【ニッポンの裏風俗・番外編】湖畔の宮殿ソープのおもてなし



 Rはイスの中を通り抜け後ろに回ると、今度は背中を舐めまわしてきます。

 尻のワレメから背筋をツツーッと舐め上げられ、うなじや耳の後ろ側を柔らかくてヌルヌルした生き物が這い回る…。

 背中を舐めながら股間に手を回し、ボッキしているのを確認すると、前に回り込んでフェラ。

 そして、背中を向けて筆者の股間に跨ると、バック座位でニュルンと挿入してしまった。


やっぱりナマだ!


 そう思って股間を覗き込むと、チ●ポの根元にはピンクの輪っかが見えるのでした。


そっか、やっぱりそうだよな~。

 



 Rは筆者の手を取って自分の胸を揉ませながら、腰を上下前後に振ってくるのでした。が、しかし…。


「Rちゃん、まだ完全に元気になってないから…」

「硬いから大丈夫ですよ」


 そうは言われても、まだ銃弾は充填されてない。

 Rもそれに気づいたようで、体を流して次のベッドに移ることにした。

 湯船でRと混浴し、潜望鏡フェラを味わっている時、チラッと意地悪な考えが頭に浮かんだ。


「Rちゃん、ゴメン。やっぱりマットしてみたくなっちゃった。お願いできる?」


 一瞬、えッという表情はしたが、「ハァ⁉︎」ではないのが高級店の接客である。


「いいですよ。お時間もまだあるし」
 

 微笑むR。やっぱええコですやん。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 4コマグラビア
  2. 所沢ショーイチ
  3. ドスケベ女の性事情
  4. 元デリヘル店長の回想録
  5. トコショー
  6. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  7. 風俗体験談
  8. ヘンリー塚本
  9. 世界一周エロ旅
  10. 唯井まひろ
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事