>   >   >  韓国デリヘル、今が狙い目な理由

韓国デリヘル、“今が狙い目”なワケ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

ThinkstockPhotos-87779557.jpg※イメージ画像:Thinkstockより

 さまざまな業界同様、風俗の世界にも流行というものはある。その移り変わりは激しく、定着するものもあるが、廃れていくことが多い。まさに栄枯盛衰。そんな風俗業界で面白い動きを見せるのが、『韓国デリヘル』だ。

 この韓国人女性によるデリバリーヘルスは、東京では約10年前に鶯谷を中心に流行った。ピーク時には、風俗情報媒体の広告の6割を占めるほどの勢いがあった。現在はというと、ある広告代理店の営業に聞けば、「今は1割に満たない媒体が多い」とのことだった。

 隆盛期、聖地と呼ばれた鶯谷では、客との待ち合わせ場所であった駅前や待機所代わりのファーストフード店でハングルが飛び交っていた。そういった光景は、今、ほぼ見ることができない。

 こうなったのには、さまざまな理由が考えられるだろう。筆者がまず思いつくことといえば、ホームページなどに掲載されたプロフィール写真だ。これらの多くがパソコンを使い過剰に修正されていて、まるで人形のような顔と肌質であった。

 当時は今ほど画像修正ソフトの存在が一般的ではなく、本当の姿だと思ったユーザーも少なからずいて、その結果、実際に女性を見てあ然とするなんてこともあったようだ。当然、客との信頼関係なんて築けるわけもないのだが、それでも、写真加工を“お家芸”的に捉えて利用する客がいたのは救いだろう。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週