>   >   > 

【ネットナンパ】ちょっと細身の“一見、余裕でアタリな“OL29歳! いざ脱がしてみると…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

tokosyo_171208.jpg
Ilustrate by ながおか


 筆者が初めて“カメラの前で射精”したのは、今から23年前のことだ。

 当時はエロ本雑誌の編集者で、読者男性の家に風俗嬢を連れていき顔射シーンを撮影するというコーナーを担当していた。

 その日もいつものようにカメラマンと風俗嬢を伴って読者男性の6畳一間の安アパートを訪問。ところが、いざ撮影を開始しようとしたら、その風俗嬢が突然鬼の形相で文句を言ってきたのだ。


「顔射されるのは聞いてたけど、フェラするなんて聞いてない。絶対にヤダ!」


 この風俗嬢は、AV女優も兼任していて、それを売りにしていた。しかし、AVと言っても出演しているのは企画モノばかりで、お世辞にも可愛いとは言い難い容姿。おまけに体型もポッチャリ気味で、AV女優という肩書がなければ箸にも棒にもかからないレベルだった。

 まったくの素人だった読者男性は、当然のように意気消沈してしまい、チンコは完全に沈黙状態。このままでは現場がとんでしまう…。その場を仕切る立場だった筆者は、少し考えてから結論を下した。


だったら、この糞生意気なメスの顔に俺のザーメンをブッかけてやるぜ!!


 実はそれまで、カメラの前で裸になるエロ本編集者を少々軽蔑していた。作り手は裏方に徹し、常に俯瞰して全体を見るべきだと思っていたからだ。

 だが、現場をとばす事態だけは避けねばと判断し、自ら脱ぐことを決意したのだった。

 アパートの浴室でシャワーを浴び、部屋に戻ってその風俗嬢の前でシコり、数分ほどで大量のザーメンをその風俗嬢の顔面にブチ撒けることに成功した。


あっ、こんなの初めて…。
カメラの前で射精するのが、こんなに気持ち良かっただなんて!!


 この時のハプニングが、筆者の人生を変えたといっても過言ではない。それ以降、事あるごとに男優役を買って出るようになり、今もカメラの前で射精することに喜びを感じているのだった。

 しかし、元編集者という気概も残っていて、読者に不快な思いをさせないよう心掛けていることがある。それは、体型をキープするということだ。

 あくまでも主役は女性なので、男優は下手に個性を出してはならない。太り過ぎても、痩せすぎていてもダメだ。そんなワケで、見いている者の記憶に残らないような“中肉中背”の体型を維持するように気をつけているのだ。

 少々前置きが長くなってしまったが、今回はそんな体型にまつわるお話だ。


※本サイト「メンズサイゾー」(http://www.menscyzo.com/)に掲載されているイラスト・写真・文章の無断転載を固く禁じます。


『ガッチリ体型の女の子 ムチムチ、肉厚、巨乳の素人限定』

ムチムチは好きだけど

※ここから先は外部サイトで、メンズサイゾーによって管理されているものではありません。18歳以上の方のみ閲覧ください。外部サイトでの動画等の購入について、当サイトは責任を負いません。
18歳以上なので
DMM.R18で買う


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週