>   >   >  【エロ体験談】ノーパンエプロンの女

【エロ体験談】突然の来訪者を“ノーパンエプロン”で迎えた私


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

【エロ体験談】突然の来訪者をノーパンエプロンで迎えた私の画像1※イメージ画像

 
 テレビで微笑むアイドルよりも、毎日よくいくコンビニの愛想のいいアルバイトのコのほうが、なんだかわからんけどグッときたりするのが男のサガ。そこにエロが絡んでくれば、なおのこと。

 超絶ボディのAV女優には当然興奮するけど、現実世界でそんな上玉と出会うことは難しい。もっと自分の日常とつながってそうな “普通に生活を営んでいる人たち”の生々しい性体験が知りたい!ということで、【読者投稿】による、「隣はナニをする人ぞ」的なエロ話をお届けします。

 
『突然の来訪者を“ノーパンエプロン”で迎えた私』
投稿者:26歳。女性。

 とある平日の昼間。休日出勤の代休だった私は、アパートの一室でごろごろしていた。冷房を入れるほど暑くなく、窓を開けていれば気持ちいい風が入ってきた。

 そのとき、私はショートパンツにタンクトップ1枚という格好。平日の真昼間にぐうたらできる優越感に浸っていると、急にオナニーをしようと思い立った。

 ショートパンツの中に手を突っ込み、アソコを指で撫でる。だんだん気持ちがのってきて、ショートパンツと下着を脱ぎ、直接アソコをイジることにした。

 さらに興奮してきた私は、以前、彼とのプレイで使ったバイブを押し入れから取り出す。スイッチを入れてアソコに当てると、さらに昂ってくる。私はタンクトップの上から自分のおっぱいを左手で揉み、右手でバイブを動かす。あまりにも気持ちよくて、すぐにイキそうになった。

 そのとき、「ピンポーン」と玄関のチャイムが鳴った。どうやら、以前ネットで注文したモノが届いたみたい。

 ショートパンツをはこうと思ったものの、なぜかそれがすごく億劫になり、放り投げてあったエプロンを身につけ、よろよろと玄関に向う(さすがにバイブの電源は切った)。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週