>   >   > 

独特の雰囲気で唯一無二の魅力を放つ辻本杏、ネガティブで破天荒な素顔


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

20160314an03.jpg

 黒髪のロングヘアに、大きな瞳が印象的なエキゾチックな顔立ち。モデルのように伸びやかなスレンダーボディーに、触れたら壊れそうな儚げな佇まい。浮世離れしたような独特の雰囲気で唯一無二の魅力を放つ辻本杏は、2012年10月にグラビアアイドルとしてデビュー。約1年半の活動を経て、2014年3月13日にteamZEROの専属女優として『辻本杏 AVデビュー』でAV女優に転身。優等生然とした雰囲気からは想像もつかない本気度の高いカラミで、瞬く間に人気女優となった。現在は恵比寿★マスカッツのメンバーとして、レギュラー番組『マスカットナイト』(テレビ東京)で垣間見せるネガティブキャラがウケて、新たなファン層を獲得している。

 謎多き辻本杏とはどういう女の子なのか、その素顔に迫る!

――AVデビューして、ちょうど2年が経ちますけど、AV女優らしくないというか、まったく業界に染まっていない印象を受けます。小さいころはどんな女の子だったんですか。

「小学生のころは、人見知りしないタイプで目立ちたがり屋だったんですよ。でも中学生になると人前に出るのが恥ずかしくなったんです。急にクラスの人数が増えたのもあってか、目立つのが苦手になって…。もともと友達を作るのは苦手だったんですけど、より相手から話しかけられないと喋れない、みたいな。ずーっと学校で本読んでましたもん」

――小学校のころから読書好きという訳ではなく?

「小学校のころは友達と鬼ごっこするような、わりと活発なタイプでした」

――中学時代は部活に入っていなかったんですか。

「絶対何かに入らなきゃいけない学校で、家庭部というのに所属して、裁縫したり、夏休みに学校行って料理したり。でも幽霊部員でしたね」


20160314an02.jpg


――ほかの部員も辻本さんみたいに引っ込み思案な子ばかりだったんですか。

「大人しい子やオタクっぽい子が多かったですね。あとは部活をサボりたい、ちょっと派手な子たちも数人いました」

――友達付き合いが苦手で読書に逃避していたような感じですか。

「ですね。人と接するのが面倒くさいのもあったし、女の子が怖いのもあったし」

――部活をサボって何をしていたんですか。

「真っ直ぐ家に帰って、パソコンでオンラインゲームをやってました」

――典型的な暗黒の学生時代ですね(笑)。お気に入りのオンラインゲームは何でしたか。

「中学時代はゴルフゲームの『バンヤ』ですね。キャラが可愛いから携帯ゲームでやっていたんですけど、中学生になっておじいちゃんが勝手に自作のパソコンを送ってきたんですよ(笑)。それをキッカケにオンラインでもやるようになって」

――よりによって自作ですか(笑)。かなり若いおじいちゃんなんですか。

「当時で70代だったと思います。そのパソコンも分厚くて形も古かったですけどね。重くて持てないぐらいだったし、画面も粗かったんですけど、普通にゲームはできていたんです。あと『ルーセントハート』にもハマりましたね。このゲームもキャラや衣装が可愛かったんですよ」



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週