>   >   > 

【世界風俗探訪】フィリピン、裏ワザにまんまと騙された夜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

ThinkstockPhotos-497980281.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

言葉もロクに通じない、風習も違う国を旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的で、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『風俗』だ。異国の地で風俗店に飛び込むことは、スリルがあるからこそ虜になってしまう。

 世界を巡っていると、さまざまな面で日本とのつながりを感じることができる。心温まるものもあれば、時には悲しい歴史の一端に触れることも。異国の地でありながら現地の人々が日本語に堪能な場合など、その背景には日本統治時代があったりする。

 日本語が堪能な人が多いといえば、フィリピン共和国の首都マニラだ。マニラの北西部には“東洋最大のスラム”とも言われるトンド地区があり、そこにはスモーキー・マウンテンの名で知られるゴミ処理場があった(現在は閉鎖)。そのゴミの山を漁って暮らす人々も多く、フィリピンの貧困の象徴と言われていた。

 その地域から富をつかむためには、女性は日本に渡ることがひとつの手段でもあった。そういうことも影響しているのか、マニラの20代から30代前半で日本語が堪能な場合、私の実感では父親が日本人であるパターンが多かった。母親が日本に滞在していた際に日本人男性と結婚し、その間に生まれた世代だ。

 “彼女たちと日本語”で思い出すことがある。それは、10年前に仕事でマニラを訪れた時のことだ。

 ある日、取引先の現地業者から「夜のマニラを案内したい」との申し出があった。さらに「エッチなことをしたいでしょ?」と、エルミタという地区の『連れ出しバー』へ連れていかれることになった。この地区はマニラ屈指の危険地帯なのだが、その取引先の人間には裏の顔があるようで、「私のそばにいれば安全だ」と言われた。

 事実、彼と一緒にいる、もしくは彼と関係があることを知られると、各所で手厚いもてなしを受けた。目的の連れ出しバーに入った際も、すぐにVIPルームへ通された。


『月はどっちに出ている』


観たくなった

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週