>   >   > 

【風俗都市伝説】立ちんぼの聖地が復活してる!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

2017_0810_fuzoku_fl.jpg
※イメージ画像

 条例の変更や取り締まりの強化で消えていく風俗がある。そのほとんどは“裏風俗”と呼ばれるジャンルで、国や地域が認めていないものだ。

 たとえば、日本全国に存在していたちょんの間も、エリアごと摘発を受けて消滅したりもした。また、ちょんの間と並ぶ2大裏風俗である“立ちんぼ”の姿もすっかり見なくなった。

 街角や路地に立って客を取る娼婦で、街娼とも呼ばれる立ちんぼ。東京には、歌舞伎町のホテル街や大久保・新大久保界隈、鶯谷駅周辺のホテル街など、いわゆる“立ちんぼの聖地”がいくつもあった。

 しかし、2000年代前半から始まった浄化作戦によって、排除されてしまった。理由は、営業許可を持っていないことはもちろんだが、その背後に暴力団関係者が絡んでいると見られたことが大きい。

 また、出会い系サイトが出てきたことや、SNSの普及も大きいだろう。街に立たずに手元の操作だけで客を取ることができるのだから、ラクに稼ぐことができる方に流れたのは無理もない。さらに、浄化作戦後は許可を取って営業をしている派遣型風俗店が主流に。ユーザーとしては、リスクが低く安心して遊ぶことができる方を選ぶのは当然だ。



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週