>   >   > 

【世界風俗探訪・ハワイ編】 ジャニーズと寝たことを売りにする女


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

ThinkstockPhotos-178074545.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『風俗』だ。異国の地で風俗店に飛び込むことはスリルがあるからこそ、虜になってしまうのだろう。

 大晦日から元旦にかけてのワイドショーなどを観ていると、必ずと言っていいほどホノルル空港からの中継がある。そう、レポーターが芸能人の到着を待っていてインタビューするパターンである。あのシーンを見るたびに、「せっかくの休みなんだからほっといてやれよ!」と思いつつも、“正月にハワイで過ごすのがステイタス”と言いたげな芸能人にイラッとしないといえば嘘になる。そして、私はこのホノルル空港でインタビューに答える芸能人を見ていると、10年前の出来事を思い出してしまうのだ。

 ハワイは日本人にとって“海外旅行の基本”的な場所。常夏の島で健康的なイメージもあるので、風俗とは無縁のように思っている人も多いと思う。事実、私もハワイにはストリップシアター程度はあっても、売春宿的な場所はないと勝手に思っていた。しかし、10年前の2月、仕事でハワイを訪れた際、私のイメージは変わった。

 この時のスケジュールは1泊3日というハードなもので、もちろん観光する暇もなかった。朝から仕事をこなし、20時頃に解放されたが、酒を飲みたい気分だったので、ひとりでバーが数多くあるカラカウア通りへ足を運んだ。すると、驚くことに、道の至るところに女性がひとりで立っていた。私の経験上、ストリートガール、つまり売春婦だとすぐに分かった。

 彼女たちの横を通り過ぎようとすると、案の定「アソバナイ?」と日本語で声をかけられた。その数は5分で8人程度で、ブロンドのアメリカンガールが4割で、残りがアジア系の女のコといったところだろうか。


『平凡パンチ特別編集 The グラビアアイドル 楽園の妖精 アグネス・ラム写真集』


ハワイと言えば

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週