちょっ待って!」

「え?」

「それ以上動かれたら、中でコンドームが外れちゃうよ」

「あっ、ゴメンなさい」


 ここでようやく腰の動きを止めてくれた。

 コンドームを取り外し、ティッシュでフキフキしていると、またホノカちゃんの視線が…。

 ジッとチンコを凝視していて、物欲しそうな顔をしていたのだ。

休憩なしの3連戦は、さすがにキツい。


 これが生挿入なら余裕で3連戦も可能なのだが、コンドーム着用のセックスだと、それなりのインターバルを置かないと無理だ。だから、先手を打つことにした。


「もっとホノカちゃんとしたいんだけど、少し休憩しないと無理そうなんだ」

「す、少しってどれくらいですか?」

「うーん、2、3時間かな?」

「そ、そうなんですか」

「でもそれだと帰る時間をオーバーしちゃうよね。今日はこの辺にしておこうか?」

「は、はい」


 ホノカちゃんは、なんとか納得してくれた。

 帰り支度をしながら連絡先を交換し、再会を約束。その後、駅の改札まで彼女を見送り、デートは終了した。

men's Pick Up