>   >   > 

可愛すぎる元局アナが「陰毛」発言! 人気バラエティでハートの強さを見せつける


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

161027_miyajima_tp.jpg
※イメージ画像:宮島咲良Twitter(@sakura1109m)より

 元KBC九州朝日放送のアナウンサー・宮島咲良(みやじま・さくら/32)の注目度が上昇している。

 26日深夜に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)の「元局アナSP」に、13年にフジテレビを退社した本田朋子(33)らと出演した宮島。ここで彼女が見せた言動に男性視聴者が食いついたようだ。

 07年に契約社員としてKBCに入社した宮島は、ローカルバラエティ『ドォーモ』のアシスタントを担当し、九州地方で知らない人はいないと言われるほどの人気を博した。3年契約の満期を迎えた際には残留の要請もあったそうだが、出身地である東京に戻ることを決意して、現在ではラジオ番組などを中心にタレント活動に励んでいる。

 『ナカイの窓』では、在京キー局のアナウンサー試験はすべて受けたが、ことごとく落とされたことを告白。テレビ東京の面接では「モノマネをしてください」と頼まれ、ふと思いついた中尾彬(74)のモノマネをしたそうだ。そんなエピソードを披露した宮島は、当然のようにその場で中尾のマネをすることに。司会の中居正広(44)に「どんなだったの?」とフラれた宮島は、「中尾だよ~」とクオリティが低いのか高いのか微妙なモノマネをし、共演者に苦笑いされてしまった。

 また宮島は、元読売テレビアナウンサーの川田裕美(33)とスタジオでスキップを披露。川田が“スキップできない女子”と紹介された際に、宮島もスキップをすることになったのだが…。実は彼女もかなりの運動オンチで、奇妙なスキップ姿を見せて中居らをドン引きさせていた。

 さらに地方局ならではのエピソードとして、「企画がとんがってる」ことを明かした宮島。『ドォーモ』では、「スタッフの方の部屋に落ちている陰毛を追う」という斬新すぎる企画があったそうで、これにはサブMCの綾部祐二(38)も仰天。企画の奇抜さもさることながら、宮島の口から「陰毛」という言葉が出たことに触れ、「急に陰毛とか言い出すのやめてくれる。何かもっとごまかさないと、アナウンサーなんだから」と猛烈なツッコミを浴びせた。

 しかし、ネット上の男性視聴者からは「バラエティに向いてそう」「可愛すぎる」「いい子に違いない」といった好意的なコメントが続出。可愛らしい見た目も称賛されているが、全国ネットの人気トークバラエティでも物おじしない、ハートの強さに感心する人も多い。番組中には『ドォーモ』で全身タイツロケや激辛グルメレポートなどでカラダを張っていたと話しており、それを東京のバラエティでも見てみたいと願う声も上がっている。


『トクサツガガガ 1』


特撮は愛だ!

amazon_associate_logo.jpg


宮脇咲良ファースト写真集『さくら』


こちらは宮「脇」咲良

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

mencyzo_170109_rectangle_C.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週