>   >   >  【エロ体験談】人生最後のお持ち帰り

【エロ体験談】最初で最後の「キャバ嬢お持ち帰り」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

【エロ体験談】最初で最後の「キャバ嬢お持ち帰り」の画像1※イメージ画像

 
 テレビで微笑むアイドルよりも、毎日よくいくコンビニの愛想のいいアルバイトのコのほうが、なんだかわからんけどグッときたりするのが男のサガ。そこにエロが絡んでくれば、なおのこと。

 超絶ボディのAV女優には当然興奮するけど、現実世界でそんな上玉と出会うことは難しい。もっと自分の日常とつながってそうな “普通に生活を営んでいる人たち”の生々しい性体験が知りたい!ということで、【読者投稿】による、「隣はナニをする人ぞ」的なエロ話をお届けします。

 
『最初で最後の「キャバ嬢お持ち帰り」』
投稿者:40歳。男性。

 腐れ縁というやつだろうか。

 先日、中学時代に少しの間だけ付き合っていた同級生と偶然出会った。場所は熟女キャバクラだ。

 最初、俺はそのコが同級生だとは気づかなかった。しかし向こうは早い段階で俺だとわかったようで、

 
「俺さんて〇〇県出身じゃない?」 
 
「俺さんてO型でしょ」

 
 などと、俺のプライベートを言い当ててきた。

 それでも俺が気づかないでいると、彼女に「鈍すぎない?」と顔を覗き込まれ、「アカネだよ」と言われた。

 そこで俺はハッとしたわけだが、同時に笑いもこみ上げてきた。なぜなら、彼女と偶然バッタリ出くわすのは中学卒業以来、2度目だったから。しかも、10年ほど前に会ったときもキャバクラだった。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週