>   >   >  エロ旅:安宿で声を押し殺しセックス

【世界一周エロ旅】安宿のドミトリーで声を押し殺してするセックス


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

20161019erojojo.jpg

 
 とある街の安宿。

 知り合いの女の子が近くに来ていたので、ぼくは同じ宿に泊まることにした。知り合いといっても、似たようなルートで旅をしていて2回程顔を合わせたことがあるだけの仲だ。

 
「久しぶりだねー! 元気ー?」

 
 前回会って以降どこに行ったのか、どういうルートでここまで来たかなど、旅人特有の中身のないお決まりの会話をはじめた。 
 
 
【酔うとムラムラしてしまう女の子】

 その国のワインは、安くて美味しいことで有名だった。酒を飲むのが好きなぼくと彼女は、ビールと紙パックに入った安ワインを買い込んで、宿にいたほかの客も一緒に飲むことになった。

 酒を飲んでムラムラするなんて男なら誰でも経験があることで、旅中だろうとそれは変わらない。

 そして男だけでなく、女の子でも中にはそういう娘がいるのだ。

 
「私、飲むとダメなんだよね…」

 
 彼女はまさにそんな女の子だった。

 飲み始めて数時間。いい感じに酔いがまわってきて、タバコを吸いに宿の外に出た。

 少し肌寒い。それでも空気は澄んでいて、空には一面、星が散りばめられていた。

 ぼーっと空を見上げていると、宿のドアが開く音が聞こえた。宿から出てきたのは彼女だった。

 黙って近づいてくると、彼女はぼくの隣に腰掛けた。

 
「酔ったねー」 
 
「明日、何するの?」

 
 他愛ない話をしているうちに話が途切れ、沈黙になった。

 ベンチに置かれた彼女の手に、ぼくの手を重ねた。

 
嫌がられるかもな…。

 
 そういう反応も覚悟していたが、嫌がる様子はなかった。

 「どーしたの?」とでも言いたそうな顔で、ただぼくの顔を見つめてくるだけだった。

 ぼくも黙ったまま彼女の目を見つめた。

 彼女がぼくの手を握り返してきたのを確認すると、抱き寄せてキスをした。

 
2人の間に言葉は一切ない。
視線で会話していた。

 
「寒いし、中に戻ろっか」

 
 少し経ってから皆で飲んでいた場所に戻ると、テーブルは綺麗に片付けられていて、そこにはもう誰もいなかった。

 宿のスタッフの若い男が暇そうにしてるだけだ。

 この時点でぼくにはもう火がついていた。それに、なんとなく彼女も同じ状態である気がしていた。

 



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週