>   >   > 

新田恵利、おニャン子クラブ時代のカネ・恋・不仲を大暴露


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

161021_nitta_tp.jpg
※イメージ画像:テレビ東京系『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告』特設サイトより

 20日深夜放送のトークバラエティ『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告』(テレビ東京系)で、元おニャン子クラブ新田恵利(48)がスーパーアイドル時代のエピソードを明かした。

 1985年にバラエティ番組『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)から誕生したアイドルグループ・おニャン子クラブの初期メンバーに選ばれた新田。同年リリースされたグループの大ヒットソング『セーラー服を脱がさないで』のフロントメンバーに起用された彼女は、一躍トップアイドルに成長した。翌年にはシングル『冬のオペラグラス』でソロデビューを果たして30万枚以上のセールスを記録するなど、80年代のアイドル黄金期を代表する人気者のひとりだ。

 新田はこの日の番組で、事務所に加入したころの月給が12万円くらいだったと、多くの芸能人が嫌がるギャラなどを告白。『冬のオペラグラス』の歌唱印税にも触れ、メンバーがコーラス参加したため、全員で「頭割りにした」ことを明かし、どんなに人気があって忙しくても月収が50万円に届くことはなかったと話した。

 また新田は、「犬猿の仲」と言われたメンバーの国生さゆり(49)との関係について聞かれ、「あまり仲良しではなかった」とあっさり肯定。原因は、メンバー全員が参加した沖縄ロケで起こった出来事だった。

 このとき新田はワンピースタイプの水着を着る予定だったが、実際に現地で用意されていたのはビキニで、これに彼女は反発して撮影を拒否。すると、新田のもとに国生と取り巻きのメンバーが数人現れ、「あんたがやらなきゃ始まらないんだよ!」と一喝されてしまった。以降、新田と国生はギクシャクするようになったという。


『おニャン子クラブ(結成30周年記念)シングルレコード復刻ニャンニャン』


懐かしい

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

mencyzo_170109_rectangle_C.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週