>   >   > 

想像以上にディープな経験…ブロンド熟女専門デリヘルに潜入


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

ThinkstockPhotos-126978705TP.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 風俗ライターという看板を掲げて仕事をしていると、さまざまな話が舞い込んでくる。先日は、某テレビ局の深夜番組から風俗特集のアドバイザーの依頼をいただいた。

 そのお題は「珍しい風俗店を教えてほしい」というものだった。少しでも役に立てればと張り切ったが、ここでディープな風俗ユーザーである筆者と、そうではない先方との温度差が露呈することになる。

 そもそも“珍しい”の定義が、筆者の感覚が風俗慣れで麻痺しているのか、ズレていた。意見をすり合わせるため「たとえば、どのような?」と問えば、先方は「学園コスプレや痴漢プレイができるような…」と言ってくる。コチラは思わず、「え? それ、普通ですよ?」と言ってしまった。「あ、そうなんですね…」と返事をされたが、明らかに先方の表情には「どこが普通なのか」と書いてあった。

 特に理解が得られなかったのは、筆者が強く推した『ブロンド熟女専門デリヘル』だった。なぜ珍しいのかは、読んで字のごとく、在籍している女性が“熟女”で“ブロンドヘア―の外国人”だからだ。

 まず、熟女風俗は珍しくはない。都内でいえば鶯谷や大塚など、このジャンルが半数以上を占めている地域もあるほどだ。

 それでは、ブロンドヘア―専門の風俗はどうなのかといえば、こちらは都内に数軒が確認できるだけで、珍しい部類に入る。そして、その手のお店に在籍しているのは、基本的に20代前半のスタイル抜群な若い女性が多い。米国のポルノ雑誌のグラビアを見ている感じといえば、伝わりやすいだろうか。とにかく、なぜか熟女はいない。これは欧米の女性が在籍している風俗店にもいえることだが、筆者が調べたところ、都内では30歳が最高齢であった。


『初入国5秒でAVデビュー! 国際空港で見つけたNY在住の米国人カップル! ブロンド美少女を日本人チ●ポがボーイフレンドの目の前で寝取って生中出し![マジックミラー便特別企画]』


入国5秒で!?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週