>   >   > 

吉高由里子、女優業再開後はSNSでファンを魅了! ぶっ飛びキャラも加速中!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

151207_yositaka_tp.jpg
※イメージ画像:雑誌『an・an(アン・アン)2011年3月2日号』マガジンハウス

 今年は女優活動の休業状態から始まり、「燃え尽き症候群か?」とも言われた女優の吉高由里子(27)。昨年はNHKの連続テレビ小説『花子とアン』のヒロイン役や『紅白歌合戦』の紅組司会を務めて大活躍だったが、今年はほとんど公の場に姿を見せることがなかった。

 一時は芸能界からのフェードアウトも懸念されたが、充電期間を経て10月に赤堀雅秋作・演出の舞台『大逆走』で女優活動を再開。自身初となる舞台で、過激な台詞を連呼する役柄を熱演してファンを安心させた。

 といっても、復帰作が多くのファンが楽しめるドラマや映画でなく、舞台という限られた場所だったため、一部からは「テレビに出てほしい」との声も。現在放送中の朝ドラ『あさが来た』に出演するのではないかと一部週刊誌が報じると、多くのファンが期待を膨らませた。しかし、今のところ吉高が出演する予定はないとのことで、ふたたびファンを落胆させてしまったようだ。

「『あさが来た』と『花子とアン』のヒロインモデルは、それぞれ女性実業家の広岡浅子と児童文学者の村岡花子で、ふたりは同時期に活躍したことから実際に面識があったようです。そのため、『あさが来た』の中に村岡花子役で吉高さんが出演するのではないかと言われた。というのも、このドラマには2004年放送の大河ドラマ『新選組!』で土方歳三役を演じた俳優の山本耕史さん(39)が登場しているからです」(芸能ライター)

 本格的なドラマ復帰は来年に持ち越されそうな吉高。ファンにとっては少し寂しい状況といえそうだが、そういった思いを感じ取っているのか、吉高は女優業とは別のところで自らの存在感をアピールしている。文芸雑誌『文學界』(文芸春秋)11月号にエッセーを寄稿して文筆デビューを飾ったほか、自身やほかの芸能人のSNSにたびたび顔を出してファンを喜ばせたのだ。


吉高由里子『UWAKI』


奔放な魅力

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週