【ネットナンパ】「ああ、すごい! おちんちん生きてるみたい!」アスリート体型の超がつくほど肉食系な人妻!!

「それじゃあ、マンコにキスさせてね」


 そう言いながら太ももに乗せた手に力を入れると、ガバッと股を開いてくれた。


クックっク! 恥ずかしさより、マンコを舐めてほしいという欲望が勝ちやがったな!


 こっそりほくそ笑みながらマンコとご対面。

 ホノカちゃんのマンコは、少々黒ずんでいたものの、小ぶりで陰毛は少なめだった。

 すでにしっとり濡れていたので、そっと顔を近づけて匂いを確認する。ほぼ無臭だ。

 ピタッと閉じていたワレメに舌を挿し入れ、味を確認する。こちらも無味に近く、舐めやすそうだった。


「マンコも綺麗で美味しいよ」


 これは言葉責めではなく、正直な感想だ。

 ホノカちゃんは返事するでもなく、ただ荒い呼吸を繰り返すだけだった。

きっとこれは、さっさと舐めてくれというサインだろう。


 ここから、いつも通りの全力クンニを開始する。

 クリトリスを包皮の上から舐めて愛液の分泌を促し、充分潤ったところで次の段階に。

 上唇を強く押し当て、クリトリスを露出させる。

 唾液と愛液をたっぷりまとわせた舌先で、露出したお豆ちゃんを丁寧に舐めあげていく。

 同時に下唇を使って尿道口と膣口を交互に舐める。

 さらに、フリー状態の両手を伸ばし、ホノカちゃんの左右の乳首を摘まんで上下左右に優しく引っ張る。


「す、すごくいい! ぜ、全部気持ちいいですぅ!」


 挿入前の義務感でクンニするのではなく、愛情を込めまくってご奉仕。それが筆者流のクンニだ。独りよがりかもしれないが、女性がビンビンに感じてくれると、めちゃくちゃ嬉しい。

こうなったら、もっと愛してあげるしかない!


 右手の中指を膣口に挿入し、Gスポットに指の腹部分を押し当てる。

 ゆっくり円運動させて、ホノカちゃんの一番敏感なポイントを探る。

 もちろん、クリトリスと尿道口を舐めながらの同時攻撃だ。


「あ、あっ、もうダメっ! ショーイチさん、入れて!!」

men's Pick Up