>   >   >  【ニッポンの裏風俗】松坂の本サロ

眩惑の潜入編

【ニッポンの裏風俗】松坂の本サロ:歴史ある街の裏風俗街 キャバクラ店内でナメハメありあり


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

 三重県「松阪」と聞いて、真っ先に思い浮かべるのは「松阪牛」ではないか。しかし松阪は、江戸期の学者・医師でもあり、学問の神の一人・本居宣長や、伊勢商人を輩出した地でもある。伊勢神宮にも近く、城下町を歩くと、家々の軒先には1年を通してしめ縄が飾られているのだった。

 

20170328raitaR0012318.jpg城下町の路地にて

 
 そして松阪は、四日市に次ぐ県内第二位のピンサロ街である。城下町から向かったのは、京町や愛宕町の繁華街。とは言っても、賑やかな様子はまったくなく、狭い路地に看板のネオンだけが虚しく瞬いているだけの街だった。

 諸般の事情により数が減ってはいるものの、本サロもまだ数軒残っているという情報があり、路地をぶらついて様子をうかがうことにした。が、ピンサロの看板は出ていても、当然、そこに本サロの目印なんてものがあるわけではない。

 
 「どうやってシステムをさぐり出そうか」

 
 そう思いつつ、某ピンサロの前を通りかかった時、入り口に隠れるようにに立っていたおっちゃんが声をかけてきた。

 

20170328raitaR0012237.jpg松阪一の風俗街なのに、人通りは寂しいかぎり

 
「愛想のいいコおるから遊んでって。今なら1万3000円や」

 
 1万円以上ということは、ほぼ確実に本サロに違いない。このチャンスを逃したら他に見つかるか怪しいところだ。入る気マンマンの気持ちをエロおやじ面で隠す筆者。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週