>   >   > 

【世界風俗探訪・グアム編】ソープにデリヘル、客引きに無料案内所…日本と変わりナシ!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

 言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『風俗』だ。異国の地で風俗店に飛び込むことはスリルがあるからこそ、虜になってしまうのだろう。

 グアム、言わずと知れた“日本から一番近いアメリカ”である。成田からは3時間強で着き、沖縄の離島へ行くよりも近い。観光産業が島の経済を支えているが、多くの日本人観光客が訪れ、それゆえ英語圏であるにもかかわらず、島内には日本語表記の看板が多い。「イミグレがなければ沖縄と同じだな」という印象が強くなってしまうのも仕方がないことだ。まぁ、最近は韓国からの観光客も多くハングル率が高くなってるが…。

 日本人観光客の多くが家族連れやカップルだが、当然ながら社員旅行、ゴルフ旅行など、男同士で訪れたりもする。ということで、風俗店も揃っているのがグアム島である。私自身、何度も渡航しているので、けっこう遊んだ。島の中心地であり多くのホテルが並ぶタモン地域に、それっぽい店はない。せいぜい、観光用のストリップバーがある程度だ。マッサージパーラー、日本でいうところのソープランドは、タモンから離れたマリンドライブと呼ばれる地域に点在していることになっている。

 “なっている”というのは、タモンの街の中にある普通のマッサージ屋さんでも“オプション”を提示されることがあるからだ。それならば、どのように店を選ぶべきか? まずは客引きである。

 日本で客引きというと、いかがわしいイメージがある。事実、グアムでもタモン地域のプラザホテル近くの交差点に多くの客引きがいて、カタコトの日本語で話しかけてくる。中には悪徳な者もいるので要注意だ。矛盾しているようだが、信頼できる客引きを選ばなければいけないのだ。


shimon1.jpg
タモン地区の客引き。閑散期は沿道で座ってボ~っとしている


『AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら・・・公式ガイドブック』


懐かしい

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週