>   >   > 

【風俗嬢・処女喪失話】コスプレ業界で有名だったアスカさん27歳…ロストバージンは〇〇コス


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

ThinkstockPhotos-186440636.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより


 やむなき事情からか、はたまた自らの性癖によるものか、それとも割り切ったビジネスか、なんにせよ日々、男の性に向き合う風俗嬢たち。

 そんな彼女たちにも、“初めて男を迎え入れた時”がある。

 それは、普通では考えられない相手なのか、えげつない体験だったのか、それともなんのへんてつもないごくごく自然なものなのか。彼女たちがオトナになった瞬間とは…。


 取材場所は上野のレンタルルーム。現れたのは、台東区を拠点とする若妻系デリバリーヘルスに在籍するアスカさん(仮名:27歳)だ。

 高校を卒業してから風俗業界一筋で、キャリア9年。現在のお店は在籍6年目だが、「お店ではずっと21歳なんです」とアスカさんは笑った。その笑顔にはあどけなさが残っていて、たしかに21歳に見えなくもない。

 水色のワンピースの上からでも分かる推定Fカップのバストに目を奪われつつ、まずは風俗入りのキッカケを聞いてみた。高校を卒業してから風俗一筋というキャリアは、なかなかのものである。


「埼玉の“東京に隣接した市”で生まれ育って、高校も地元の公立高校に通っていました。実は、その高校生の時から借金を抱えていて…。原因は“趣味”です」


 高校生に借金を抱えさせる趣味とは? 


「アニメやゲームのキャラクターに扮するコスプレです。あのコスチュームって、オフィシャルの既製品を買うにしても、自分で作るにしても高いんです。ウィッグ(カツラ)まで揃えると、20万円近くかかることもザラなんです。高校生のコンビニのレジ打ちのバイトじゃ、到底追いつきません」


 そこで親のクレジットカードを使い、通信販売でコスチュームを買い始めたというアスカさん。もちろんこれは親公認で、毎月3万円ずつ返済する約束だったという。しかし、趣味というものは凝れば凝るほどお金が掛かるもので、気が付けばアスカさんは親に70万円の借金をしていた。高校1年生の身で、なかなか返せる額ではない。



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週